Tweet
おおきく、おいしくそだってね! 〜 地元保育園児のサツマイモ定植体験
県北農業研究所総務課
 

写真1 「さつまいも好きな人!」、「はーい!」
県北農業研究所では、幼児期から自然に触れ合うことの喜びや、食べ物を栽培する体験を通じて豊かな心を育む「食農保育」の推進につなげるために、保育園児を対象としたサツマイモの定植体験会を行っています。

 今年も、地元「軽米町立晴山保育園」の年少組から年長組までの園児25名の皆さんをお招きして、5月31日(木)に開催しました。

 当日は、雨が心配される空模様となりましたが、元気よくバスから降りた園児の皆さんは、当所職員から植え方の指導を受けた後、年長組から順番に畑に入り、準備した「紅はるか」と「紅あずま」の2品種のサツマイモの苗、約200本の植付けに取りかかりました。

 あらかじめ開けた穴の中に苗を差し込んだ後、「おおきくなあれ」、「おいしくなあれ」と声をかけながら、軍手をつけた小さな手で苗の周りの土をパンパンと勢いよく叩き、サツマイモの成長を楽しみにしている様子でした。秋には、大きく育ったサツマイモを掘り起こしていただく収穫体験会を予定しており、一層自然や土に親しんでいただきたいと思います。

 施設周辺は、折爪岳の麓に広がる景観のもと、水稲や雑穀、野菜など様々な農作物の生育とともに、色彩豊かに季節が移っていきます。当研究所では、子供会や各団体の参観を歓迎します。ご利用をお待ちしております。
 
(総務課長 柴田 博之)
 

写真2 「おおきくなあれ!おいしくなあれ!」

写真3 年少組さんも頑張って植えました
関連成果・記事
○らぼ・れたあH29-No.22「おおきくつくって みんなでたべよう! 〜 地元保育園児のサツマイモ定植体験
○らぼ・れたあH27-No.34「みてみて!大きなサツマイモがいっぱいとれたよ! 〜地元保育園児が収穫体験しました
 
この記事に関する連絡先
 〒028-6222 九戸郡軽米町大字山内23-9-1 TEL. 0195-47-1070、FAX. 0195-49-3011
 E-mail: CE0009★pref.iwate.jp(メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H30・上半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ