岩手県立博物館

岩手山を望める丘のミュージアム

文字サイズ

展示室のご案内

2階

総合展示室

県土の誕生[地質分野]

 岩手県内には、先シルル紀(約4億3800万年以前)の基盤岩類をはじめ、シルル紀以降の古生代(約4億3800万年~2億4800万年前)・中生代(約2億4800万年~6500万年前)、そして新生代(6500万年前~現在)に至るまでのあらゆる地質時代の地層や岩石が分布しています。また、各時代の地層からはさまざまな種類の化石が産出します。
 岩手県の土台となっている基盤岩類は、北上山地の南半部、つまり南部北上山地にみられます。最古の化石が出ているシルルの地層よりもさらにふるい岩石で、氷上山の花崗岩、早池峰山の超塩基性岩、水沢市東方の変成岩などがこれにあたります。これらの岩石から、当時は花崗岩であらわされる大陸的要素と超塩基性岩であらわされる海洋的要素の両方があったことがわかります。
 古生代のシルル紀・デボン紀・石炭紀・ペルム紀をとおして、南部北上山地は浅い暖かい海でした。このことは、シルル紀の床板サンゴ、ペルム紀のフズリナなどのような石灰岩のなかの化石、あるいは各時代の砂岩や頁岩のなかからみつかる三葉虫や腕足類などの化石からわかります。
 中生代の三畳紀やジュラ紀になってからも南部北上山地は浅い海でしたが、北部北上山地はこれとは逆に深い海でした。それは、化石の産出がとぼしいことや、チャートのような深海性の堆積物の存在からわかります。ジュラ紀から白亜紀初期にかけては大規模な造山運動が起こり、北上山地の原型ができあがりました。
 白亜紀のなかごろから後半、さらには新生代古第三紀にかけては、北部陸中海岸地方に浅い暖かい海や陸域の堆積物がたまりました。そののなかからアンモナイト・サンゴ・貝類・ウニ・石灰藻などの海生動物や陸上植物など、さまざまな化石がみつかります。
 新生代第四紀は、岩手山などの火山や北上川流域の河岸段丘が形成された時期です。段丘の堆積物から動植物の遺骸や人類の遺跡などがみつかることがあります。
 新生代新第三紀の地層は岩手県の西半部にみられます。奥羽山脈には当時の深い海にたまった火山岩や凝灰岩が分布しています。北上低地帯の新第三期の地層からは,豊富な貝化石とともに海生哺乳類の化石もみつかっています。
 新生代第四紀は、岩手山などの火山や北上川流域の河岸段丘が形成された時期です。段丘の堆積物から動植物の遺骸や人類の遺跡などがみつかることがあります。
 「県土の誕生」は、こうした岩手の大地の歴史をテーマにした展示室です。前半の「県土のおいたち」では、岩手県の地質学的位置づけを示し、岩石や鉱物を展示しています。後半の「いわての古生物相の変遷」では、いろいろな化石を時代の流れに沿って展示しています。

展示品のご案内

リンボク(鱗木)レプトフリーアムLeptophloeum rhombicum

岩手県東磐井郡大東町蓬莱山
古生代 後期デボン紀 鳶ヶ森層
七田 清氏寄贈

古生代の湿地に繁茂した鱗状の樹皮をもつシダ植物の仲間です。大東町・東山町・江刺市付近に分布する後期デボン紀の鳶ヶ森層のレプトフリーアムは日本最古の陸上植物です。

詳しくはこちら

恐竜 モシリュウの上腕骨Mamenchisaurus sp.

岩手県下閉伊郡岩泉町茂師
中生代 前期白亜紀 宮古層群田野畑層
実物所蔵 国立科学博物館

1978年に発見された日本初の恐竜化石です。骨は50cmほどの破片ですが、復元すると1m以上にもなり、中国で発見されている全長22mもあるマメンチサウルスに近縁な恐竜といわれています。

詳しくはこちら

鯨類 マエサワクジラBurtinopsis sp.

岩手県胆沢郡前沢町生母
新生代 新第三紀鮮新世 竜の口層
1982年岩手県立博物館発掘

ナガスクジラ科に属するヒゲクジラ類です。約500万年ほど前の岩手県南に広がっていた入り江に生息していました。マエサワクジラの仲間は宮城県や千葉県をはじめ、遠くヨーロッパの方にもいました。

詳しくはこちら

気仙隕石[けせんいんせき]

石質隕石
落下地点 岩手県陸前高田市気仙町
落下年月日 1850年6月13日

気仙隕石は江戸時代に落下した日本最大の石質隕石です。この隕石は典型的なコンドライト(H4)に属します。落下時の重さは135kg以上でしたが、現在国立科学博物館に展示されている本体は106kgです。

詳しくはこちら

花崗閃緑岩[かこうせんりょくがん]

火成岩
産地 岩手県盛岡市東中野<盛岡岩体>
時代 中生代白亜紀

北上山地のおよそ4分の1の面積を占める白亜紀花崗岩類のうち、盛岡市付近に分布する岩体です。不来方城の石垣など盛岡市の古い時代の建材に用いられています。また石割り桜に割られたのもこの岩石です。

詳しくはこちら

琥珀[こはく]

堆積岩
産地 岩手県九戸郡野田村野田玉川
時代 中生代白亜紀

琥珀は樹脂の化石で、久慈市周辺の地層から採取されます。昔から装飾品の材料にされてきました。コハク酸が分解を防ぐために昆虫などがそのままの形で残っていることもあります。

詳しくはこちら