いわてのビジョンVision

より良い岩手をつくるための「次の一手」を打ち出す。
それが岩手を支える私たちの仕事です。

東日本大震災津波や台風10号からの復興などをはじめ、岩手県は様々な課題を抱えています。
簡単に解決できるものではありませんが、一つひとつに真摯に向き合い、
最善の策を導き出すことが岩手県職員の仕事であり、大きなやりがいです。
より良い岩手をつくるために、「次の一手」を一緒に考えていきませんか。

いわての未来を拓く「次の一手」

  1. NEXT STEP復興道路・復興支援道路の整備

    東日本大震災津波からの復興と安全・安心の確保のため、三陸沿岸道路や内陸と沿岸各都市を結ぶルートなど災害に強く信頼性の高い道路ネットワークの構築に向けた整備を進めています。

  2. NEXT STEP県産農林水産物のブランド化の推進

    「銀河のしずく」や「金色の風」など、県オリジナル水稲新品種のブランド化を進めるとともに、品質や美味しさにこだわった県産農林水産物の高付加価値化や積極的なPRを行っています。

  3. NEXT STEP若者・女性が活躍する
    地域づくりの推進

    若者や女性が活躍できる社会を目指し、若者の自主的な活動を支援するとともに、女性が社会のあらゆる分野に一層参画できる環境の整備を進めています。

  4. NEXT STEP国際リニアコライダー(ILC)の
    建設に向けた取組

    国際協力で建設される世界最先端の研究施設「国際リニアコライダー(ILC)」の実現に向けて、建設候補地として積極的な活動を展開しています。

  5. NEXT STEP県産品の海外への売り込み

    経済活動のグローバル化がますます進展する中、海外の地方政府や企業等との関係を強化・活用しながら、日本酒や加工食品など県産品輸出の一層の促進をはじめ、事業者の海外ビジネス展開に対する支援を進めています。

「次の一手」を示す計画

3つの計画を一体的に進め、
希望あふれる岩手の実現を目指します。

  • いわて県民計画

    岩手県では、希望あふれる岩手を実現していくための指針として、平成21年度から平成30年度までを期間とする「いわて県民計画」を策定しています。この計画では、未来を拓く3つの視点として「ゆたかさ」「つながり」「ひと」を掲げ、「希望郷いわて」の実現を目指し、「産業・雇用」「医療・子育て・福祉」「安心・安全」など、7つの政策分野の取組を推進しています。
    また、地域振興に当たっては、県内を4つのエリアに分け、明確な個性を持った4広域振興圏として、総合力・機動力を生かした地域づくりを進めています。

  • 復興計画

    東日本大震災津波からの復興に向けて策定された「復興計画」は、平成30年度までを期間として、「安全」の確保、「暮らし」の再建、「なりわい」の再生の3つの原則を掲げるとともに、新たな三陸創造に向けた様々な事業に取り組んでいます。

  • 岩手県ふるさと
    振興総合戦略

    平成27年度から平成31年度までを期間として、岩手への新しい人の流れを生み出す「ふるさと振興」を積極的に展開するため「岩手で働く・育てる・暮らす」の3つの柱を掲げ、取組を推進しています。

岩手県職員憲章 〜私たちの5つの信条〜

岩手県職員憲章は、県民に対してより質の高いサービスを提供するとともに、岩手県職員全員が心を一つにして意識を共有し、
日常の業務を推進するため、「岩手県職員としてのあるべき姿」や「行動基準」として策定されたものです。

  • 県民本位

    常に県民の視点、立場に立ち、現在、そして未来の「県民全体の利益」を考え、行動します。

  • 能力向上

    創意工夫を凝らし、柔軟な発想で、「新たな課題に果敢に挑戦」します。

  • 明朗快活

    職員間の自由なコミュニケーションを通じ、「明るく、いきいきとした職場」をつくります。

  • 法令遵守

    「規律」を重んじ、県民から信頼されるよう、「公正、公平」に職務を遂行します。

  • 地域意識

    地域社会の一員としての「自覚」と県職員としての「誇り」をもって、「誠実」に行動します。

仕事のQ&A

  • 国や市町村と、県の
    仕事ってなにが違うの?

    県は岩手県全体の未来のため、
    幅広い仕事で県民の暮らしを支えています。

    国は各府省ごとに日本全体の経済財政政策や社会保障、外交・防衛などの仕事を、市町村は住民の生活に直接かかわる身近な仕事を行います。県は、岩手県全体の将来のため、基幹道路の建設や地域医療の確保など複数の市町村にまたがる仕事を幅広く行い、県民の暮らしを支えています。

  • 民間とは異なる
    仕事のやりがいは?

    一つひとつの仕事が県民の
    暮らしと未来につながります。

    民間の場合は個々の会社の利益を上げることを通じて社会貢献を目指しますが、県の場合は「岩手のため」「県民のため」に仕事をすることが目的です。大きく言えば、一つひとつが県民の暮らしと未来につながるのが県の仕事です。

  • 仕事の種類は
    どのくらいあるの?

    全部で14の職種 
    幅広い仕事があります。

    県民の暮らしや岩手の未来をつくる県職員の仕事は、産業振興、地域振興、医療、福祉、教育など多岐にわたります。これらをカバーする職種も多彩で、なかには専門知識や技術が必要とされる専門職もあります。

    職種区分別仕事紹介へ

  • 仕事のフィールドは
    広いの?

    県内をベースに国内・海外まで!

    岩手県では、本庁に1室8部2局(74室課)※があるほか、4つの広域振興局、60の出先機関があり、仕事の内容も多種多様です。また、活躍の場は県内にとどまらず、国内や海外にも及び、岩手県の情報発信や産業振興のサポート等を行っています。
    ※平成29年4月予定

    組織と仕事について

  • サポート体制は
    どうなっているの?

    県職員を支える多彩なサポート

    支援制度、研修制度、福利厚生など様々なサポート体制があります。

    サポート体制について