パドックの泥濘化改善技術

 放牧地のパドックに泥濘化改善資材としてカキ殻を利用することにより、泥濘化改善効果が期待できる。

●使用資材
資 材 規   格 概   要
カキ殻 粗く砕かれたもの(1〜5cm程度) 三陸沿岸地域から容易に入手できる。
ジオテキ
スタイル
ポリエチレン製のネット(遮蔽率63%、
メッシュ寸法5×11mm、厚さ1.5mm)
軟弱地盤の地耐力向上などの目的に使われる網状の土木用資材で、材質・形状とも多様である。
鉄ピン 1cm×1m、L字型 自作可能

※水飲み場周辺など泥濘化の著しい箇所に局所的に使用するのが有効である。
※自力施工および撤収も簡単で移設も可能である。
※漁業系廃棄物扱いにされているカキ殻を有効活用できる。

 担当研究室
 畜産研究所 外山畜産研究室
 〒028-2711 岩手郡玉山村藪川字大の平40
 TEL. 019-681-5011、FAX. 019-681-5012

「研究レポート」H14目次へ
No.187へ No.189へ
トップページへ