1998 .11 発行

      N o.46 岩手県農業研究センター
 
 
MA包装段ボール箱によるさやえんどうの鮮度保持法
 

 

 さやえんどうは、肥大途上の若莢を収穫するため呼吸量が大きく、そのため、ムレやカビの発生、がく片褪色など、品質低下しやすい。品質低下を防ぐために、現在、さやえんどうの出荷には、アルミ箔内張り段ボール箱(RC)や発泡スチロール箱(PS)が使用されているが、廃棄物処理の問題がある。
 そこで、普通段ボール箱並の取り扱いのよさと鮮度保持効果を兼ね備えたMA包装段ボール箱(MA)による鮮度保持輸送法を開発した。この出荷箱は、流通中のがく片の褪色栄養成分損耗を効果的に抑制する。

 

 

 莢色に有意差はみられないが、がく変色では貯蔵3日後以降、PS区及びRC区では変色(褪色)度合いが大きく、鮮度低下がみられた。

注)試験条件:
  貯蔵3日目まで各出荷箱の状態で25℃貯蔵。
  貯蔵3日後からはポリエチレン小袋で10℃貯蔵。

   左:アルミ箔内張り段ボール箱(RC)
   中: 発砲スチロール箱(PS)
   右: MA包装段ボール箱(MA)

写真1 MA包装段ボール箱の鮮度保持効果(貯蔵3日後)

 


 MA区のビタミンC含量は、箱貯蔵中の変化がほとんどなかったのに対して、PS区ではやや減少する傾向がみられ、RC区では大幅に減少した。
 小袋包装後は同一条件となり、MA区もビタミンC含量が低下したが、7日目の含有量も他区に優った。

※図中凡例 
MA区:MA包装段ボール箱
PS区:発泡泡スチロール箱
RC区:アルミ箔内張り段ボール箱

  
   図1 ビタミンCの保持効果


 貯蔵3日後の包装内ガス濃度は、MA区とPS区ではともに酸素約15%、二酸化炭素約5%となり、低酸素高炭酸ガス条件に変化している。RS区は気密性がなく、空気組成とほぼ同様である。


図2 貯蔵3日後の包装内ガス濃度

担当  生産環境部保鮮流通技術研究室  Zip-code024-0003 北上市成田20-1 TEL 0197-68-2331  FAX 0197-68-2361

掲載された全ての内容の無断利用を禁じます。
Copyright ; Iwate Pref. Japan.

for Report Index Page Before Report Next Report