署長メッセージ



釜石警察署長   石川 康

 
 昨年に引き続き、釜石市・大槌町での治安維持の任を預かることになりました。

 昨年1年間を振り返りますと、管内では、5月の尾崎半島における大規模な山林火災の発生、3月と9月の台風等による大雨により土砂崩れ、床上浸水などの被害が発生するなど、災害が多い年でもありました。

 このような中、東日本大震災から7年余が経過し、新しいまちづくりや三陸道をはじめとする自動車専用道の延伸工事、2019年のラグビーワールドカップ釜石開催に向けた工事等、日々、まちの景色の変化が目に見えて感じられるところです。

 当署としては、安全・安心の確保が復興をさらに加速させる大前提であるとの認識に立ち、被災地におけるセーフティネットとしての役割を果たすべく、署員一丸となって総合的な警察活動を進めていきたいと考えておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 
戻る