岩手県立博物館

岩手山を望める丘のミュージアム

文字サイズ

展示室のご案内

2階

総合展示室

いわての夜明け[考古分野]

 太平洋の荒波がうちよせる沿岸地方、なだらかな山なみのつづく北上山地、ゆたかな穀倉地帯の北上川流域、そして険しい奥羽山脈など、岩手の変化にとんだ大地は、われわれ人間の多様な生活文化を育んできました。この地域文化形成の基礎は、数千年前の縄文時代までたどることができます。
 岩手の人類の歩みは,数万年前にさかのぼることが確実になってきました。そして緩やかながら確実な発展をとげ、やがて1万2000年ほど前に縄文文化が確立します。岩手県には縄文時代の宝庫と呼べるほど膨大な遺跡が分布しています。とりわけ沿岸地方に散在する貝塚、北上山地の洞穴遺跡は、明治時代以降県内外の研究者によって調査され、日本考古学上、貴重な成果をあげてきました。また、岩手は東北地方北部と南部の接触地域であり、それぞれの文化の関係を明らかにするのに重要な地域となっています。さらに、華麗で精緻な土器や遮光器土偶に代表される亀ヶ岡文化の成立期にも重要な地域でした。
 つづく弥生時代、北上川中流域では稲作が開始され、のちに「水陸万頃(=広大)」の地と『続日本紀』に記されるほどの恵まれた地勢を利用して、生産力を高めていきました。しかし、北上山地のなかでは、縄文文化の伝統を色濃く残し、稲作以外の生業によっていたところがあったこともみのがせません。7世紀以降は,各地で大きな集落がいとなまれ、政治的なリーダーが登場しました。かれらの中央との交流は、やがて8世紀後半の古代律令国家との対立を産みだしていきました。
 「いわての夜明け」と題したこの展示室では、このような旧石器時代から平安時代初期に至る岩手の歩みを時代別に四つのテーマにわけ、紹介しています。「旧石器時代のくらし」では、県内各地の代表的な石器を展示しています。「土器の時代」とした縄文時代は、五つの小テーマで紹介しています。とくに<縄文人のくらし>では、竪穴従居と発掘された人骨から復元した縄文人を展示しています。「稲作を始めた時代」では、最近の発掘資料を中心に展示を構成しています。次の「古墳を築いた時代」では、古墳模型や従居の復元模型などをとおして、古代の生活を紹介しています。

展示品のご案内

盛岡市手代森遺跡出土土偶

縄文時代晩期・重要文化財

手代森遺跡出土土偶の目を中心とする表現は、エスキモーなど極北の人々が雪面の強い紫外線から目を護るために用いた遮光器を連想させます。こうした遮光器土偶は、縄文時代晩期、東北地方北部を中心にみられます。

詳しくはこちら

盛岡市萪内遺跡出土土偶

縄文時代後期・重要文化財

萪内遺跡出土土偶は、大型土偶の頭部にあたるもので、仮面をかぶった姿を表現したものとされています。頭部や顎には、鳥の羽やひげ様の繊維質のものを差し込むあながあけられ、儀式をとりしきる呪術者の姿を連想させます。

詳しくはこちら

北上市愛宕山遺跡出土ナイフ型石器

旧石器時代

ナイフ型石器は旧石器時代を代表する石器のひとつです。このナイフ型石器は剥片を用いたもので、急角度の刃潰しが行われています。頁岩製です。

熊堂古墳群出土和同開珎

奈良時代

近年、7世紀後半の富本銭が我が国最古の貨幣と判明しましたが、和同開珎は、それに次ぐもので、和銅元年(708)に鋳造が始まり、全国的に出土しています。岩手県内では、末期古墳などからの出土例が知られています。