Tweet
新たな脅威「ウメ輪紋ウイルス」にご注意ください!
岩手県病害虫防除所
(病害虫防除部病害虫防除課)
 「ウメ輪紋ウイルス(PPV)」による病気について聞いたことはあるでしょうか?
 このウイルスは、ウメのほか、モモやスモモなどに感染し、葉に退緑斑点や輪紋が生じるほか、果実に斑紋が現れて商品価値が失われたり、落果により減収したりする重要な植物ウイルスです。

 日本では平成21年に東京都青梅市のウメで初めて確認され、平成28年までに12都府県で感染が確認されています。そのため国では、PPVの感染を拡大させないこと、そして根絶を図るために感染植物の抜根、持ち出し規制などの措置を講じています。例えば青梅市では、公園で観光資源とされていた千本以上のウメの樹が伐採されました。

 岩手県でも、この病気が県内に侵入していないか毎年調査を行っています。今年度も6月中旬に、病害虫防除所と農林水産省の職員合わせて4名で県内のモモの生産地を巡回し病徴の調査と葉のサンプリング調査を行い、このほど全ての調査園地で陰性と確定しました。
 病害虫防除所では、農家の方々はじめ関係機関の皆様のご協力の元、重要病害虫の発生・まん延を未然に防ぐための活動をしています。

 また、農林水産省では、PPVに感染した植物に関する情報を広く求めています。
 詳しくは、以下のURLをご覧ください(農水省のホームページへ移動します)。
 http://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/keneki/k_kokunai/ppv/ppv_information.html
 
(技師 廣田 志紀子)
 

写真 モモの樹のPPV調査をする病害虫防除所と横浜植物防疫所の職員
関連成果・記事
○らぼ・れたあH29-No.19「決して怪しい者ではありませぬ〜 補植用取置苗の“いもち病”巡回調査
○いわてアグリベンチャーネット「病害虫防除に関する情報」(外部リンク
 
この記事に関する連絡先
 〒024-0003 北上市成田20-1 TEL. 0197-68-4427・4428、FAX. 0197-68-4316
 E-mail: CE0001★pref.iwate.jp(メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H29・下半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ