Home
Back

 農産経営科 の主な教育内容 

 農産経営科では、水稲及び畑作物(小麦、大豆、雑穀)の高品質て低コストな栽培技術や加工・販売手法等を学んでいます。
 
○ 栽培面積
   水稲 5.0ha
   小麦 50a
   大豆 20a
   そば 100a

○ 教育内容の特徴
 @ 稲作栽培
  ・高性能農業機械化栽培技術の習得
  ・学生がそれぞれ1〜2枚の水田(10a〜1ha)を卒業研究課題に基づき、
   水稲の生育調査を実施するとともに、機械化栽培管理技術を習得

 A 麦、豆類、そば栽培
  ・高性能農業機械化栽培技術の習得
  ・転作栽培として位置づけ、栽培技術を習得

○ 主な履修科目
   作物と環境保全、作物生理
   応用昆虫学、植物病理学
   稲作栽培、畑作栽培
   農産経営、農産物加工
   専攻実習、卒業研究
 
○ 主な卒業研究のテーマ
 1 米粉用米の多収栽培と米粉パン適性評価と流通
 2 鉄コーティング直播による省力・低コスト化を目指した水田経営
 3 活性炭を使った水田雑草の防除
 4 移植時期の違いによる雑穀の雑草防除
 5 自然乾燥米は機械乾燥米と比較してどのような違いがあるか
 6 鉄コーティング直播栽培により、特別栽培米を10aあたり9俵収穫
 7 移植時期の違いによる水稲有機栽培の雑草防除
 8 水稲の疎植栽培による省力化
 9 苗質の違いによる水稲疎植栽培の省力性とコスト性
 10 消費者ニーズの把握と特徴ある特別栽培米の生産を目指して

○ 学生の声
 私たち農産経営科2年は、失敗を重ねながらも日々専攻実習や卒業研究に頑張っています。
 今回、専攻実習の一部を紹介します。
 私たち2年生は、卒業研究として、各自がテーマを決め今年3月から取り組んでいます。
 ほとんどの人は水稲の栽培に関する研究ですが、雑穀の栽培や米の流通について研究している人もいます。
 私の卒業研究は、米の有機栽培です。有機栽培は、除草剤などの農薬や化学肥料を使用できないため、雑草や病気の防除がとても大変ですが、農薬を使用しない分安心できる作物を作ることが出来ます。
 また、農産経営科では、他の経営科に比べ農業機械を操作することが多く、卒業研究では、各自でトラクターやコンバイン等を運転し、耕起から収穫までの作業を行います。
 残りわずかな農大生の時間を、研究調査のまとめや学生どおしの交流など大切に送っていきたいと思います。
    〜学生実習日記より抜粋〜

  農産経営科のトピックスはこちらをクリック
 

 水田耕起の様子

卒業研究検討会の様子

水稲実りの秋の様子

コンバインについての説明

農産経営科現場教室・実習施設
農産経営科育苗ハウス
 農産経営科の水稲生育調査の写真  農産経営科の実習の写真  農産経営科の農大祭餅つきの写真
  

各経営科へジャンプ

  農産経営科 野菜経営科 果樹経営科 花き経営科 酪農経営科 肉畜経営科
  研修科

Home
Back