一戸町の風景写真

一戸町

豊かな自然に恵まれた一戸町は、農林畜産業やものづくり産業が盛んな町。町内には縫製業、食品や金属製品の製造工場があります。また、高校生までの医療費助成や子育て支援住宅、病児保育室があり、働きながら子育てできる環境づくりに取り組んでいます。

PRポイント

  • 初心者でも安心、充実した新規就農支援
  • 子育て支援住宅、病児保育室等で手厚く支援
  • 世界遺産登録を目指す「御所野遺跡」
国指定史跡御所野遺跡の写真

国指定史跡御所野遺跡

県立児童館 いわて子どもの森の写真

県立児童館
いわて子どもの森

奥中山高原スキー場の写真

奥中山高原スキー場

プロフィール

人口
12,592人
(平成28年10月1日現在)
世帯数
5,789世帯
面積
約300.03km2
気候
夏と冬、昼と夜の温度差が激しい内陸性の気候。
位置マップ

構成

男女別グラフ

〈 男女別 〉

世代別グラフ

〈 世代別 〉

フィールド

交通機関
IGRいわて銀河鉄道(一戸駅、小鳥谷駅、小繋駅、奥中山高原駅)、八戸自動車道(一戸IC)
景勝地
鳥越山、高森高原、奥中山高原、銚子の口、藤島のフジなど
名物
笹まき団子、けんちん汁、ひっつみなど
特産品
奥中山地区乳製品、レタス、トマトなど
工芸品
鳥越の竹細工、面岸の箕、つる細工、組子紋様細工など
歴史・文化施設
御所野縄文博物館、一戸城址、姉帯城址、旧朴舘家住宅など
レジャー
登山(二ツ森など)、釣り(馬淵川・鮎、菜魚湖・わかさぎ)、キャンプ場2カ所、温泉3カ所、いわて子どもの森、いちのへ花の丘公園、一戸町総合運動公園、映画館(萬代館)、一戸町観光天文台、奥中山高原スキー場
祭り
一戸まつり、小鳥谷まつり、奥中山雪あかりなど
買い物
市街地には大型スーパー・コンビニがあります。八戸や盛岡へも車・電車などで1時間程度で移動でき、日用品はなんでもそろいます。
ブロードバンド
光回線:市街地のみ、ADSL:町内全域、Wi-Fi:役場庁舎、公民館などで無料利用可能

しごと

農林水産業への就業支援

  • 青年就農給付金制度(準備型):農業経営に参入して新たに就農しようとする者に対し年間150万円を助成。2年間のみ。
  • 就農研修機関「一戸夢ファーム」:新規就農者や後継者育成の為、野菜や花きの栽培技術、農業経営について2年間研修を行う機関。
  • 青年就農給付金制度(経営開始型):経営が不安定な就農直後の所得を確保するため、最大150万円を助成。(5年以内)
  • 新規就農者支援:一戸町内で新規に就農又は農業に再チャレンジする方で、農業経営に意欲的に取り組もうとする、おおむね65歳以下の方に助成。

起業支援

就業支援

子育て・教育

教育関係機関

  • 保育所:7施設
  • 幼稚園:1施設
  • 小学校:6校
  • 中学校:2校
  • 高等学校:1校
  • 特別支援学校:1校
  • 学童クラブ:4カ所

教育支援

  • 就学援助:経済的理由により就学が困難な場合に、学用品費などを助成。
  • 放課後こども教室:放課後や休日に各種体験活動や学習活動を行う。
  • 土曜学習:小中学校で土曜日の授業を実施。

子育て支援

  • 乳幼児児童生徒医療費助成:乳幼児から高校生までの医療費を助成。
  • 子育て支援センターのびのび:親子で遊べる交流の場、育児相談もあり。
  • 病児保育室:小児科医院に併設。病気や発熱時に子どもを一時的に預かる。
  • 保育料実質無料化:公立・私立保育所等の月額保育料の上限額を児童手当の支給額以下(最高10,000円)とすることで、保育料の実質無料化を実施しています。

医療・福祉

医療施設

  • 病院:1施設
  • 一般診療所:6施設
  • 歯科診療所:5施設

福祉施設

  • 老人福祉施設:5施設
  • 介護保険施設:3施設
  • 障がい者福祉施設:3施設
  • 障がい福祉サービス施設:5施設

医療支援

高齢者福祉支援

生活支援、家族介護支援、介護予防・生きがい活動支援など

障がい者福祉支援

障がい者福祉

学び・スポーツ

図書館・図書室

一戸町立図書館、各地区公民館

こども体験学習

生涯学習

  • 各地区公民館:楽しみながら学べる各種講座を開催。

スポーツ施設

  • 一戸町総合運動公園
    (野球場、室内ゲートボール場(多目的利用可)、サッカーグランド、テニスコート、スポーツジム)
  • 体育館:2カ所

お問合せ先

一戸町総務部まちづくり課

TEL.0195-33-2111(代)

一戸町

このページの先頭へ