Home
Back

 農産経営科 の主な教育内容 
農産経営科では、水稲及び畑作物(小麦、大豆、雑穀)の高品質で低コストな栽培技術や加工・販売手法等を学んでいます。
 
○ 栽培面積
   水稲 5.0ha
   小麦 50a
   大豆 20a
   そば 100a

○ 教育内容の特徴
 @ 稲作栽培
  ・高性能農業機械化栽培技術の習得
  ・学生がそれぞれ1〜2枚の水田(10a〜1ha)を卒業研究課題に基づき、
   水稲の生育調査を実施するとともに、機械化栽培管理技術を習得

 A 麦、豆類、そば栽培
  ・高性能農業機械化栽培技術の習得
  ・転作栽培として位置づけ、栽培技術を習得

○ 主な履修科目
   作物と環境保全、作物生理
   応用昆虫学、植物病理学
   稲作栽培、畑作栽培
   農産経営、農産物加工
   専攻実習、卒業研究
 
○ 主な卒業研究のテーマ
・無コーティング種子代掻き同時播種技術の向上
・施肥量の違いによって現れる酒米の心白発現率の違い
・水稲における施肥量の違いによるコスト削減
・水稲における除草方法の違いによる品質とコストの検討
・堆肥での収量増加と藻の発生を抑える木の検討
・トウガラシ液散布によるカメムシ忌避効果及び散布による周囲への影響の検討
・乳苗のマット強度とコスト削減について

○ 学生の声
「協力する大切さ 」
 入学してから1年以上の時が過ぎました。試験や資格取得、就職活動など大変なこともありましたが、充実した日々を過ごしています。
 現在は、就職も決まり、卒業研究に力を入れて取り組んでいます。収穫調査や生育調査など、一人では大変な作業もありますが、農産経営科の仲間と協力して取り組んでいます。農業は一人では大変な作業が多いので、これからも人との協力を大切にして頑張っていきたいと考えています。
                                 農産経営科 2年 小 野 高 雅 之 



 

「農業大学校に入学して」

 農大に入学してみて、初めは慣れない寮生活や環境で不安がたくさんありました。
 しかし、やさしく面白い先輩方がいらっしゃったり、クラスも個性豊かな人が多く不安が解消されていき大学生活を楽しくスタートできました。
 これからは、将来に向けてしっかりと最先端の水稲栽培技術や知識を身につけ、卒業した後は地元の遠野に戻って、農大で学習したことを生かして地元の農業に貢献していきたいです。

                                     農産経営科1年  菊 池 雄 太
 

 「より充実した学生生活にするために」

 農大に入学し1年半がたちました。これまで農業について多くの知識や技術を身につけることができたと思います。
 今後も授業や実習で学んだことをしっかり身につけ、卒業研究もしっかりと取り組んでいきたいです。
 また、海外研修や、農大祭などの各行事を通して農大の学生生活を充実したものにしていきたいと思います。

                                     農産経営科 2年 冨 手 嘉 斗
 

  農産経営科のトピックスはこちらをクリック
 

水田耕起の様子







農産経営科現場教室・実習施設

農産経営科育苗ハウス
 農産経営科の水稲生育調査の写真    農産経営科の農大祭餅つきの写真
  

各経営科へジャンプ

  農産経営科 野菜経営科 果樹経営科 花き経営科 酪農経営科 肉畜経営科
  研修科

Home
Back