ニュース・イベント案内

過去のニュース・イベントへ

2016年12月28日(水)
世界遺産登録5周年記念 
第17回平泉文化フォーラムを開催します!
 

           今年度の平泉文化フォーラムは、下記のとおり2日間にわたって開催されます。
           基調講演は、東北学院大学文学部教授の佐川正敏先生にお話しいただきます。


  【基調講演】
     佐川 正敏 氏 (東北学院大学文学部教授)


  
【演題】
     「考古学からみた仏教文化東漸の諸相と仏都平泉の形成」
 
       ※東漸(とうぜん):東の方へ次第に伝わること。

   <日時>
      平成29年1月21日(土) 13:00〜17:25 (受付 12:30〜)
      平成29年1月22日(日)  9:15〜12:00 (受付 9:00〜)
      
   <会場>
      奥州市文化会館Zホール(奥州市水沢区佐倉河字石橋41) 
        Zホールへのアクセスはコチラ (クリックすると奥州市文化会館のホームページに移動します。)
                  
   
   <日程>
   【1日目】
   12:30〜     受 付
   13:00〜     開会行事
   13:15〜14:45  基調講演
   15:05〜17:25  遺跡報告と共同研究発表
              @遺跡報告 「無量光院跡の調査報告」 平泉教育委員会
              A遺跡報告 「柳之御所遺跡の調査報告」 岩手県教育委員会
              B共同研究発表  岩手大学平泉文化研究センター 劉海宇 氏
               「唐代における金銀字一切経と五台山金閣寺
                                    −東アジアの視点から見た中尊寺の金銀字経(その一)−」 

              C共同研究発表  岩手大学平泉文化研究センター 會澤純雄 氏             
               「ポータブル複合X線分析による白磁と青磁の胎土分析(その2)-中国および平泉出土資料の比較」
              D共同研究発表 宮城県教育庁 滑川敦子 氏
               「前九年合戦前夜の陸奥と京都−小一条院をめぐる貴族社会の動向から−」」

   【2日目】
    9:00〜      受 付
    9:15〜12:00  遺跡報告と共同研究発表
              @遺跡報告 「白鳥舘遺跡の調査報告」 奥州市教育委員会
              A遺跡報告 「骨寺村荘園遺跡の調査報告」 一関市教育委員会
              B共同研究発表  青森県埋蔵文化財調査センター 中澤寛将 氏
               「北東アジアからみた平泉文化の特質」
              D共同研究発表  國學院大學 荒木優也 氏
               「共振するイメージ−西行「束稲山」詠について−」
              E共同研究発表  山形県立米沢女子短期大学 佐藤健治 氏
               「平安後期の京都と奈良」
              F研究集会報告 「奥州藤原氏が構想した理想世界」 岩手県教育員会ほか
    12:00       閉 会

             ●入場は無料、事前申し込み不要ですので、是非ご参加ください。
                  (画像をクリックするとチラシ(PDF)に移動します。)
        
   

2016年9月23日(金)
世界遺産登録5周年記念
柳之御所遺跡出土「カエル板絵(実物)」を期間限定公開します!!
終了しました。
 平成24年度の発掘調査で、岩手県平泉町の柳之御所遺跡から「カエル板絵折敷」が出土しました。
 「カエル板絵折敷」は、約4×10センチメートルの折敷片(※)で、擬人化されたカエルがススキと扇を持っている絵が墨で描かれています。 『鳥獣人物戯画』(12世紀中頃)とほぼ同時期のものと推測されます。
 世界遺産平泉PRキャラクター「ケロ平」は、この描かれているカエルをモチーフに誕生しました。

 資料保護のため常設的な展示が難しく、普段はレプリカを展示している「カエル板絵」の実物を期間限定で公開します。
 
  【公開期間】
   平成28年10月1日(土)〜10月16日(日) 
  
 

  【公開場所】
   柳之御所資料館(岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽108-1)
    電話:0191-34-1001
    開館時間:午前9時〜午後5時

         入場無料です。みなさまの御来場をお待ちしております。

 ※折敷とは:木製のお盆
カエル板絵折敷
カエル板絵折敷
世界遺産PRキャラクター ケロ平
世界遺産PRキャラクター「ケロ平」

 イベント情報盛りだくさん。平泉世界遺産登録5周年ホームページはこちら →http://hiraizumi-5.com/
 
 全国各地で活躍中 ケロ平の情報はfacebookで発信中 → ケロ平facebook

2016年9月13日(火)
柳之御所遺跡第78次発掘調査および高館跡第9次発掘調査の現地説明会を開催します

終了しました。
現地説明会の様子と資料はこちら→現地説明会資料


 平成28年9月24日(土)に、柳之御所遺跡と高館跡の現地説明会を開催いたします。
柳之御所遺跡の今年度の調査区域は県道の南側の堀内部地区南端部です。
また、高館跡の調査成果について説明します
 当日は少々の雨天でも説明会を実施します。
足元がすべりやすく、靴が汚れやすい箇所がいくつもありますので、必ず運動靴や長靴等でおいで下さい。

【開催要項】

1.日 時  9月27日(土) 午後1:00〜(2時間程度)
2.場 所  柳之御所遺跡発掘調査現場

 ■ 柳之御所遺跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
※町内の観光地巡回バス「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所バス停下車)
  1回乗車 大人:150円 小人:80円
   一日フリー乗車券 400円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。
  
(時刻表はこちらからごらんになれます)
 ・車の方は、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
           (国道4号平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)
  
3.概 要
 (1)柳之御所遺跡において、外側の堀跡から内側の堀跡の位置を確認しました。
 (2)柳之御所遺跡の2条の堀跡周辺において、大規模な整地地業を確認しました。
 (3)高館跡において、堀跡の位置を確認しました。

現地説明会マップ


地図をダウンロードすることができます(PDF)

※ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

     岩手県教育委員会 平泉遺跡群調査事務所 (TEL:0191−46−2820)


2016年1月15日(金)
 第16回平泉文化フォーラムを開催します! 

           今年度の平泉文化フォーラムは、下記のとおり2日間にわたって開催されます。
           基調講演は、東京大学大学院教授の佐藤信先生にお話しいただきます。


  【基調講演】
     佐藤 信 氏 (東京大学大学院教授)


  
【演題】
     「日本史上の平泉の位置-古代国家から中世への変換-」


   <日時>
      平成28年1月30日(土) 13:00〜17:25 (受付 12:30〜)
      平成28年1月31日(日)  9:15〜12:00 (受付 9:00〜)
      (終了しました。)
   <会場>
      一関文化センター(一関大手町2-16)

                      
   
   <日程>
   【1日目】
    12:30〜     受 付
    13:00〜     開会行事
    13:15〜14:45  基調講演
    15:05〜17:25  遺跡報告と共同研究発表
                @遺跡報告 「骨寺村荘園遺跡の調査報告」
                A遺跡報告 「柳之御所遺跡の調査報告」
                B共同研究発表  岩手大学平泉文化研究センター 伊藤博幸 氏
                  「日本中世における平泉寺の立地について」 
                C共同研究発表  岩手大学平泉文化研究センター 會澤純雄 氏,、
                                                  平原英俊 氏、
                                                  三浦謙一 氏
                  「ポータブル複合X線分析による白磁と青磁の胎土分析-中国及び平泉出土資料の比較」                          D共同研究発表 宮城県教育庁 滑川敦子 氏
                  「11世紀における陸奥と京都」

   【2日目】
     9:00〜      受 付
     9:15〜12:00  遺跡報告と共同研究発表
                @遺跡報告 「無量光院跡の調査報告」
                A遺跡報告 「白鳥舘遺跡の調査報告」
                B共同研究発表  山形大学 荒木志伸 氏
                  「平泉の四面廂建物と古代官衙遺跡との比較研究」
                D共同研究発表  奈良女子大学 前川佳代 氏
                  「平泉の都市生活-都市と祭礼」
                E共同研究発表  東北学院大学 七海雅人 氏
                  「平泉藤原氏の権力基盤に関する基礎的研究・中間報告(3)」
    12:00       閉 会

             ●入場は無料、事前申し込み不要ですので、是非ご参加ください。
     
            
   

2015年9月15日(火)
柳之御所遺跡第77次発掘調査および高館跡第8次発掘調査の現地説明会を開催します

 平成27年10月3日(土)に、柳之御所遺跡と高館跡の現地説明会を開催いたします。
柳之御所遺跡の今年度の調査区域は県道の南側の堀内部地区南端部をになります。
また、高館跡は8月から調査が開始され、その成果について説明会を行います。
 当日は少々の雨天でも説明会を実施します。
足元がすべりやすく、靴が汚れやすい箇所がいくつもありますので、必ず運動靴・長靴等でおいで下さい。

【開催要項】

1.日 時  10月3日(土) 午前10:30〜                               (終了しました。)
2.場 所  柳之御所遺跡発掘調査現場  

 ■ 柳之御所遺跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所資料館まで来ます)
  1回乗車 大人:150円 小人:80円
   一日フリー乗車券 400円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。
  
(時刻表はこちらからごらんになれます)
 ・車の方は、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
           (国道4号平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)
  
3.概 要
 (1)柳之御所遺跡において、外側の堀跡から内側の堀跡の位置を改めて確認しました。
 (2)堀跡周辺において、整地地業や柱穴跡、焼土遺構を確認しました。
 (3)高館跡において、掘立柱建物跡とみられる柱穴などの遺構を確認しました。

現地説明会マップ


地図をダウンロードすることができます(PDF)

※ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

     岩手県教育委員会 平泉遺跡群調査事務所 (TEL:0191−46−2820)



2015年4月27日(月)
柳之御所遺跡出土「カエル板絵」を限定公開します!!

 平成24年度に岩手県平泉町の柳之御所遺跡から出土した「カエル板絵」を公開します。

 資料保護のため、常設的な展示が難しい「カエル板絵」ですが、期間限定の公開です!!

  【公開期間】
   平成27年5月1日(金)〜5月10日(日) 開館時間:午前9時から午後5時
  
 (終了しました。)

  【公開場所】
   柳之御所資料館(岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽108-1)
    電話:0191-34-1001


     入場無料です。たくさんの方々の御来場をお待ちしております。

    (公開の様子)

カエル板絵限定公開