Tweet
短角牛よ、旅立ちのときは来た 〜 日本短角種の貸付開始
畜産研究所家畜育種研究室
 今年もいよいよ牧野の開牧の時期となりました。今回は、開牧直前の4月下旬〜5月にかけて行われる日本短角種の貸付についてご紹介します。

 肉用牛の改良は、直接検定と後代検定の二段階に分かれており、直接検定は、種雄候補牛の発育能力や飼料利用性を知るために、検定期間中の増体量や飼料摂取量等を調査する検定で、後代検定は、種雄牛の産肉能力を知るために、その産子の肉量や肉質の調査を行う検定です。15頭のうち、直接検定成績等が特に優秀な牛6頭が、後代検定牛として選抜され、翌年、各地域の牧野の開牧にあわせて、雌牛とともに放牧されます。

 そして今回、平成30年5月に選抜された6頭が牧野に行く時期がやってきました。牧野の開牧に合わせて、各地域の方々が選抜牛を引き取りに畜産研究所に来ます。種牛も自分の仕事を分かっているのか、すんなりと家畜車に乗る牛もいれば、なかなか乗らず、涙をうかべているように見える牛もいます。きっと新しい環境にもすぐに慣れるでしょう。

 次は牧野で会えるのを楽しみにしているよ、行ってらっしゃい!!
 
(技師 土谷 のぞみ)

写真1 岩泉町の牧野へ出発する
「高花」号と「兼代29」号。準備万端!
(令和元年5月14日。於・畜産研究所肉牛舎)

写真2 若干、緊張した面持ちの牛たち
(撮影日・場所:同左)
関連記事・成果
○らぼ・れたあH31-No.1「良質な精液は十分な観察から 〜 日本短角種種雄牛の凍結精液生産
○らぼ・れたあH30-No.7「日本短角種一産取り肥育試験牛、山へ 〜 2回目試験牛自然交配開始
 
この記事に関する連絡先
 〒020-0605 滝沢市砂込737-1 TEL. 019-688-4328、FAX. 019-688-4327
 E-mail: CE0010★pref.iwate.jp(メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

「らぼ・れたあ」H31・上半期目次へ
一つ前のトピックへ 次のトピックへ
トップページへ