トップページ研修会・イベントこども花育研修>「第2回こども花育研修」を開催しました


研修会・イベント


研修会・イベント

「第2回こども花育研修」を開催しました


7月19日(木曜日)、金ケ崎町立六原幼稚園で第2回こども花育研修を行いました。
講師は農業大学校の講義「フラワーデザイン」の講師である八重樫光代先生と、花き経営科2年生7名です。年長児クラスの10名が、今回の受講生です。
前回同様、今回使用した花材は、花きセンターで栽培したスプレーギクの中から、黄色やピンク、オレンジなど可愛らしいものを選びました。 
園児の皆さんは、「先生」役のお兄さん、お姉さんからアドバイスをもらいながら、配られた花を一輪ずつハサミでカットし、大事そうにスポンジに挿していきました。
途中で飽きないか心配している大人たちをよそに、園児の皆さんはとても集中しており、予定よりも長い時間をかけ、心のこもった作品を仕上げました。花材は同じものを使用していますが、作品一つ一つに園児の皆さんの花を大切に思う気持ちが込められ、どれ一つとして同じものはありませんでした。出来上がった作品は幼稚園の玄関に飾られ、送り迎えの家族の皆さんにも見てもらいました。
今年度の子ども花育研修はこれで終了となります。花きセンターでは次年度も、子供たちの花を大切にする心を育む機会となるような取り組みを続けていきたいと思います。


  1. 「先生」たちの自己紹介からスタート。「〇〇先生です、よろしくお願いします。」



  2. 全て「教える」だけでなく、時に「見守る」。これが難しい・・・
     

     




  3. 幼稚園玄関に飾られた作品(画像の一部を加工しています)