岩手県立博物館

岩手山を望める丘のミュージアム

文字サイズ

文化財レスキュー


※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(閲覧ソフト)が必要です。 Adobe Readerをお持ちでない場合は、上のボタンをクリックしてダウンロード(無償)してください。

岩手県立博物館で行っている被災文化財等救援事業の概要

 平成23年3月11日14時46分、わが国観測史上最大の東北地方太平洋沖地震とそれにともなう大津波によって、東北地方から関東地方にわたる太平洋沿岸一帯に東日本大震災が発生しました。津波常襲地帯として知られてきた岩手県太平洋沿岸では甚大な津波災害を被り、この地域に伝わる貴重な多くの文化遺産および自然遺産、そして数多くの博物館および関連施設が深刻な被害を受けました。

 このような状況をふまえ、岩手県立博物館では岩手県教育委員会主導のもとに、平成23年4月2日および3日に陸前高田市立図書館所蔵の古文書から救出作業を開始しました。5月2日からは文化庁の東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援委員会の支援を得て、陸前高田地域を中心に岩手県沿岸部に立地する博物館および関連施設、市町村教育委員会が所管する貴重な学術資料の救援活動を行い、海水損した資料の安定化処理(資料を安定的に長期わたり保管できる状態にすること)を実施してきました。

 ここにこれまで当館が行ってきました被災文化財等救援事業の概要を報告し、これまでご支援、ご協力を賜りました皆様に深く感謝申し上げます。東日本大震災の傷跡はあまりにも深く、安定化処理を必要とする資料は膨大な数に上ります。この報告を通し、これまで当館が実施して参りました被災文化財等救援事業にご理解を賜りますと共に、更なる被災資料の救援ならびに恒久的保存に向け、多くの方々の一層のご支援、ご協力を切にお願い申し上げます。

 なお、個別詳細の取材につきましては、下記窓口あてにお電話でお申し込み下さい。(平成29年12月28日)

岩手県立博物館で行っている被災文化財等救援事業等の報告

「博物館だより」から関連記事を抜粋し掲載します。

大津波被災文化財保存修復技術連携プロジェクト

当館が中核機関として実施しているプロジェクトです。詳しくはこちらをごらん下さい。

取材申込窓口

電話 019-661-2831(代表)
学芸第二課:赤沼英男・鈴木まほろ