トップページ花みごろ>平成30年12月6日


花みごろ


花みごろ(最新)

更新履歴

亜熱帯の果物

洋ラン

季節のみごろ

花みごろ情報(平成30年12月6日)

スノードロップ
  • 屋外は木々の葉が落ちて冬景色へと変わりつつあります。
  • 温室では、スノードロップやシクラメンなど寒くなる時期に楽しめる花がご覧になれます。
    今回は温室の植物を中心にご紹介します。

  •  
  • 【今回花みごろをご紹介する場所】




1.展示温室


(1)シクラメン
花きセンターで栽培したシクラメンを展示しています。







(2)洋ラン

様々な洋ランが少しずつ咲き始めています。

     
(写真左から)カトレア・ポーシャ、パフィオペディラム、ジゴペタラム・マッケイ




(3)キャットテール

キャットテールは、花序がネコの尻尾のように見えることからこの名がついたと言われています。
長さが5センチ程度の赤い花序は、さわるとフワフワとやわらかな感触です。

キャットテール  キャットテール




(4)果樹
レモンが黄色く色付き、パパイヤは実が大きくなってきました。このほか、グァバやきみのばんじろうの実も少しずつ黄色く色づき始めています。

レモン  レモン  パパイヤ
(写真左から)レモン、パパイヤ

グァバ  きみのばんじろう
(写真左から)グァバ、きみのばんじろう




(5)アナナス
「エクメア・バイルバッヒー」の花がまもなく咲きそうです。

エクメア・バイルバッヒー  エクメア・バイルバッヒー




2.花の館


(1)スノードロップ
花きセンターのスノードロップは雪が降り始める頃に咲き始めます。ベル形の白い花がとても可憐です。

スノードロップ



(2)亜熱帯エリアに咲く花
花の館ではエリアによって咲く花が大きく異なります。一番温かい亜熱帯エリアでは鮮やかな花が楽しめます。

    
(写真左から)クレロデンドルム・ウガンデンセ、ゴクラクチョウカ、カリアンドラ




(3)ビカクシダ

近年注目されている植物です。
板に張り付けて壁掛けにしたり、上から吊るして垂れる葉を楽しんだりと展示の仕方は様々です。
個性的な姿が目を惹くので、最近ではビカクシダをインテリアとして取り入れるお店もあります。

ビカクシダ




(4)多肉植物
南緯40度エリアにはたくさんの多肉植物を展示しています。花が咲いている様子もご覧になれます。
 
    




3.屋外

紅葉が終わって寒さが一段と厳しくなる中、モデル花壇ではパンジーやビオラがゆっくりと花を咲かせています。

モデル花壇