平成19年度(夏期)試験研究成果の外部評価結果について

 当センターでは、効果的・効率的な試験研究の推進と県民の理解の確保を図るため、また、試験研究評価の客観性・透明性を確保するため、内部評価に加え県の組織に属さない外部有識者等を評価者とする外部評価を、平成14年度から実施しております。
 平成19年9月に平成19年度試験研究成果(成果評価)について、4名の外部評価委員から評価していただき、その結果を取りまとめましたので、下記のとおり公表いたします。
 また、その他の平成19年度試験研究成果については、平成20年1月に成果評価を行う予定です。
 
PDF版(28KB)はこちら →

1 外部評価(成果評価)の基本的視点と評価ランクについて

評価項目 基本的な評価の視点 評価ランクと意味
A B C D
1 新規性 ・成果の技術(または知見)としての新規性や独創性のレベルはどうか 高い やや高い やや低い 低い
2 期待する活用効果 ・成果の技術(または知見)としての活用効果(普及性、波及効果、改善効果等)のレベルはどうか 高い やや高い やや低い 低い
3 成果内容・表現の的確性 ・成果公表に対応した内容や表現となっているか。また内容は適切なものとなっているか 適切 一部見直し 大幅見直し 低い
総合評価  このまま
提出可
一部修正
して提出可
大幅修正
して提出可
提出は
認めず

2  外部評価委員の構成について

(1) 外部評価委員は「学識経験者」、「農業者」、「農業関係団体職員」、「専門部会長が特に必要と認めるもの」の4つに分類しています。
 (2) 評価委員は、試験研究推進会議専門部会長の推薦で農業研究センター所長が委嘱しています。
 (3) 平成19年度は、29名の外部評価委員を委嘱しております(委嘱期間は2年間)。
 (4) 本年9月の専門部会では、該当する5名の外部評価委員のうち4名の出席により、評価していただきました。
  
内  訳  別 人数
A:学識経験者  14名
B:農業者 9名
C:農業関係団体職員 4名
D:専門部会長が特に必要と認める者 2名
合 計 29名
部会別 人数 主な分野
(1)農産部会  5名 水稲、畑作、生産工学など
(2)園芸部会 12名 果樹、花き、野菜など
(3)畜産部会  7名 畜産全般
(4)総合部会  5名 経営、生産環境など共通
合 計 29名  
 
岩手県農業研究センター外部評価委員名簿
(敬称略:平成19年9月1日現在)
部会 No 氏名 所属・役職 備考



熊谷 太一 (有)下館農産代表取締役・岩手県農業農村指導士  
黒田 榮喜 岩手大学農学部農業生命科学科教授  
高橋 久祥 (株)純情米いわて執行役員業務部長  
高橋 静男 (有)「夢農業たかはし」代表取締役・岩手県農業農村指導士  
吉永 悟志 (独)東北農業研究センター東北水田輪作研究チーム上席研究員  



伊藤 伝 (独)果樹研究所果樹病害研究チーム上席研究員 果樹
近藤 哲治 岩手県農業農村指導士
紺野 啓 岩手県果樹協会会長
高梨 祐明 (独)東北農業研究センター省農薬リンゴ研究チーム長
森下 昌三 (独)東北農業研究センター夏秋どりイチゴ研究チーム長 野菜
小川 清弘 全農岩手県本部園芸部次長
門田 育生 (独)東北農業研究センター寒冷地野菜花き研究チーム上席研究員
三浦 憲蔵 (独)東北農業研究センターカドミウム研究チーム長
武藏 康 岩手県農業農村指導士
10 稲本 勝彦 (独)東北農業研究センター寒冷地野菜花き研究チーム主任研究員 花き
11 及川 辰幸 (有)及川フラグリーン社長
12 日影 孝志 八幡平市花き研究開発センター所長



萱野 裕是 小岩井農牧(株) 技術担当取締役  
佐藤 剛 (独)家畜改良センター岩手牧場次長  
須山 哲男 (独)東北農業研究センター研究管理監  
高橋 雅典 全農岩手県本部畜産酪農部次長  
畠山 正宏 元岩手県青年農業士・肉牛農家  
山影 典良 (社)岩手県畜産協会経営支援部部長  
村澤 欣一 岩手県農業農村指導士  



重石 桂司 (株)メルク代表取締役社長  
河合 成直 岩手大学農学部農業生命科学科教授  
小池 俊吉 (独)東北農業研究センター企画管理部 専門員  
後藤 俊夫 (有)ライフクリエートK 代表取締役  
吉田 信一 富士大学大学院経済・経営システム研究科教授  

3 成果評価(外部評価)の結果について
主担当部所 提案
部会
平成19年度試験研究成果(案) 総合評価
A B C D
生産環境部 園芸
(野菜)
寒締めほうれんそうに含まれる成分と食味評価   1
( 25%)

( 75%)

 

 
  4
(100%)
示差屈折計を用いた寒締めほうれんそうの糖含量の推定法   2
( 50%)
  2
( 50%)

 

 
  4
(100%)
 ※ 総合評価 [ A:適切、 B:一部見直し、 C:大幅見直し、 D:不適切 ]

 

「資料室」目次へ
 
トップページへ