Tweet
DNAから牛の能力(チカラ)を予測します!
畜産研究所家畜育種研究室
 黒毛和種にとって重要な、いわゆる「霜降り」と呼ばれる脂肪交雑や、その牛の大きさを示す枝肉重量といった能力は、おおよそ半分程度が遺伝に因ると言われています。牛肉の品質を向上させるためには、その牛の遺伝的能力を知ることが欠かせません。

 これまでは、親牛の遺伝的能力を計算するときは実際にその子供を肥育して、牛肉の質を確認する「推定育種価」という手法で行ってきました。この方法は正確に能力を予測することができますが、能力が判明するまでに5年以上の時間と多大な経費が必要となってしまい、改良の効率化が課題となっていました。

 近年、その遺伝的能力を、能力を把握したい牛のDNAを調べることで予測する「ゲノム育種価」という手法が開発されました。当所において、岩手県におけるゲノム育種価の有効性が確認されたことから、今年度より、まだ子供を産んだことがない若い雌牛を対象に、ゲノム育種価を解析する事業を開始しました。

 解析方法は、登録検査を受ける若雌の尻尾から毛根を採取し、DNAを抽出します。そのDNAをiSCANという機器を利用して解析し、ゲノム育種価を計算します。今年度は約750頭の雌牛から採材を行い、現在鋭意解析中です。

 ゲノム育種価のより能力の高い若い雌牛から、県内の農家に貢献できる優良な種雄牛を造成するとともに、飼養農家でもより早く能力予測ができることで、能力の高い雌牛から後継牛を造成するなど、計画的な交配が可能になるメリットがあると思われます。

 今後も新しい技術を活用しながら、県の種雄牛の育種改良を進め、情報を提供していきます。
 
(主任専門研究員 熊谷 祐宏)
 

写真1 毛根採取の様子

写真2 毛根は1頭ごとにきちんと整理
関連成果・記事
○研究レポートNo.868「SNP情報を利用した黒毛和種の牛ゲノム育種価計算とその精度」(PDF
 
この記事に関する連絡先
 〒020-0605 滝沢市砂込737-1 TEL. 019-688-4328、FAX. 019-688-4327
 E-mail: CE0010★pref.iwate.jp(メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H30・下半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ