Tweet
「イブキジャコウソウ」ってなんだ? 〜 グランドカバープランツで法面の草刈を省略
プロジェクト推進室
 イブキジャコウソウは、爽やかな芳香があるシソ科の多年草で、一般には草丈10〜20cm程度で地表を這うように伸長して法面を被覆します。イブキジャコウソウをグランドカバープランツとして植栽し、法面管理を省力・軽労化する取組が県内外で広がってきています。

 イブキジャコウソウは、5〜7月に畦畔法面に定植すると、翌年には全面を被覆し、雑草の発生を抑えることができます。定植には労力がかかりますが、被覆後は1〜2年に1回程度の刈り込み作業のみの管理となるため、ほ場単位での管理作業時間は、地域慣行の刈払機による草刈作業に比べ約20〜40%低減できます。また、7月には淡い桃色の小さい花が一斉に開花し、景観上の効果も期待できます。

 当センターは、(公社)岩手県農産物改良種苗センターと共同で県内各地に実証展示圃を設置し、この技術の普及拡大を推進しています。岩手県内の取組事例では、「多面的機能支払交付金」や「中山間地域等直接支払制度」を活用し、地域の組織的な活動の中で実施する場合が多くみられます。

 具体的な栽培方法等については、当センターのホームページに掲載した栽培マニュアル(PDF形式)を活用してください。なお、イブキジャコウソウの苗は、岩手県農産物改良種苗センターで販売しています。
 
(上席専門研究員 吉田 宏)
 

写真1 実証展示圃の定植の様子
(陸前高田市、撮影日:平成30年7月5日)

写真2 開花期の様子
(センター本部内、7月)
関連成果・記事
○研究レポートNo.876「イブキジャコウソウで畦畔法面を被覆して管理を省力・軽労化」(PDF
○先端プロ成果マニュアル「イブキジャコウソウで法面を被覆して畦畔管理を省力・軽労化」(PDF
 
この記事に関する連絡先
 〒024-0003 北上市成田20-1 TEL. 0197-68-4412、FAX. 0197-71-1081

  「らぼ・れたあ」H30・上半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ