スターチス「アイスター」シリーズの培養による種苗生産技術

 岩手県オリジナル品種「アイスター」シリーズ(5品種)培養を用いた増殖及び順化方法を明らかにし、良質な種苗の生産技術を確立した。


写真1 アイスター・ロージーピンク

技術の特徴

●初代培養は、花穂部分(写真2)を材料とし、分化した植物を繰り返し増殖に用いる。

●初代培養以降は、培養容器のふたに通気膜を使用すると良苗が生産できる。

●初代培養後の各々のステップは、1ヵ月とする。


写真2 初代培養に使用する花穂部分 写真3 増殖の状態(増殖開始1ヵ月)

 
 図 「アイスター」シリーズの増殖法の流れ

 担当研究室
 農産部 応用生物工学研究室
 〒024-0003 北上市成田20−1
 TEL. 0197-68-4414 FAX. 0197-71-1081

「研究レポート」H14目次へ
No.156へ No.158へ
トップページへ