岩手県工業技術センターは県内のものづくりに関わる方々の技術支援を行っています

岩手県内のものづくりに関わる方々の技術支援を行っています

岩手県工業技術センター


大型(10m法)電波暗室

東北地方の公設試験研究機関では初となる10m法EMI測定に対応した大型電波暗室です。
民生機器や医療機器等、さまざまな製品のEMI測定に対応可能。
大型電波暗室および測定室、対策スペースを兼ねた前室までを1区画とし、クローズドな環境でご利用いただけます。
ターンテーブル地下ピットもございますので、対向装置がある場合の測定に非常に有効です。

実施可能な試験項目

種別 試験項目 対応規格・主要特性 利用料金
EMI 放射妨害波測定 VCCI、CISPR 11/13/22/32、FCC Part.15 他

測定周波数
 150kHz-30MHz  (測定距離:3m)
 30MHz-1000MHz (測定距離:10m)
 1GHz-6GHz-18GHz-26GHz-40GHz(測定距離:3m)

アンテナチルト対応
15,000円/時間
伝導妨害波測定 ※大型試験体に対応、通常はEMIシールド室
 (伝導EMI自動測定システム)にて測定を行います。

VCCI、CISPR 11/13/14-1/15/22/32、FCC Part.15 他
電源ポート
 測定周波数:9KHz-150kHz-30MHz(単相/三相)
通信ポート
 Cat.3、Cat.5、Cat.6に対応
 測定周波数:150kHz-30MHz

内観および仕様

大型電波暗室内観 測定室内観
項目 主要諸元
サイトの種類 10m法(5面)電波暗室
サイトの大きさ シールド内寸法 L:21.5m×W:13.5m×H:9.0m
室内有効寸法  L:19.5m×W:11.0m×H:7.9m
電波吸収体 フェライト電波吸収体+整合器による複合型電波吸収体
GHz帯EMI試験時は床置き型電波吸収体を敷設
電気的性能
サイトアッテネーション(NSA)特性
ANSI C63.4:2014/VCCI 32-1-2:2016基準 ±3.0dB以内
SVSWR特性
CISPR16-1-4 Ed.3.1:2012/VCCI 32-1-2:2016基準 ±6.0dB以内
ターンテーブル 直径4.0m/2.0m デュアル型 耐荷重:2,000kg/1,000kg CW/CCW有限回転
ターンテーブル地下ピット ピット内有効寸法:L:7.0m×W:4.4m×H:2.0m
ターンテーブル下部支柱なし構造
自動開閉扉、手摺付き階段、対向装置収納用昇降機
アンテナマスト チルト機構搭載
昇降範囲:1.0m〜4.0m、アンテナ取り付け治具:取付部直径22mm
EUT用テーブル L:1.5m×W:1.0m×H:0.8m 耐荷重:100kg GHz測定対応
EUT用電源
  1. CVCF系統 単相/三相切替式 12kVA(Max:50A)
    1Φ2W AC100V 2Pアース付コンセント(4口)
    1Φ2W AC200V 2Pアース付コンセント(2口)
    1Φ2W 50A用端子台(M5ねじ)
    3Φ4W 50A用端子台(M5ねじ)
  2. 単相3線式 50Hz 商用電源系統(Max:30A)
    1Φ2W AC100V 2Pアース付コンセント(4口)
    1Φ2W AC200V 2Pアース付コンセント(2口)
  3. 単相2線式 50Hz 商用電源系統(Max:20A)
    1Φ2W AC100V 2Pアース付コンセント(2口)

※φ2.0m/φ4.0mの各ターンテーブルに設置した各電源ボックスに給電
給排水設備 φ4.0mターンテーブル内ボックスに給排水カプラー設置
搬入口 約2.6m(W)×3.0m(H)
搬入経路は段差なし構造のためスムーズに重量物の出し入れが可能です。
登録 VCCI協会登録
 1GHz以下放射エミッション測定設備:R-20049
 1GHz超電界強度測定設備:G-20052
 電源ポート伝導妨害波測定設備:C-20035
 通信ポート伝導妨害波測定設備:T-20034
施工業者 株式会社トーキンEMCエンジニアリング(平成30年竣工)
地方独立行政法人岩手県工業技術センター デザインラボ

ページTOPへ