教育期間・産業支援施設

教育研究施設、産業支援施設のネットワークが多様な企業活動をサポートします。

 岩手県には、地域との交流連携を重視する岩手大学をはじめとして、岩手医科大学、岩手県立大学、県立産業技術短大、一関工業技術専門学校等が、民間企業、自治体、研究機関と、柔軟で活発な産学官連携に取組んでいます。

主な教育研究機関
 岩手大学
 岩手県立大学
 岩手医科大学
 盛岡大学
 富士大学
 北里大学海洋生命科学部
 東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター
 一関工業高等専門学校
 岩手県立産業技術短期大学校
 千厩高等技術専門校
 宮古高等技術専門校
 二戸高等技術専門校
 大船渡職業能力開発センター
 久慈職業能力開発センター
 ポリテクセンター岩手
主な産業支援機関
岩手県工業技術集積支援センター
盛岡市産学官連携研究センター(コラボMIU)
 岩手ソフトウェアセンター
盛岡市新事業創出支援センター
滝沢市IPUイノベーションセンター
花巻市起業化支援センター
北上オフィスプラザ
北上市基盤技術支援センター
岩手大学 地域連携推進センター
 岩手大学工学部金型技術研究センター
 いわてものづくり・融合テクノロジーセンター
(公財)いわて産業振興センター
(公財)岩手県南技術研究センター
(公財)釜石・大槌地域産業育成センター
国や県の試験研究機関
 岩手県環境保健研究センター
 岩手県農業研究センター
 岩手県内水面水産技術センター
 岩手県林業技術センター
 岩手県水産技術センター
(財)岩手県生物工学研究所
(独)農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センター
(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所
(独) 森林総合研究所東北支所
国立天文台水沢
(地独)岩手県工業技術センター

主な施設・機関の紹介

岩手県立大学(滝沢市)

平成10年に開学した、公立では有数の規模を誇る総合大学。初代学長に電子工学で世界的に知られる西澤潤一氏を迎え、コンピュータサイエンスを中心とする産学官連携に積極的に取り組んできました。
平成23年には、自動車、半導体、医療機器関連産業などの産業集積を目指す中核支援拠点として、3次元実験室などを備えたいわてものづくり・ソフトウェア融合テクノロジーセンターが開設されました。

岩手県地域連携研究センター(滝沢市)

情報・通信技術を軸とした産学官連携の拠点として平成14年に開設。岩手県立大学などの研究シーズを活用して新規創業や新事業開発に取り組む企業のための大小7つの研究室があり、快適に研究開発活動に取り組める環境を整備しています。

岩手大学(盛岡市)

人文社会科学部、教育学部、工学部、農学部からなる総合大学。世界に向けて先端の研究成果を情報発信している岩手の学術文化の拠点であり、地域社会に開かれた大学として産学官連携の拠点ともなっています。大学教育センター、情報メディアセンター、地域連携推進センター、国際交流センター、保健管理センター、RI総合実験室などの教育研究支援施設があるほか、各学部附属の研究施設が充実しています。

岩手大学地域連携推進センター(盛岡市)

平成5年の開設以来、産学官連携の拠点として、企業との共同研究、受託研究、技術相談等を積極的に行っています。平成13年には産学官連携協力員を配置し、リエゾン機能の充実を図るなど、地域のニーズに対応した共同研究企画や技術相談を進めています。

盛岡市産学官連携研究センター(コラボMIU)(盛岡市)

岩手大学の研究成果を活用する事業者のためのインキュベーション施設です。平成14年に締結された「盛岡市と岩手大学の相互友好協定」に基づき、岩手大学工学部構内に、平成19年に開所しました。

滝沢市IPUイノベーションセンター(滝沢市)

平成21年4月、岩手県立大学(IPU:Iwate Prefectural University)・企業・滝沢市が、協力して共同研究、人材確保に取組み、経済振興につなげるため、開設されました。岩手県立大学の地域連携研究センターに隣接し、市町村が公立大学施設内に整備する全国発の産学連携支援施設です。平成26年5月には、第2イノベーションセンターもオープンしました。

盛岡市新事業創出支援センター(盛岡市)

近隣に複数の試験研究機関が立地している好環境を活かし、創業間もない先端技術や時代ニーズを先取りした新製品等の事業化を支援するため、廉価な業務用スペース、貸工場を用意しています。

(公財)岩手県南技術研究センター(一関市)

隣接する一関工業高等専門学校等と連携し、新素材応用、環境機能応用、科学技術情報等の研究開発、人材育成、産学官の交流などを行っています。地域企業の研究開発力、技術力の向上を応援するため、県と一関市が施設を整備し、近隣の市町村と企業等が設立した財団法人が運営しています。

いわて産業振興センター(盛岡市)

県内企業の振興と新たな産業創出の総合的な支援機関として、県内企業やベンチャー企業に対し、経営、技術、研究開発、人材育成、情報など幅広い分野で総合的な支援を行っており、県内企業の育成と発展を図っています。特に、企業の技術高度化と産学官連携を支援するため、大学等の研究ニーズと企業の技術ニーズとのコーディネートを行っています。

岩手県工業技術センター(盛岡市)

県内企業の技術的支援を目的に、共同研究や技術相談、設備開放、情報提供などを広く行っています。産学官連携により、トリアジンチオール化合物を用いた超撥水加工の商品化に成功するなど、企業との共同研究や技術移転を積極的に進めています。

花巻市起業化支援センター(花巻市)

新規起業、新分野への進出を目指す企業をサポートする拠点として花巻第一工業団地テクノパーク内に開設。企業の研究開発や産学官連携による共同研究を支援するセンターハウスと貸工場を備え、入居企業以外にも試験研究室内の測定機器等を開放しています。

北上オフィスプラザ(北上市)

北上産業業務団地(オフィスアルカディア)に立地する産業支援施設。情報支援ゾーン、開発・研究ゾーン、業務支援ゾーンがあり、インキュベータ室、共同研究室、賃貸オフィスなどを備えて、産学官交流や異業種間交流などをサポートしています。2009年には、「いわてデジタルエンジニア育成センター」が開設され、自動車などの機械電子関係分野における本格的な設計技術者を養成しています。

盛岡市新事業創出支援センター(盛岡市)

近隣に複数の試験研究機関が立地している好環境を活かし、創業間もない先端技術や時代ニーズを先取りした新製品等の事業化を支援するため、廉価な業務用スペース、貸工場を用意しています。

(公財)岩手県南技術研究センター(一関市)

隣接する一関工業高等専門学校等と連携し、新素材応用、環境機能応用、科学技術情報等の研究開発、人材育成、産学官の交流などを行っています。地域企業の研究開発力、技術力の向上を応援するため、県と一関市が施設を整備し、近隣の市町村と企業等が設立した財団法人が運営しています。