Tweet
田んぼにまだ残していませんか?〜補植用取置苗に注意!
岩手県病害虫防除所
(病害虫防除部病害虫防除課)
 病害虫防除所では、6月前半まで田んぼでの「補植用取置苗」の放置、及びいもち病(葉)の発病状況を調査しました。
 取置苗を放置している田んぼは年々少なくなってきているものの(平成30年:5.9%/平年:12.9%)、今年もこの取置苗でいもち病(葉)の発病が確認されています。

 この取置苗は、密植で軟弱な状態にあり、いもち病の病原菌にとっては格好のエサ(感染しやすい状態の苗)になっています。
 6月下旬からは、いもち病菌が、田んぼのイネの葉に感染し、発病しやすい気象条件が続きます。取置苗はすでに処分されていると思いますが、もしや?と心当たりのある方は、改めて田んぼを見回り、速やかに土中に埋めるなど、処分しましょう!
 
(主任主査 猫塚 修一)
 

写真1 取置苗の放置状況(田んぼの写真)

写真2 取置き苗に発病したいもち病の様子
関連成果・記事
平成30年度農作物病害虫防除速報 第5号「いもち病(取置苗での発生状況)について 」(外部リンク)
○らぼ・れたあH29-No.19「決して怪しい者ではありませぬ〜 補植用取置苗の“いもち病”巡回調査
 
この記事に関する連絡先
 〒024-0003 北上市成田20-1 TEL. 0197-68-4427・4428、FAX. 0197-68-4316
 E-mail: CE0001★pref.iwate.jp(メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H30・上半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ