Tweet
おがってくれよ、未来の種雄牛! 〜 日本短角種産肉能力検定(直接法)が始まりました
畜産研究所家畜育種研究室
 岩手県では、岩手県家畜及び鶏の改良増殖計画書をもとに、日本短角種の改良に取り組んでおり、優秀な種雄牛を造成し、まき牛として牧野で活躍してもらうため、毎年、種雄牛候補本牛の発育や飼料摂取効率を把握する「直接検定」を行っています。

 平成29年7〜8月にかけて、県内のエリート牧野(14牧区)で体型や血統、産肉能力等のデータをもとに予備選抜を行った候補牛の中から、いわて短角和牛改良推進協議会により15頭の直接検定牛を決定しました。直接検定牛は6〜7か月齢の若雄で、9月に畜産研究所に納入され、11月16日の直接検定開始から、2週間に一度の体重測定と毎日の採食量の計測を行っています。

 最終的に、検定終了後の平成30年5月頃に上位牛6頭が選抜されます。牧野で活躍できるたくましい種雄牛になるために、しっかり「おがって」くれよ!
 
(技師 土谷 のぞみ)
 

写真1 直接検定牛となった宮古市出身の「高花」号
朝の給餌後の様子です
(平成29年12月8日:畜産研究所肉牛舎で撮影)

写真2 放牧場での様子
給餌の時間なので牛舎近くに集まっていました
(平成29年12月8日:畜産研究所肉牛舎で撮影)
関連成果・記事
○らぼ・れたあH29-No.31「日本短角種の種雄牛候補牛の予備選抜、はじまりました。
○らぼ・れたあH29-No.14「将来を担う日本短角種種雄牛の選抜 〜 いわて短角和牛改良推進協議会が開催されました
 
この記事に関する連絡先
 〒020-0605 滝沢市砂込737-1 TEL. 019-688-4328、FAX. 019-688-4327
 E-mail: CE0010★pref.iwate.jp(メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H29・下半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ