警察署トップへ戻る


千厩警察署 署訓 明察 寛厚 義仁

説明

岩手県
千厩警察署

 
明察」、「寛厚」、「義仁」は、現代刑法界の先駆者である一関市大東町渋民出身の儒学者「芦東山」(1696~1776)の著書「無刑録」に記されている言葉です。

 
「鋭敏な観察、洞察力と寛容な心を持ち、物事の本質をよく見極め、法の根本精神に則り、国民の権利を制するに際しては、道理に従い、思いやりを持って対応することが大切である。」

という意味で、理想の警察官像を表すものとして、昭和59年の現千警察署庁舎落成時に署訓として制定されました。