一関イメージ写真

特集 今このチームが熱い! 注目の5市町をクローズアップ
一関市

一関マップ

SPECIAL CONTENTS

都市と田舎がほどよいバランス、
暮らしやすさが最大の魅力。

岩手県の最南端に位置し、南は宮城県、西は秋田県と隣接する一関市。人口は県都・盛岡市に次ぐ約12万人で、岩手県南・宮城県北部の拠点都市として、経済・文化・教育の中心となっています。首都圏へのアクセスが良く、年間を通して穏やかな気候のため、暮らしやすい土地柄。また、国際リニアコライダー(ILC)の候補地になっている北上高地があり、将来、国際都市として発展する可能性も広がっています。

一関イメージ写真

01仙台まで21分、東京まで2時間の快適アクセス

東北のほぼ中央に位置し、盛岡市と仙台市の中間にある一関市は、古くから交通の要衝地。東北新幹線「一ノ関駅」や高速道路のインターチェンジがあるため、東北各地や首都圏への移動が便利な場所です。新幹線を利用すれば、仙台までは最短21分、東京まで最短約2時間でスムーズアクセス。暮らしにもビジネスにも快適な環境を備えています。

一関アクセス図 イイ!

02教育・医療を中心に生活インフラが充実!

一関市内には、保育園や幼稚園、子ども園などが60施設、小学校が33校、中学校は18校、高校は8校、高校卒業後の教育機関も充実しており、学びの環境が整っています。また、乳幼児や中学生までの医療費は市が全額助成、3人目の保育料は無料など、子育てを手厚くサポート。医療、介護、予防のサービスにも力を入れており、市内の医療施設数は、県内で2番目に多い150施設あるなど、安心して生活できる基盤づくりが進んでいます。

一関イメージ写真 イイ!

03将来は世界中から研究者が集う国際都市に!

一関市を含む北上高地は、非常に硬い花崗岩の岩盤が広がっており、国際にリアコライダー(ILC)の国内の最有力候補地。ILCとは、宇宙誕生の謎に迫るため、世界中の研究者が協力し、“世界に一つだけ”建設する素粒子物理学の大規模研究施設のことです。将来、ILCの誘致が実現すれば、世界最先端の「知の拠点」が誕生するはず。教育や産業面でも大きな効果が期待されています。

一関イメージ写真 イイ!

まちネタCOLUMN まちネタCOLUMN

2泊3日の英語キャンプで国際感覚を磨く。

一関市内の中学校2年生を対象として、2泊3日の「英語の森キャンプ」を開催しています。これは、英語での生活や外国語文化の体験を通して、英語力や国際感覚を身につけることが狙い。早い段階から自主・自立の精神を育て、世界で活躍できる人材を育成することを目指しています。

一関イメージ写真

一関市の移住サポートをご紹介!

01移住・定住を希望される方にうれしい奨励金!

「一関市で暮らしたい!」と移住・定住を希望される方には、
年齢や家族構成に応じて奨励金を交付しています。
以下の3項目のすべてを満たすことが条件です。

  • 基準日(平成25年4月1日)以降に転入し、転入日までに市外に3年以上住民登録をしていること
  • 基準日以降に、10年以上継続して当市に住所を有することを誓えること
  • 基準日以降に、一定金額以上で住宅を新築若しくは購入すること
    ※住宅の取得日または、改修工事の完成の日から起算して1年以内

住宅助成金

新築の場合は最大220万円、中古住宅の場合は最大170万円の助成金

+

住宅奨励金

基本額20万円+中学生以下の子ども一人につきプラス5万円を加算

→ ↓

移住定住奨励金

イイ!

02空き家バンクで住まいのサポートも万全!

一関市では、

  • 定住または定期的に滞在しながら一関暮らしを希望する人
  • 定住または定期的に滞在して、一関の文化や自然に触れながら地域住民と協調して生活することを希望する人

を対象に、「空き家バンク」をスタート。市内の賃貸住宅や売り家など、住まいを希望される方に登録された物件情報を紹介しています。ぜひご活用ください!

一関空き家バンク

一関イメージ写真 イイ!

03ファンクラブに入会して、一関を楽しもう!

もっと一関を知ってもらい、楽しんでもらうために、ファンクラブ制度「あばいんクラブ」を用意しています。会員になれば一関市関連の情報誌などが送られるほか、観光施設の特別割引など様々な特典が受けられます。離れていても身近に一関が感じられる「あばいんクラブ」にご入会ください。

あばいん一関

一関イメージ写真 イイ!

04体験ツアーやお試し移住で暮らしを実体験!

「一関を深く知りたい」「じっくり暮らしに触れてみたい」という方におすすめなのが、「暮らし体験ツアー」や「お試し移住」。「体験ツアー」では、空き家見学や農業体験、伝統工芸体験、先輩移住者との交流会など、様々なプログラムをご用意。「お試し移住」は、ゲストハウスに2泊?7泊まで宿泊可能で、希望すれば農業体験などを組み合わせることができますので、お気軽にお問い合わせください。

いちのせきニューツーリズム協議会

TEL.0198-62-2111

一関イメージ写真 イイ!

相談窓口はこちら!

問い合わせ

一関市まちづくり推進部いきがいづくり課
移住・定住担当

〒021-8503 
岩手県一関市竹山町7番5号

TEL.0191-26-0820

定住・移住サイト:あばいん一関

相談窓口担当者

いきがいづくり課
小山貴史さん

どんなことでもお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ