Tweet
新規基幹種雄牛“菊勝久”&“平栄福”デビュー!
畜産研究所種山畜産研究室
 平成25年から県有種雄牛への道を歩き始めた「菊勝久(きくかつひさ)」「平栄福(ひらさかえふく)」がついに平成30年10月、本県の黒毛和種基幹種雄牛として華々しくデビューしました!

【菊勝久】: 「菊勝久」は、平成25年5月13日に一関市の伊東孝さん宅で、県の種雄牛造成のために選ばれたエリート牛(基礎雌牛)である母「きくまみ」と全国的に有名な父「安福久」との間に生まれました。
 基幹種雄牛への長い道のりの入り口である直接検定選抜会では、良好な発育に加え、体の伸び、肋張りが美点とされ選抜となりました。直接検定成績や産肉能力の期待値が評価された「菊勝久」は、現場後代検定牛を選抜する会議をトップの得点で通過し、平成26年秋に現場検定調査牛を取得するための試験交配を実施し、平成28年度から当室を含む各農家で調査牛の肥育を開始しました。
 検定成績は脂肪交雑、ロース芯面積で本県歴代最高を記録し、上物率は100%と、岩手の名牛「菊福秀」の持つ最高記録(93.3%)を塗り替えました。

【平栄福】: 「平栄福」(当時「中平165」)は、平成25年5月14日に奥州市江刺の菊池民雄さん宅で、基礎雌牛である母「わしゅう2」と岩手の名牛「菊福秀」との間に生まれました。過去に同じ交配で生産された姉牛を肥育し、高い脂肪交雑(BMSNo.11)を記録しており、その能力に期待が高まりました。
 直接検定選抜会では良好な発育や皮膚のゆとりが美点とされ選抜。続く現場後代検定牛を選抜する会議では「菊勝久」と同様に多くの人から推薦され、第3位の得点で通過しました。
 検定成績は、上物率88.2%と安定した脂肪交雑の能力を示し、また関係者からは購買者に好まれる「コザシ」(霜降りが細かい)が多く見られるとの声が上がりました。

 選抜牛の現場後代検定成績
種雄牛名

(産地)

母の父
祖母の父
検定成績
性別 頭数 枝肉
重量
(kg)
ロース
芯面積
(cm2
バラ厚

(cm)
皮下
脂肪厚
(cm)
歩留
基準値
(%)
BMS

(No.)
上物率(%)

A5率(%)
菊勝久
(一関市)
安福久
勝忠平
菊安舞鶴
去勢 10 537.2 65.9 9.1 2.6 75.0 8.1 100.0
 
45.0
10 455.3 65.3 7.9 3.0 74.8 7.9
平栄福
奥州市江刺
菊福秀
第6栄
安福(岐阜)
去勢 8 441.3 57.1 7.7 2.3 74.4 6.9 88.2
 
35.3
9 421.3 57.2 7.8 2.5 74.5 7.2
岩手県関連牛出荷平均
(平成25年4月〜平成30年3月)
去勢 39,820 497.3 60.5 8.1 2.4 74.3 6.8 78.8
 
34.9
28,246 422.6 58.5 7.7 2.7 74.5 6.7
 ※岩手県関連牛出荷平均以上(皮下脂肪厚は平均以下)のものを太字で表記
 

 「菊勝久」「平栄福」が基幹種雄牛に加わり、繁殖農家の皆様の選択の幅がさらに拡がりました。今後も県有種雄牛の活躍に御注目ください。
 
(専門研究員 羽田 雅紀)

写真1 「菊勝久(きくかつひさ)」の側貌

写真2 「平栄福(ひらさかえふく)」の側貌
関連記事・成果
○らぼ・れたあH30-No.2「ナイスなバディのニューフェイス! 〜 新規基幹種雄牛“辰美継”選抜
平成30年度「たねやま種雄牛だより」毎月更新!)※外部リンク
 
この記事に関する連絡先
 〒029-2311 気仙郡住田町世田米字子飼沢30 TEL. 0197-38-2312、FAX. 0197-38-2177
 E-mail: CE0034★pref.iwate.jp (メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

「らぼ・れたあ」H30・下半期目次へ
一つ前のトピックへ 次のトピックへ
トップページへ