説明: 岩手県感染症情報センター


感染症発生動向調査情報


 感染症発生動向調査 速報


21週(5月18日〜5月24日)の概要 

1類感染症

 ・患者発生の報告はありませんでした。

 

2類感染症

 患者発生の報告はありませんでした。

 

3類感染症

 ・患者発生の報告はありませんでした。 

 

4類感染症

 ・つつが虫病の報告が二戸地区から1例ありました。患者は60歳代の男性です。

  つつが虫病は、今年度1例目の報告です。症状は、高熱、発疹、頭痛で、脇の下や内股などの刺咬部には

 1cmほどのかさぶたができることが特徴です。東北では、5〜6月に患者が多く報告されています。

 田畑での作業や山菜取りなど、野外活動の際は、長袖長ズボンの着用、ディートやイカリジンを含む虫よけ剤の使用、

 帰宅後すぐの入浴と洗濯でダニに刺されない対策を。

 

5類感染症(全数把握対象疾患)

 ・カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症の報告が中部地区から1例ありました。患者は80歳代の男性です。

 

 ・百日咳の報告が久慈地区から6例ありました。患者は10歳代が3人、10歳未満が3人でした。

 

5類感染症(定点把握対象疾患 
 ・咽頭結膜熱は、例年、この時期から夏にかけて多くなります。発熱、咽頭炎、結膜炎を主症状とし、

 予防には手洗いやうがい、タオルを共用しないことが有効です。
 

〇指定感染症

 ・新型コロナウイルス感染症は、県内ではこれまで患者の届出はありません。

  緊急事態宣言は、全都道府県で解除されましたが、今後も引き続き注意が必要です。

  本疾患の感染経路は飛沫感染・接触感染で、肺炎等の重症例も一部見られ、死亡も報告されています。

  疑われる症状が出た場合には「帰国者・接触者相談センター」に御相談ください


 ・新型コロナウイルス感染症の県の対応は、岩手県ホームページLINE公式アカウント(@iwatevscovid19)で確認ができます。

  

 ・新型コロナウイルス感染症に関する情報《岩手県》

  https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/iryou/kenkou/jouhou/1026260.html 

     

 

 


感染症週報

第21週(5月18日〜5月24日)<NEW> 第20週(5月11日〜5月17日) 第10週(3月2日〜3月8日)
第19週(5月4日〜5月10日) 第9週(2月24日〜3月1日)
第18週(4月27日〜5月3日) 第8週(2月17日〜2月23日)
第17週(4月20日〜4月26日) 第7週(2月10日〜2月16日)
第16週(4月13日〜4月19日) 第6週(2月3日〜2月9日)
第15週(4月6日〜4月12日) 第5週(1月27日〜2月2日)
第14週(3月30日〜4月5日) 第4週(1月20日〜1月26日)
第13週(3月23日〜3月29日) 第3週(1月13日〜1月19日)
第12週(3月16日〜3月22日) 第2週(1月6日〜1月12日)
第11週(3月9日〜3月15日) 第1週(12月30日〜1月5日)

 

感染症月報PDF版)

令和元年   11月
令和元年   10月
令和元年   9月
令和元年   8月
令和元年   7月
令和元年   6月
令和元年   5月
平成31年   4月
平成31年   3月
平成31年   2月
平成31年   1月

週報・月報のバックナンバー

病原体検出情報PDF版)

バックナンバー:平成31年/令和元年
バックナンバー:平成30年
バックナンバー:平成29年
バックナンバー:平成28年

平成12年度

バックナンバー:平成27年

平成11年度

バックナンバー:平成26年

平成10年度

バックナンバー:平成25年

平成 9年度

バックナンバー:平成24年

平成13年42週以降の病原体検出情報は各週報及び月報に掲載しています。

バックナンバー:平成23年

バックナンバー:平成22年

バックナンバー:平成21年

バックナンバー:平成20年

バックナンバー:平成19年

バックナンバー:平成18年

バックナンバー:平成17年

バックナンバー:平成16年

バックナンバー:平成15年

バックナンバー:平成14年

バックナンバー:平成13年

感染症分布図

感染症の地域別発生動向を岩手県地図上で表しています。

疾病別・地区別グラフ

疾病別・地区別グラフ
(過去5年間の推移)

平成31年/令和元年 過去5年間の地区別流行状況を疾病毎に3Dグラフでみることができます。
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年

平成24年

平成23年

平成22年

平成21年

平成20年

平成19年

平成18年

平成17年

平成16年

平成15年

平成14年

平成13年

年齢階級別グラフ

年齢階級別グラフ
(過去5年間の推移)

平成31年/令和元年 過去5年間の年齢階級別流行状況を疾病毎に3Dグラフでみることができます。
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年

平成25年

平成24年

平成23年

平成22年

平成21年

平成20年

平成19年

平成18年

感染症情報は速報性を重視しているため、今後の調査などの結果に応じて若干の変更が生じることがありますが、その場合は週報上で訂正させていただきます。

 


 

感染症発生動向調査とは?


 平成11年4月に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」が施行され、厚生省からこの法に基づく「感染症発生動向調査事業実施要綱」が通知されました。

 この要綱に基づき、岩手県感染症情報センターでは、県内の医療機関から発信された感染症の患者発生情報を集約し、県民や関係機関に伝えることによって感染症のさらなる発生拡大の防止につとめています。

全数把握対象疾患:

 厚生省令で定める1類〜4類及び5類のうち法で定められた疾患で、医師は該当する患者を診断したときは、最寄りの保健所に届出なければなりません。
 週報では、県内で発生した過去5週の患者数を一覧表にして掲載しています。

定点把握対象疾患:

 5類感染症のうち厚生省令で定めた疾患で、県が指定した定点医療機関が患者の発生状況を毎週(月)保健所に届出ています。
 週報と月報では過去5週(月)の県内と全国の患者発生状況を一覧表で掲載しているほか、今年と前年の患者発生状況をグラフで掲載しています。

 


説明: Home