199 .11 発行

      N o.43 岩手県農業研究センター
 
 
平成10年度雑草防除基準に採用した水稲除草剤
 

 

  水稲用除草剤ワンベストフロアブル(初期剤)、クラッシュ1キロ粒剤・シンザン1キロ粒剤・ストライカー1キロ粒剤・ダイハード顆粒・プロスパーA1キロ粒剤36(以上一発処理剤)及びクリンチャーバスME液剤(中期剤)が平成10年度雑草防除基準に採用された。
  これらの除草剤の使用方法と除草効果について紹介する。

表1 新除草剤一覧



  ワンベストフロアブルは、10a当たり使用量1,000mlで初期一発剤として既に採用されているが、その半量使用で初期剤として新規に採用された。
  ダイハード顆粒は、10a当たり60gを500mlの水に希釈してフロアブル剤と同様の方法で散布する。
  クリンチャーバスME液剤は、10a当たり1,000mlを70〜100gの水に希釈して茎葉散布する。


表2 除草効果一覧


担当 農産部水田作研究室  Zip-code024-0003 北上市成田20-1 TEL 0197-68-2331  FAX 0197-68-2361
担当 農産部銘柄米開発研究室
  Zip-code023-1131 江刺市愛宕字八日町69-4 TEL 0197-35-1411 FAX 0197-35-1617


掲載された全ての内容の無断利用を禁じます。
Copyright ; Iwate Pref. Japan.

for Report Index Page Before Report Next Report