Tweet
地道に気長に続けています 〜 りんごの補給型施肥試験
環境部生産環境研究室

写真 りんごの春肥施用の様子
 岩手県では、平成21年から補給型施肥基準を盛り込んだ施肥管理指針を策定・運用しています。
 補給型施肥基準とは、圃場からの収穫物による肥料成分の「持ち出し量」と雨などによる土壌養分の「溶脱量」を、施肥で補給するという考え方に基づき設定されたものです。

 補給型施肥基準は、一定量の養分が土壌中に蓄積していることを前提にしており、従来の施肥基準よりもリン酸・カリの施肥量が低く設定されています。

 生産環境研究室では、平成26年からりんごの補給型施肥の試験を継続しており、今年度が5年目となります。4月中旬には、補給型施肥基準と従来の施肥基準に基づいた施肥量で施肥を行いました(写真)。

 今後、果実品質や樹体生育などに補給型施肥が与える影響を調査していきます。
 
 
(技師 白木 正俊)
 
関連成果・記事
○らぼ・れたあH29-No.9「配属から2ヶ月、日々奮闘中 〜 Fresher's voice 2017(2)
○らぼ・れたあH26-No.24「果実の管理も初体験!! 〜 りんごの補給型施肥試験
 
この記事に関する連絡先
 〒024-0003 北上市成田20-1 0197-68-4422、FAX. 0197-71-1085

  「らぼ・れたあ」H30・上半期目次へ  
一つ前のトピックへ    
  トップページへ