青色 防犯パトロールをしてみませんか!
●青色防犯パトロールとは

  警察のパトカーではなく、一般の自動車に青色の回転灯をつけてパトロールをする自主防犯パトロールです。通常、一般の自動車に回転灯を装備することは、法律で禁止されていますが、警察から認定を受けた団体は、青色回転灯の装備が認められています。全国では、平成16年から青色回転灯装備車両による防犯パトロールが展開されており、二戸地区でも、平成23年6月末現在で22台の車両により活動しています。
●防犯パトロールの方法

  青色回転灯を点灯させるほか、団体の名称と自主防犯パトロール中であることを車体に表示します。ほとんどの場合、マグネット式の回転灯とシートを使用しており、パトロール以外は外します。申請した活動地域内のパトロール活動を行い、申請地域以外では、パトロールできません。
●防犯パトロールできるのは

  警察署長や市町村長などから防犯活動の委嘱を受けた団体等(おおむね5名以上)で、通常は、警察署長が委嘱書を交付しています。
  おおむね1週間に1回以上の継続的な自主防犯パトロールの実施が可能なことと、防犯パトロールを適切な方法により実施することが必要です。
  パトロールに関する講習は、警察でおおむね2年ごとに実施します。
●申請手続きの流れ

警察への証明申請(用紙は警察で配付し、記載要領を指導します。)
審査(警察署で申請の内容をチェックし、警察本部で審査します。)
証明書等交付(自主防犯パトロール団体であることの証明書や車に掲示する標章、パトロールの実施者証を交付します。)
青色回転灯の取り付け(マグネット式は着脱簡単です。) 
自動車検査証への記入(15日以内に盛岡市の運輸支局又は軽自動車協会で行います。)

●費用

  青色回転灯が2万5,000円位、防犯パトロール中を示すマグネットシートが4,000円位かかります。自動車検査証への記入には、用紙代数十円のほかに費用はかかりません。
  多くの実施団体は、町内会やPTA、防犯協会からの支援を受けています。

  【お問い合わせ先:二戸警察署生活安全課(電話:29-0110)またはお近くの交番・駐在所へ】