トップページ花みごろ更新履歴>平成30年8月1日


花みごろ


花みごろ(最新)

更新履歴

亜熱帯の果物

洋ラン

季節のみごろ

花みごろ情報(平成30年8月1日)

  • 暑さの厳しい日が続いていますが、温室内では熱帯果樹がぐんぐんと実を大きくさせています。
    今回は花きセンターで見られる果実を中心にご紹介します。

    気温が高く日差しも強い時期ですので、帽子や水筒など熱中症対策をしてご見学ください。







1.花きセンターの果実たち

展示温室では、現在熱帯果樹のパッションフルーツ、リンゴマンゴー、キミノバンジロウ、レモン、ジャボチカバをご覧になることができ、屋外ではキウイがご覧になれます。
今回は、開花から結実していく様子をご紹介します。

(1)展示温室で見られる果実

@パッションフルーツ
  
(写真)パッションフルーツの花。時計の文字盤ような花姿が特徴です。

  
(写真)花後に結実し、色が少し色づいてきました。果実は熟すと赤紫色になります。



Aリンゴマンゴー
  
(写真左から)3月に花を咲かせた後、果実は大人の手のひらほどの大きさになっています。



Bキミノバンジロウ
 
(写真左から)5月に花を咲かせた後、現在は小さな果実をつけています。果実が熟すと黄色になります。別名イエローストロベリーグァバとも呼ばれます。



Cジャボチカバ
  
(写真左から)7月初めに花を咲かせ、現在は紫色に熟した果実をご覧になれます。



Dレモン
  
(写真左から)3〜5月に白い花を咲かせました。現在は青々としたレモンをご覧になれます。




(2)屋外で見られる果実
  
(写真)6月に花を咲かせた後、現在は果実が大きくなっています。



2.花壇と周辺の風景

  • モデル花壇が夏花壇へと模様替えしました。
  • この暑い時期に暑さをしのぐ場所としておすすめなのが、木陰の遊歩道です。
    遊歩道の一部は木陰になっており、木々の間で冷やされた風が暑さを和らげてくれます。

(1)モデル花壇

(写真)6月下旬に植え替えを行いました。



(2)遊歩道

(写真)木陰の遊歩道は心地よい風が吹き、暑さを和らげてくれます。




3.展示温室

  • 展示温室では、トラフアナナスやオオインコアナナスの苞(ほう)が鮮やかに色づいています。
(1)トラフアナナス
  
(写真)苞と呼ばれる部分はヤリのような形をしていて、鮮やかな朱赤色は3ヶ月ほど色あせずに楽しむことができます。花は苞の間から小さく顔をのぞかせている黄色い部分です。



(2)オオインコアナナス
 
(写真)オオインコアナナス。苞の色はトラフアナナスより濃い赤色をしています。こちらも苞の間から黄色い花芽を出しています。