トップページ>「ギャラリー花の館」で展覧会を開催中!(平成29年7月31日)

「ギャラリー花の館」で展覧会を開催中!(平成29年7月31日)

  • 花きセンターの花の館では、県民の皆さんの花に親しむ文化活動を推進するために、一般の方々が作品を展示できる「ギャラリー花の館」コーナーを設けました。

    「ギャラリー花の館」では、花きセンターを題材とした絵画、写真、文学作品を中心に展覧会を開催していきます。
     
    第1回目の展覧会は、7月25日〜8月21日の会期で金ケ崎・スケッチの会の皆さんが花きセンターで描いた絵と北上市の北炎会の皆さんが花きセンターの吟行で詠んだ俳句を展示しています。
     
    7月25日は、オープニング式として金ケ崎・スケッチの会高橋忠男先生、北炎会の鉄本正人代表、農業大学校高橋校長の3人でテープカットを行いました。
     
    また、当日は、金ケ崎・スケッチの会の皆さんによるお絵かき体験コーナーが設置され、花きセンターの食虫植物やランを題材に小学生が絵を描く体験をしました。

    展覧会に出品した皆さんから作品を発表する機会が出来て大変うれしいと喜ばれています。

    今後、花きセンター内での創作に限らず、花に関係する作品の展覧会(絵、写真、押し花、ドライフラワー、文学作品等)も開催していく予定です。
    展覧会の開催を希望する方は、花きセンターまでお申込みください。(電話0197−43−2107)




  • (1)テープカットの様子

    (左から北炎会鉄本代表、金ケ崎・スケッチの会橋先生、高橋校長)



    (2)金ケ崎・スケッチの会の皆さんの作品
     


     
    (橋忠男氏が描いた花きセンター管理棟と花の館)



    (3)お絵かき体験コーナー




    (4)展覧会に出品した金ヶ崎・スケッチの会の皆さん




    (5)北炎会の皆さんの展示