「ひとめぼれ」における自然乾燥と機械乾燥の刈取り適期の違いの栽培法

 水稲の主要品種「ひとめぼれ」において、高品質米の安定生産のための刈り取り適期は、自然乾燥の場合は現在の指標通り黄化籾割合80〜90%であるが、コンバイン収穫・機械乾燥の場合は黄化籾割合85〜90%が目安である。

 水稲の品質・食味を向上させるためには、適期刈り取りの徹底が重要である。現在、刈り取り適期の目安は、自然乾燥と機械乾燥の両方を含めて黄化籾割合80〜90%を基準としているが、より品質を向上させるため、乾燥方法の違いによる刈り取り適期の目安を示した。
 黄化籾割合が概ね85%以下では、同じ日に収穫した場合、機械乾燥では自然乾燥に比べて青未熟粒の割合が高く、整粒の割合が低くなる。しかし、黄化籾割合85%以上では乾燥方法による品質の差はない(図1,2)。このことから、コンバイン収穫・機械乾燥の刈り取り適期の目安は黄化籾割合85〜90%である(図3)。


図1 刈り取り時期別の玄米品質の推移

図2 自然乾燥と機械乾燥の品質の差
  1.7o篩調整玄米、平成13年、ひとめぼれ
  機械:機械乾燥、自然:自然乾燥、被害粒:茶米・発芽等
  積算気温:出穂後の日平均気温の積算
  平成10〜13年、ひとめぼれ、1.7o篩調整玄米
  差:自然乾燥−機械乾燥
 黄化籾
図3 刈り取り適期の模式図

 担当研究室
 農産部 水田作研究室
 〒024-0003 北上市成田20−1
 TEL. 0197-68-4412  FAX. 0197-71-1081

「研究レポート」H14目次へ
No.164へ No.166へ
トップページへ