職種区分別仕事紹介


県職員の仕事を
先輩たちに
聞いてみました!

一般行政

ふるさと振興部 県北・沿岸振興室

佐藤 優光Sato Yuki

平成26年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
前任地では、スキルを活かして地方に貢献したいと考えている首都圏の方々と地元企業のマッチングを行う『遠恋複業課』に。現在は、「北いわて産業・社会革新ゾーンプロジェクト」の推進に取り組んでいます。
仕事とプライベートをどのように両立させていますか。
子どもに手がかかる時期なので、突発的に休まなければならない場合もあり、日頃から業務の進捗状況を上司や同僚と共有するように心がけています。子どもが体調を崩した時には、年次休暇とは別に看護休暇を取得できるなど、仕事と子育ての両立を支援する制度が整っているので安心です。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

社会福祉

岩手県立杜陵学園

佐々木 聖人Sasaki Masato

平成25年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
前任地では、児童に関する相談に対応していましたが、杜陵学園では直接児童の自立をサポート。学習や生活指導など、児童とともに様々な活動をしながら自立への支援を行っています。
現在の仕事のやりがいや魅力を教えてください。
施設では様々な課題を抱えた児童が集団で生活しています。一人ひとりに寄り添いながら支援を続けることはとても大変ですが、日々成長していく子どもたちの姿が何よりの励み。また、職員それぞれの専門性や特徴を生かしながら、連携して仕事ができるのは大きな魅力です。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

心理

一関児童相談所

菅原 愛理Sugawara Eri

平成27年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
児童心理司として、子どもに関する様々な相談対応を中心に、保護者子どもを取り巻く関係者の支援も担当。児童指導員も兼務しており、一時保護所で預かる子どもたちの生活指導などを行っています。
県職員を志望した理由を教えてください。
私は以前から、障がい児・者やその保護者の相談支援に携わりたいという気持ちがありました。子どもから大人まで幅広い世代の支援に携われることが一番の理由ですが、東日本大震災津波の被災者の心のケアなどを通して復興の力になりたいという思いもあり、県職員を志望しました。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

農学

久慈農業改良普及センター

菅野 千聖Kanno chisato

平成25年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
農業職は、行政や試験研究、普及、教育など様々な業務に携わることができます。現在は、園芸経営体の経営発展支援と、地域特産果樹であるヤマブドウの栽培技術指導やワイナリーとの連携にも取り組んでいます。
県職員を志望した理由を教えてください。
実家では水稲と養豚を手がけており、小さな頃から父の働く姿を見て育つうちに、農業関係の仕事を考えるようになりました。大学生の時に、東日本大震災津波を経験。研究の一環で被災農地を度々訪れる中で、被災地や県民の皆さんのために働きたいと考え、県職員を志望しました。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

畜産

農林水産部 畜産課

神山 沙季Kamiyama Saki

平成28年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
前任地では畜産農家の巡回指導などを行っていましたが、現在は県全体の酪農振興を担当。酪農関係の事業推進や、関係機関と連携しながら酪農ヘルパーの確保対策の検討などを行っています。
県職員になる前に身につけておいた方が良いと思うことは?
興味があることや、やってみたいと思うことに何でも挑戦することが大切だと思います。県職員になると、様々な人と関わりながら幅広い内容の仕事に対応していくことになりますが、学生時代に得られた経験や多くの人との出会いは、仕事をする上で必ず役に立つと思います。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

林学

農林水産部 森林整備課

佐々木 優花Sasaki Yuka

平成27年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
本州一広い面積を誇る岩手県の森林を、健全で豊かな森林にする整備事業を担当。国に予算の要望をしたり、県内の予算を調整したり、振興局や林業事業体からの問い合せに対応したりしています。
県職員のイメージについて入庁前と入庁後で違っていたことは?
公務員は決められた仕事を淡々とシステマチックにこなすイメージを持っていましたが、実際は、法令等を基に、様々な仕事について進め方を判断しなければならない場面が多々あります。上司や同僚に相談することも多く、想像していたよりも話しやすくて明るい雰囲気の職場です。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

水産

沿岸広域振興局 水産部

渡邉 隼人Watanabe Hayato

平成25年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
前任地で携わった観光・商工業振興の経験を生かしながら、漁業の担い手確保・育成に関する業務を担当。漁業就業を希望する方に水産業や三陸の魅力を体感してもらうための漁業体験の受け入れ支援等に取り組んでいます。
県職員志望者へのメッセージを!
私自身も意識して心がけるようにしていますが、県職員になることが目的ではなく、県職員として何をしたいか、自分がどんな県職員でありたいか、自分なりに考えを持ち、県職員を目指してください。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

総合土木

沿岸広域振興局 土木部
岩泉土木センター

佐藤 洸樹Sato Koki

平成26年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
前任地では、道路環境課で県管理道路の維持管理などを担当。現在は、平成28年台風第10号により被災した小本川、安家川の河川改修事業を進めており、改修事業の設計、現場監督業務などを担当しています。
県職員になる前に身につけておいた方が良いと思うことは?
県職員は、住民、関係機関、上司など、人に説明する場面がたくさんあります。プレゼンテーション等をする機会があれば、積極的にチャレンジしてみてください。経験を重ねていくうちに、自分なりの説明方法やポイントを見つけることができ、入庁後も役に立つと思います。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

建築

県土整備部 建築住宅課

高橋 香菜子Takahashi Kanako

平成25年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
前任地では、景観保全や魅力的な街並みづくりに関わる業務を担当。現在は、旧耐震基準の建築物の耐震診断・耐震改修の促進計画や、住宅や民間施設の耐震対策推進に係る補助事業等の業務を行っています。
県職員を志望した理由を教えてください。
震災当時に建築構造の研究室に在籍していたことから、学校施設の地震被害調査等を行いました。災害の被害を減らすためには建築物単体だけではなく、敷地や土地も含めた弱点を解消していくことが重要です。県職員なら復興や防災に携わる仕事ができると思い、志望しました。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

総合化学

県南広域振興局 保健福祉環境部
花巻保健福祉環境センター

川島 光博Kawashima Mitsuhiro

平成23年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
産業廃棄物の不法投棄など、不適正処理を行った者に対する指導や監督のほか、産業廃棄物の適正処理推進を目的とした普及啓発活動や研修会の開催などを行っています。
仕事とプライベートをどのように両立させていますか。
電車通勤のため、電車の時間までに業務が終わるようにスケジュール管理を徹底。時間が限られる分、勤務時間内に効率よく仕事を配分するよう心がけています。休日は家族と過ごしたり、興味がある分野の研究、資格取得に向けた学習等をして過ごしています。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

電気

企業局 施設総合管理所

高橋 亮Takahashi Ryo

平成26年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
県内18ヶ所の県営発電所はすべて無人化されているため、24時間の監視が必要です。私は運転当直員として、県営発電所の運転を集中監視しているほか、発電所設備の遠方操作などを担当しています。
県職員志望者へのメッセージを!
専門性の高い県職員の仕事に対して不安を抱く人も多いかもしれませんが、新採用職員への指導体制や研修制度などの支援も充実。また、仕事は複数人のチームで取り組むことが多いため、先輩方の仕事のやり方を学ぶことができ、自分を成長させることができるのも魅力です。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

機械

企業局 県南施設管理所

三上 憲幸Mikami Noriyuki

平成27年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
工業団地に立地する企業に向けての工業用水の安定供給を担当。工業用水施設の中でも、主に浄水過程で発生した汚泥を産業廃棄物として処理する設備(汚泥処理設備)の保守管理をメインに担当しています。
仕事とプライベートをどのように両立させていますか。
子育ての時間を確保したいので業務目的を明確化し、業務を精選してから取り掛かるようにしています。また、整備されている休暇制度を積極的に利用しています。1カ月程度ではありますが、育児休業を取得しました。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

一般事務(学校事務)

岩手県立高田高等学校

遠野 晃子Tono Akiko

平成28年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
前任地の小学校では、子どもたちと関わる機会が多くありましたが、現在は職員の給与・諸手当関係の事務や社会保険などの手続きを担当。事務職員が複数いる職場で、より深い知識を得ています。
県職員のイメージについて入庁前と入庁後で違っていたことは?
入庁前は、小学校に配置になった場合は自分一人の力で仕事をしなければならないのかと思っていました。しかし、実際は地域の小中学校の事務職員が集まって行う事務の共同実施や、様々な研修会があり、困った時にも安心して仕事をすることができる環境があります。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

一般事務

医療局 医事企画課

寺澤 文香Terasawa Fumika

平成24年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
これまでは、県立病院の事務として患者様に関わる仕事をしていました。現在は、県立病院をまとめる医療局へ。各病院の患者数や収益などの医事統計の取りまとめや分析を担当しています。
現在の仕事のやりがいや魅力を教えてください。
岩手の県立病院は20の病院と6の地域診療センターがあります。統計のデータ量が膨大で苦労しますが、こうした資料は様々な分析に用いられる大事なもの。岩手の医療を支えるとても意義のある仕事だと実感しています。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE

警察事務

岩手県警察本部
警務部警務課

後藤 俊Goto Suguru

平成26年度採用

MORE

CLOSE

仕事内容
現在は、制定・改廃を要する警察所管の条例や内部規程などの審査を担当しています。迅速な処理を求められた前任地での業務とは違い、じっくり考え、より適切な方法を模索する業務が多いです。
県職員になる前に身につけておいた方が良いと思うことは?
共通の目的を持って働いている者同士でも、立場や考え方は人それぞれ。「柔軟な思考力」を身につけておけば、相手の主張を冷静に受け止めたり、異なる角度から物事を考えたりすることができます。様々な世代の人と関わり、幅広い考え方を積極的に吸収することが大事だと思います。

上記の内容を詳しく読みたい方はこちら(PDF)

CLOSE