■児童虐待とは

○児童虐待の種類は次の4つに分類されます。

角丸四角形: 身体的虐待
殴る、蹴る、投げ飛ばす、首を絞める、溺れさせる、タバコの火を押し付ける、戸外に閉め出す、縄などで身体を拘束するなど
角丸四角形: 性的虐待
子どもへの性交、性的いたずら、性器や性交を子どもに見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど

 

 

 

 

 

 

 

 

角丸四角形: ネグレクト
(養育の拒否、保護の怠慢)
家に閉じ込める、病気やけがをしても病院につれて行かない、ひどく不潔のままにする、適切な食事を与えない、同居人の暴力を放置するなど
角丸四角形: 心理的虐待
言葉によるおどし、脅迫、無視、兄弟間の差別的な扱い、子どもの前でDV(ドメスティック・バイオレンス)等家族への暴力行為を行うなど

 

 

 

 

 

 

 

 


○具体的には、こんなことが見られます。(これ以外のこともあります。)

★虐待を疑わせるサイン

角丸四角形: ○	子どもが繰り返し叩かれ、罵られ、怖がっている。
○	暗くなっても家に入れない子どもがいる。
○	叩くような物音や、子どもの叫び声、泣き声がする。
○	不自然なあざや切り傷、やけどなどがある。
○	衣服や身体が不潔である。
○	基本的な生活習慣が身についていない。
○	親の養育態度が過度に厳しい。
○	子どもがケガをしたり病気になっても、医者に見せようとしない。
○	親が小さな子どもを置いたまま、しょっちゅう外出している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


通告は子どもを守るためのものです。虐待を発見(疑われる場合も)したら、勇気をもって連絡してください。連絡(通告)が間違いであっても責任は問われず、秘密も守られます。


 

 

 


1.「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)

  →通告は義務=権利

2.「しつけのつもり・・・」は言い訳

  →子どもの立場で判断

3.ひとりで抱え込まない

  →あなたにできることから即実行

4.親の立場より子どもの立場

  →子どもの命が最優先

5.虐待はあなたの周りでも起こりうる

  →特別なことではない

(厚生労働省リーフレットより抜粋)

 

 

角丸四角形: 「おかしい」「気になる」「心配」と感じたら迷わず相談窓口に連絡(通告)をお願いします。

 

 

 

 


相談窓口

・最寄りの各市町村児童福祉担当課

・県の福祉事務所(各振興局保健福祉環境部)

・児童相談所

  岩手県福祉総合相談センター  TEL:019(629)9608

(センターでは児童虐待などの緊急通報や相談は、日中・夜間を問わず受け付けています。)

 

当センターのほか、一関児童相談所、宮古児童相談所もあります。

管轄はこちら

 

 

 

 

児童相談のページへ戻る