Tweet
日本短角種一産取り肥育試験、2回目スタート!
畜産研究所家畜育種研究室
 岩手県は、日本短角種の飼養頭数は全国第1位ですが、飼養頭数の減少により肥育素牛となる子牛の安定的な確保が課題となっています。そこで畜産研究所では、肥育牛の約4割を占める雌牛を活用し、1産してから肥育する「一産取り肥育」の技術開発に昨年から取り組んでいます。

 1回目試験の牛たちは、現在、生後20か月齢が過ぎ、平成30年3月の分娩を控えているところです。今現在、順調におがって(育って)きてはいるのですが、これまでの課題として、放牧期間中の体重の減少が大きかったことが挙げられます。

 今回、平成29年度生まれの牛を導入し、平成29年11月28日から2回目の試験を開始しました。放牧地での体重の減少が大きくならないようにするため、1回目の試験よりも飼料の量を多く設計し、1回目と同様に病気なく過ごしていけるよう研究を進めていきます。
 
(技師 土谷 のぞみ)
 

写真1 朝の給餌の様子
設定したエサの量を与えます
(平成29年12月8日:畜産研究所肉牛舎で撮影)

写真2 体重測定時の様子
雌牛ですが、なかなかの面構え
(平成29年12月1日:畜産研究所肉牛舎で撮影)
関連成果・記事
○らぼ・れたあH29-No.44「試験牛種付完了、下山し肥育開始 〜 日本短角種一産取り肥育試験
○らぼ・れたあH29-No.21「肥育素牛、山へ登る 〜 日本短角種一産取り肥育試験牛自然交配開始
 
この記事に関する連絡先
 〒020-0605 滝沢市砂込737-1 TEL. 019-688-4328、FAX. 019-688-4327
 E-mail: CE0010★pref.iwate.jp(メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H29・下半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ