Tweet
生産者が集い、情報交換と生産連携で団結! 〜 「南部かしわ研究会」開催
畜産研究所家畜育種研究室
 畜産研究所では、地鶏JAS規格に適合した「南部かしわ」の素雛を生産し、県内の生産者へ供給しています。「南部かしわ」は、天然記念物である「岩手地鶏」の血を採り入れることにより、岩手県としてのオリジナル性を高めたものです。

 11月8日、雫石町の役場において「第28回南部かしわ研究会」を開催し、生産者や関係機関など28名の方に参加いただきました。 
 当研究所からは、新規研究課題である「国産穀類を主体的に利用した特産肉用鶏の飼料給与技術確立」の紹介と、全国の地鶏情勢に係る情報提供をしました。また、株式会社山人(西和賀町湯川温泉)の代表取締役 高鷹氏からは、同町において計画されている食鳥処理施設整備による南部かしわ振興について発表して頂きました。

 続く意見交換会では、主産地である雫石町と、今後生産振興に力を入れていく西和賀町が生産面で連携し、「南部かしわ」の振興を行うことで意見が一致しました。
 研究会終了後には、希望者に対し町内の飲食店で南部かしわ鶏肉を利用した「ビックつくね串」と「南部かしわ鶏卵の黄身かけハンバ−グ」などの試食会を行ったところ、ボリュ−ム感もあり、かつ「地鶏のコクとうま味」が出て大変おいしいと大好評でした。 
 
(上席専門研究員 吉田 登)

写真1 研究会の模様

写真2 「ビッグつくね串」とハンバーグ
関連記事
○らぼ・れたあH27-No.41「生産者が集い、情報交換を! 〜 『南部かしわ研究会』を開催しました
○らぼ・れたあH25-No.104「美味しさのヒミツは“南部かしわ”! 〜 第26回南部かしわ研究会で『雫石スープカレー』を堪能
 
この記事に関する連絡先
 〒020-0605 滝沢市砂込737-1 TEL. 019-688-4328、FAX. 019-688-4327
 E-mail: CE0010@pref.iwate.jp

  「らぼ・れたあ」H28・下半期目次へ  
一つ前のトピックへ   次のトピックへ
  トップページへ