署長メッセージ


 


大船渡警察署長 髙 橋  仁


 平成28年3月28日付けで、大船渡警察署長を命じられました髙橋です。

 大船渡警察署の勤務は初めてとなりますが、学生の頃は、毎春、野球部の合宿、練習試合等で大船渡市、陸前高田市に来ていました。私にとっては、「青春時代の思い出の地」に帰ってきたこととなります。また、そのような思い出の地を管轄する大船渡警察署で仕事ができますことは、この上なく、光栄なことであるとともに、身の引き締まる思いでいっぱいであります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 皆様には、日頃から警察業務各般にわたり、深いご理解とご協力を賜り、心から感謝を申し上げます。

 当署管内は、昨年、犯罪の発生件数が僅かながら増加し、また、交通事故件数も前年と比較して減少はしたものの、悲惨な交通死亡事故が4件も発生しております。また、お年寄りを対象とした特殊詐欺事件の発生や、震災復興の各種事業が進む中、依然として、県内外からの人・車・情報等の流入・流出が激しくなるなど、管内の治安情勢は予断を許さない状況にあります。

 大船渡警察署では、熊本県警からの特別出向警察官2名を含め、私以下84名の署員が一致団結し、地域の皆さんが安全で安心して暮らせるように積極的な警察活動を推進しています。

 どうか、これまで同様、各種警察活動に対するご支援、ご協力の程、お願いいたします。

 
戻る