Home
Back

 阿部寛孝さんを訪ねて(一関市)
阿部さんご夫妻 経営概要
   繁殖牛70頭(出荷頭数65頭)、育成牛20

 主な経歴
   H11 岩手県立農業大学校
   H14 会社勤務を経て就農(繁殖牛13頭)
   
H17 岩手県青年農業士
   H21 JA岩手南和牛改良組合和牛青年部を
       立ち上げ部長に就任
                                       11                                     奥様も岩手農大卒、1つ下の学年だそうです。
      

 経営の特徴
  ・
生活環境に配慮し、住宅と牛舎、堆肥舎等の
   生産設備を離して設置しています。
  ・牛舎は、全て自力作業で建設しコストの低減を図り、計画的に
   増頭してきました。
  ・稲ワラの集積(180ha)による粗飼料確保と堆肥交換・散布(6070ha)等の
   耕畜連携に力を入れています。
  ・日々、牛の観察を大切にし、高能力牛を自家保留し肉質重視で生産しています。
  ・将来は繁殖牛200頭規模の経営を目指している。

  農大生の質問にも丁寧に答えていただきました 牛舎は手づくりでコストを抑えています
  農大生の質問に丁寧に答えていただきました   牛舎は全て手作り、極力コストを抑えて規模拡大
                                  しています。


 農大生へのメッセージ
  目標を持つことが一番大事!
  今のうちに将来の目標や夢を決めておくこと。
  手の届かない目標では挫折する。その都度、目標を段階的にアップさせて良い。

  牛舎の外観 子牛たち

 【訪問してみて】
  農大を卒業して15年。
  就農当初は13頭の繁殖牛を現在は70頭規模まで拡大しています。
  繁殖牛の管理や経営管理など奥様と2人で切り盛りしています。
  2人とも、とてもたくましく、また、輝いていました。


                                              

Home
Back