平泉-HIRAIZUMI-は、2011年6月世界遺産に登録されました。

世界遺産平泉の文化遺産の総合案内 いわて平泉 世界遺産情報局

イベント

平泉を中心とした、さまざまなイベントをご紹介いたします。

世界遺産登録記念
岩手県小・中学生「平泉」作文コンクール表彰式を開催しました

岩手県では、「平泉の文化遺産」が世界遺産に登録されたことを記念し、県内の小・中学生に広く「平泉の文化遺産」の価値、理念を再認識してもらうため、標記コンクールを実施しましたが、3月18日(日)に盛岡地域交流センター(マリオス)において、「岩手県知事賞」、「岩手県教育長賞」及び「岩手県ユネスコ協会連盟会長賞」の受賞者に対して表彰式を開催しましたので、お知らせします。

○主催者あいさつ(達増知事に代わり千葉副知事が代読、抜粋)
  • ・どの作品も素晴らしく、審査委員の皆様からは選考にとても苦労したと伺っています。こうした中での皆さんの受賞は、非常に素晴らしいことです。
  • ・東日本大震災津波から1年が経ちました。県では、今年を「復興元年」として、今後復興を軌道に乗せ、加速させていきたいと考えています。
  • ・受賞者の皆さんには、このコンクールを契機として、復興の象徴である「世界遺産平泉」に込められた「平和と共生」の理念についての理解を一層深め、将来の岩手の復興を担っていただきたいと期待しています。
○審査講評(安藤厚審査委員長(岩手県ユネスコ協会連盟会長)、抜粋)
  • ・平泉についてよく勉強していることが、作文から伝わってきて感心しました。自分たちが体験したこと、感動したことを上手に表現しており、読んでいるこちらの方が勉強になるくらいでした。
  • ・景観条例を制定したことなど平泉が世界遺産らしいたたずまいであることや、平泉の人のやさしさ、努力などを的確につかんでいると感じました。
  • ・平泉と自分たちの地域との関わりを結びつけて紹介している作品もあり、技術的にも優れていると感じました。
  • ・字の上手なきれいな作品が多く、感心しました。
○表彰
・岩手県知事賞(千葉副知事より授与)

・岩手県教育長賞(菅野教育長より授与)

・岩手県ユネスコ協会連盟会長賞(安藤会長より授与)
○受賞者の皆さんと安藤会長、千葉副知事、菅野教育長による記念撮影
審査結果及び入賞作品については、以下のサイトをご覧ください。
http://www.pref.iwate.jp/~sekaiisan/event/sakubun.html