Tweet
県有種雄牛の底力を発揮! 〜 第61回岩手県畜産共進会(肉牛の部)
畜産研究所種山畜産研究室
 10月21日、岩手畜産流通センターにおいて「第61回岩手県畜産共進会(肉牛の部)が開催され、「花安勝」産子が名誉賞(第1位)と1等賞2席(第3位)を、「来待招福」産子が1等賞1席(第2位)を受賞し、県有種雄牛産子がトップ3を独占する快挙を成し遂げました。

 また、トップ3の他、「菊福秀」及び「緑乃大地」産子も1等賞となり、上位入賞10頭中5頭を県有種雄牛産子が占める好成績を収めました(いわゆる”霜降り”の度合いを示す「BMSNo.」(12段階評価)は5頭とも最高の「12」)。
 名誉賞を受賞した枝肉は、「ロース芯が大きく、肉の光沢、きめ、しまりも良好で、歩留基準値も高く、堂々たる造りの枝肉」との講評でした。

 「花安勝」産子は、昨年から今年にかけて開催された県内及び隣県における枝肉共励会・研究会でも上位入賞を果たしている他、今年9月に開催された「第11回全国和牛能力共進会」の第7区(総合評価群)においても、肉牛の部に出品した3頭のBMSNo.平均値が「10」と安定した成績を示し、その実力をいかんなく発揮しています。

 当研究室では「花安勝」をはじめとした県有種雄牛の情報発信を今後も積極的に継続し、より高能力の種雄牛作出に向けた取り組みを加速させていきます。
 
(主査専門研究員 高畑 博志)
 

写真1 名誉賞(第1位)の枝肉断面
血統:花安勝−菊安舞鶴−北国7の8
ロース芯面積85cm2、バラの厚さ8.8cm、BMSNo.12

写真2 1等賞1席(第2位)の枝肉断面
血統:来待招福−福之国−福桜(宮崎)
ロース芯面積91cm2、バラの厚さ8.2cm、BMSNo.12
関連成果・記事
○らぼ・れたあH27-No.42「県有種雄牛エースの力、健在! 〜 第59回岩手県畜産共進会肉牛の部
平成29年度「たねやま種雄牛だより」毎月更新!)※外部リンク
 
この記事に関する連絡先
 〒029-2311 気仙郡住田町世田米字子飼沢30 TEL. 0197-38-2312、FAX. 0197-38-2177
 E-mail: CE0034★pref.iwate.jp (メールを送信される際は、"★"を"@"に置き換えてください)

  「らぼ・れたあ」H29・下半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ