1998 . 8 発行

      N o.36 岩手県農業研究センター
 
 
牧草アカクローバ品種「マキミドリ」
 

 

  アカクローバは、維持年限が短く、永続性に優れた品種が求められている。
  「マキミドリ」はこれまでの品種に比べて多収であり、永続性耐病性にも優れている。

 

表1 ウドンコ病の罹病率・越冬前被度   (%)

項 目

罹 病 率

越冬前被度

マキミドリ

   0.0

     18.3

ハミドリ

  10.0

     12.3

サッポロ

   11.7

      9.0

) 1 ウドンコ病罹病率:平成8年

   2 越冬前被度:平成9年11月4日

  「マキミドリ」はウドンコ病に対する耐病性が強く、利用3年目の越冬前被度も高い(残存個体数が多い)。

 


牧草アカクローバ品種「マキミドリ」

表2 乾物収量             (kg/10a)

年  度

H7

H8

H9

指 数

マキミドリ

1,110

807

1,053

2,969

104

ハミドリ

1,073

814

959

2,846

100

サッポロ

1,089

806

929

2,823

99

) 指数はハミドリを100とした場合を示す。


 

表3 乾物収量(東北農業試験場)                 (kg/10a)

年  度

H7

H8

指 数

マキミドリ

1,172

1,059

2,231

132

ハミドリ

897

792

1,689

100

サッポロ

1,123

871

1,994

118

) 指数はハミドリを100とした場合を示す。

   「マキミドリ」の多収性は東北農業試験場でも確認されている。

担当  畜産研究所飼料生産研究室  Zip-code020-0173 岩手郡滝沢村滝沢字砂込737-1  TEL 019-688-4326 FAX 019-688-4327

掲載された全ての内容の無断利用を禁じます。
Copyright ; Iwate Pref. Japan.

for Report Index Page Before Report Next Report