Tweet
平成最後の農産物等級検査行われる!
技術部作物研究室
 農業研究センターの試験研究で収穫された農産物の品質は、担当研究員の目視調査に加え、民間の農産物検査員に毎年評価してもらっています。それは、開発中の品種や技術によって生産された農産物が、農産物検査法に準拠した検査でどのような品質評価を受けるのかを確認するためです。当センターでは、例年(公社)岩手県農産物改良種苗センターの検査員の多大な御協力をいただいております。

 平成最後の年にあたる今年の農産物検査は、11月16日に実施されました。普及センターの現地試験のサンプルも加え水稲玄米1,615点、大豆127点、総計1,742点の検査をしていただきました。この結果を今後の試験研究に活かしていきます。
 
(上席専門研究員 仲條 眞介)
 

写真1 等級検査会場全景
   2班に分かれて実施しました

写真2 検査員の評価を記録する様子
関連成果・記事
○平成29年度試験研究成果「平成29年岩手県産水稲の生育経過の特徴と作柄・品質に影響した要因の解析」(PDF
 
この記事に関する連絡先
 〒024-0003 北上市成田20-1 TEL. 0197-68-4417・4418、FAX. 0197-71-1083

  「らぼ・れたあ」H30・下半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ