Tweet
平成30年度第2回 岩手県農業研究センター所長表彰を行いました
企画管理部研究企画室
 平成31年2月19日、岩手県農業研究センター本部(北上市)で、平成30年度第2回・岩手県農業研究センター所長表彰の表彰式を行いました。

 所長表彰は、有益な研究・発明を行い優秀な成果をあげた職員や、事務の改善・効率化に貢献した職員、あるいは担当業務に熟練・精励し、長年に渡って職場に貢献した職員を表彰するもので、平成16年度の第1回表彰から通算して今回が34回目となります。

 今回は、個人12名、機関1組、グループ4組(のべ9名)に対して、当センター所長から表彰状が授与されました。今年度取りまとめを行い公表した研究成果をはじめ、早急に解決を要する課題に迅速に対応し、成果を上げたことが評価されました。
 
(主任専門研究員 伊勢 智宏)
事績の内容
(詳細については下記リンクより試験研究成果もしくは関連記事を参照。順次追加予定)
該当号 受賞者(グループは代表者)
所属 氏名(役職名)
岩手県における鉄コーティング湛水直播の技術普及のための研究 プロジェクト推進室 寺田 道一
(主査専門研究員)
新規大型外部資金資金の実施に係る膨大な企画調整及び経理事務の平準化の取組 2,4 企画管理部
 研究企画室
 総務課
(機関表彰)
「会計注意情報」の発行開始 企画管理部
 総務課
織田 恭定
(主任)
集落営農組織の課題と法人化に向けた取組方向の提示 企画管理部
 農業経営研究室
吉田 徳子
(主査専門研究員)
「シャインマスカット」の短梢栽培における適正着果量の解明 技術部
 果樹研究室
大野 浩
(主査専門研究員)
水稲品種『金色の風』の収量構成要素のとりまとめ 技術部
 作物研究室
永富 巨人
(上席専門研究員)
鉢花向け青色リンドウ品種「Bzc1」の育成 技術部
 野菜花き研究室
小澤 傑
(専門研究員)
他1名
リンドウまだら退色症状の発生における品種間差異の解明 技術部
 野菜花き研究室
阿部 弘
(主査専門研究員)他2名
リンドウの施肥管理及び鮮度保持に関する研究成果のとりまとめ 環境部
 生産環境研究室
菊地 淑子
(上席専門研究員)
「金色の風」の栄養診断基準の策定および「金色の風」「銀河のしずく」各品種向けの追肥省略型肥料の開発 環境部
 生産環境研究室
小田島 芽里
(専門研究員)
りんごにおける補給型施肥基準の検証 環境部
 生産環境研究室
白木 正俊
(技師)
県内水田・畑地土壌35年間の施肥管理と化学性の変化の解明 環境部
 生産環境研究室
高橋 良学
(上席専門研究員)
葉上 恒寿
(主任専門研究員)
「モモシンクイガ多発りんご園周辺園地における交信かく乱剤の追加防除の評価」のとりまとめ 環境部
 病理昆虫研究室
加藤 真城
(上席専門研究員)
若手農林水産研究者表彰農林水産技術会議会長賞を受賞 環境部
 病理昆虫研究室
岩舘 康哉
(主査専門研究員)
県産りんごのカナダ向け輸出の実現に大きく貢献 病害虫防除部
 病害虫防除課
名久井 一樹
(主任主査)
他1名
業務量の大幅縮減が可能となるリンドウホソハマキの新たな発生予察技術の開発 1,4 病害虫防除部
 病害虫防除課
佐藤 美和子
(主査)
平成30年度日本植物病理学会東北部会『地域貢献賞』及び第11回北日本病害虫研究会賞(研究報文部門)をW受賞! 病害虫防除部
 病害虫防除課
猫塚 修一
(主任主査)
 「該当号」欄は表彰対象の区分であり、次のとおりとなっています。
(1) 職務に関し有益な研究、発明、改良又は工夫を行い、優秀な成果をあげたもの
(2) 重要な事務に関し、抜群の努力をし、その成果が優秀なもの
(3) 担当業務に熟練し、職務に精励すること多年にわたる者
(4) 事務の運営改善、簡素効率化について優れた成果をあげたもの
(5) 県民の信頼を高める成果をあげたもの又は地域社会に貢献したもの
(6) 前各号に掲げるもののほか、他の職員の模範となる成果をあげたもの

写真1 技術部

写真2 環境部

写真3 病害虫防除部(岩手県病害虫防除所)

写真4 企画管理部およびプロジェクト推進室
関連記事・資料
平成30年度第2回岩手県農業研究センター所長表彰受賞者一覧PDF:18KB)
○らぼ・れたあH30-No.37「平成30年度第1回 岩手県農業研究センター所長表彰を行いました
 
この記事に関する連絡先
 〒024-0003 北上市成田20-1 TEL. 0197-68-4402、FAX. 0197-68-2361

「らぼ・れたあ」H30・下半期目次へ
一つ前のトピックへ 次のトピックへ
トップページへ