Tweet
カメムシもりんごが好きなんです! 〜 りんごカメムシ類の発生量調査
岩手県病害虫防除所
(病害虫防除部病害虫防除課)
 毎日暑い日が続いています。りんご果実の肥大は順調に進んでいるようで、秋の収穫が待ち遠しいですね。

 さて、岩手県内では、主にチャバネアオカメムシとクサギカメムシの2種類のカメムシがりんごを加害します。
 カメムシは、山でのエサが不足すると、りんご園に飛来し果実に口針を刺して吸汁します(写真1)。刺されたりんごは商品価値がなくなるため、カメムシの発生状況には注意が必要です。しかし、常にりんご園で生活しているわけではないので、防除するタイミングが難しい害虫です。

 このため、病害虫防除所では、カメムシのりんご園への飛来状況を把握するため、カメムシを集める“臭い”を用いた「フェロモントラップ」(写真2)や光に集まる習性を利用した「誘殺灯」を使って定期的に発生量を調査しています。

 7月の調査で、成虫の飛来量、被害果の状況ともに平年並でしたが、8月は加害が心配される時期です。病害虫防除所では引き続き調査し、状況に応じ、防除に関する情報を発行しますが、カメムシの発生は園地によって大きく異なりますので、ぜひ、みなさんも自園地の状況を観察するようにしてください。
 
(主査 遠藤 歩美)
 

写真1 カメムシが口針を刺した跡(矢印)

写真2 フェロモントラップ(左)に誘引された
“チャバネアオカメムシ”(右)
関連成果・記事
○いわてアグリベンチャーネット「病害虫防除に関する情報・発生予報(病害虫発生予察情報)」(外部リンク)
○いわてアグリベンチャーネット「病害虫防除に関する情報・現在の発生状況(病害虫発生現況情報)」(外部リンク)
 
この記事に関する連絡先
 〒024-0003 北上市成田20-1 TEL. 0197-68-4427・4428、FAX. 0197-68-4316
 E-mail: CE0001★pref.iwate.jp (メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H30・上半期目次へ  
一つ前のトピックへ    
  トップページへ