日向ダムのはたらき

 日向ダムは、下流でおこる洪水や台風水害の防止、正常な流水の確保による安定した取水量の供給、甲子川や小川川沿いの河川環境の保全などを目的として、甲子川水系小川川に建設された治水ダムです。
 大雨などで最高340m3/sの流量が流れ込んだとき、そのうち310m3/sをカットして下流の水害を防ぎます。

【流量配分図】
流量配分図

【日向ダム下流面横断図】
日向ダム下流面横断図

 また、県営ダムとしては初めてのRCD工法を用いたダムです。
 これは、ダンプトラックで搬送した硬練コンクリートをブルドーザで薄くならし、振動ローラーにより締め固める工法です。
 RCD工法を用いることによって工期の短縮と省力化を図ることが出来ました。

【RCD工法の流れ】
RCD工法の流れ1
RCD工法の流れ2
③④ダンピング・まきだし
 硬く練られたコンクリートをダンプトラックで運び、ブルドーザで敷き詰めます。
⑤目地切り
 コンクリートのひび割れを防ぐために継ぎ目をつけます。
⑥締め固め
 振動ローラーを使ってコンクリートを締め固めます。