署長メッセージ




 平成30年がスタートいたしました。
 昨年中の地域の皆様からの警察行政へのご理解とご協力に対し、あらためまして御礼を申し上げます。

 さて、昨年の千厩警察署管内の刑法犯の認知件数は63件で、前年と比較してマイナス3件、交通死亡事故は1件でマイナス3件、人身事故件数は48件でマイナス15件であり、皆様のご協力により、事件や人身事故が減少いたしました。
 しかし、その内容を見ますと侵入盗犯や万引きが増加する傾向が見られるほか、特殊詐欺の被害もありました。
 交通事故では、人身事故にまでは至らなかったものの、物損事故が880件と、前年に比較して155件も増加している状況ですし、当事者別では、高齢者の方とほぼ同じ数で、20代から30代の方の事故が多いという現状です。
 残念ながら本年に入ってからも大きな交通事故が発生しています。

 本年当署管内では、室根バイパスの開通や千厩地区で新しい小学校の開校などが予定されています。
 それに伴い人や車の流れの変化があると思われますし、昔から沿岸と内陸を結ぶ役目を持つこの地は、沿岸地区の復興が進むことによる変化も予想されます。

 警察といたしましては、本年も、「県民の期待と信頼に応える力強い警察」を基本姿勢とし、顕示的なパトロールや各種犯罪の検挙活動をいっそう強化する一方、関係機関団体や地域の皆様と連携し、昨年にもまして事件・事故が少なくなるよう、署員一丸となって治安維持に邁進する所存ですので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
千厩警察署長  黒澤 利達 


戻る