ニュース・イベント案内


2015年2月9日(月)
第2回平泉遺跡群調査整備指導委員会が開催されました
今年度2回目の平泉遺跡群調査整備指導委員会が、2月5日(木)、6日(金)の2日間にわたって開催されました。

初日は、無量光院跡の整備について委員の先生方から指導をいただいた後、
道の駅「平泉」の建設予定地を視察いたしました。






現地指導終了後は、平泉文化遺産センターにて2日間にわたり指導委員会が開催されました。





平泉の文化遺産の今年度の発掘調査成果が報告され、
来年度以降の調査や整備の方向性について協議がなされました。
平泉の世界遺産の保存管理はもちろん、拡張登録へ向けた取り組みも
着実に進められています。

2014年12月24日(水)
 第15回平泉文化フォーラムを開催します! 

           今年度の平泉文化フォーラムは、下記のとおり2日間にわたって開催されます。
           基調講演は、人間文化研究機構前理事の小野正敏先生にお話しいただきます。


  【基調講演】
     小野正敏 氏 (人間文化研究機構前理事)


  
【演題】
     「平泉、鎌倉、一乗谷 − 都市・館・威信財にみる武家権力」


   <日時>
      平成27年1月24日(土) 13:00〜17:20 (受付 12:30〜)
      平成27年1月25日(日)  9:15〜12:20 (受付 9:00〜)

   <会場>
      水沢グランドホテル (奥州市水沢区東町40)

                      
   
   <日程>
   【1日目】
    12:30〜     受 付
    13:00〜     開会行事
    13:15〜14:45  基調講演
    15:00〜17:20  遺跡報告と共同研究発表
                @遺跡報告 「白鳥舘遺跡の調査報告」
                A遺跡報告 「柳之御所遺跡の調査報告」
                B遺跡報告 「無量光院跡の調査報告」
                C共同研究発表  荒木志伸 氏 
                              「平泉の四面廂建物−その特徴と立地−」 
                D共同研究発表  誉田慶信 氏 
                              「院政期平泉の仏会と表象に関する歴史学的研究」 
                                                   
                E平成26年度研究集会 「アジア都市史における平泉」報告
   【2日目】
     9:00〜      受 付
     9:15〜12:20  遺跡報告と共同研究発表
                @共同研究発表  前川佳代 氏
                              「12世紀平泉の暮らし」
                A遺跡報告 「骨寺村荘園遺跡の調査報告」
                B遺跡報告 「伽羅御所跡の調査報告」
                C共同研究発表  滑川敦子 氏
                              「11世紀平安貴族社会における陸奥国の位置づけ」
                D共同研究発表  七海雅人 氏
                             「平泉藤原氏の権力基盤に関する基礎的研究・中間報告(2)」
                E共同研究発表  伊藤博幸 氏
                              「日本国内における「平泉寺」について」
    12:20       閉 会

                  ●入場は無料ですので、是非ご参加ください。
     
            
   

2014年11月25日(火)
 柳之御所資料館および史跡公園の年末年始の休業日のお知らせ 
柳之御所資料館および史跡公園では、年末年始を下記のとおり休業させていただきます。

年末年始休業期間

平成26年12月27日(土)〜平成27年1月4日(日)


※1月5日(月)から平常通り開館いたします。

2014年9月29日(月)
柳之御所遺跡第76次発掘調査および高館跡第7次発掘調査の現地説明会を開催します

 平成26年10月4日(土)に、柳之御所遺跡と高館跡の現地説明会を開催いたします。
柳之御所遺跡の今年度の調査区域は県道の南側の堀内部地区南西端部をになります。
また、高館跡は8月から調査が開始され、その成果について説明会を行います。
 当日は少々の雨天でも説明会を実施します。
足元がすべりやすく、靴が汚れやすい箇所がいくつもありますので、必ず運動靴・長靴等でおいで下さい。

【開催要項】

1.日 時  10月4日(土) 午前10:30〜                                 
2.場 所  柳之御所遺跡発掘調査現場  

 ■ 柳之御所遺跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所資料館まで来ます)
  1回乗車 大人:150円 小人:80円
   一日フリー乗車券 400円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。
  
(時刻表はこちらからごらんになれます)
 ・車のかたは、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
           (国道4号平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)
  
3.概 要
 (1)柳之御所遺跡において、外側の堀跡から内側の堀跡への作り替えを改めて
   確認しました。                                   
 (2)堀跡周辺において、地業の痕跡とみられる人為的な堆積土を確認しました。
 (3)高館跡において、掘立柱建物跡とみられる柱穴などの遺構を確認しました。




地図をダウンロードすることができます(PDF)

※ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

     岩手県教育委員会 平泉遺跡群調査事務所 (TEL:0191−46−2820)


2014年9月22日(月)
 平泉遺跡群調査整備指導委員会が開催されました 
9月18日、19日の両日、平泉遺跡群調査整備指導委員会が開催されました。
18日は柳之御所遺跡をはじめ、各遺跡の現地指導が行われました。



白鳥舘遺跡での現地指導の様子です。
井戸跡の検出などが説明されました。




高館での現地指導の様子です。
柱穴が見つかり、建物があった可能性もあることから
今後の調査に期待が寄せられます。




柳之御所遺跡での外堀と内堀についての説明の様子です。
これまでの調査と関連した遺構が検出されています。




無量光院での現地指導の様子です。
整備に向けての調査が着々と進んでいます。




伽羅御所での現地指導の様子です。
堀跡が検出されています。




一関・骨寺村遺跡での現地指導です。
並んだ柱穴の検出状況を説明しています。
この他、塚の性格についての指導が行われました。


19日は平泉町役場で、平泉遺跡群の今後の整備方針や
保存管理の方向性などについて協議が行われました。
この会議の結果に基づき、今後遺跡の整備・保存を行っていきます。

2014年6月9日(月) 
 柳之御所資料館で「カエル板絵」公開中です!! 
   6月2日から29日まで、柳之御所資料館で「カエル板絵」の期間限定公開を行っています。
  FM岩手さんにも取材にきていただきました。
    
      子ども達も、熱心に見学していました。


    カエル板絵の展示は、6月29日までです。
    柳之御所資料館にいらっしゃって、カエルとご対面ください!!


2014年6月2日(月) 
 「平泉世界遺産の日」制定 世界遺産登録3周年記念講演会開催 

 5月31日に、平泉小学校体育館で、「平泉世界遺産の日」制定と、世界遺産登録3周年を記念して記念講演会が行われました。
 
 

     東北大学教授の泉武夫先生には、
    「柳之御所遺跡出土の板絵の意義」と
    題して、ご講演いただきました。












  講演会終了後には、保存処理から戻ってきた、柳之御所遺跡出土の「カエル板絵」の公開と、専門員による解説が行われました。

       


  皆さん熱心に解説を聞いていらっしゃいました。        専門員への質問にも熱が入ります。


  カエル板絵は、6月1日(日)から6月29日(日)までの期間限定で公開展示中です!!
  皆さん、ぜひ柳之御所資料館までおいでください!


   柳之御所資料館・・・平泉町平泉字伽羅楽108−1 (0191-34-1001)



2014年5月23日(金) 
 柳之御所遺跡出土 カエル板絵初公開!! 公開記念講演会開催 
 
 
平成24年度に柳之御所遺跡から出土したカエル板絵が保存処理から帰ってきました。
 「平泉世界遺産の日」条例制定と世界遺産登録3周年を記念して、東北大学教授の泉武夫先生による記念講演会を開催し、カエル板絵を初めて公開します。

 
【公開記念講演会】
  
  <日時>  平成26年5月31日(土) 開場 12:30  開会 13:30

  
<場所>  平泉小学校 体育館 (平泉町平泉字倉町155)

  
<講師>  泉 武夫 先生 (東北大学教授)
 
 
 
○講演会の前後に、会場にてカエル板絵の公開と資料解説を行います。

 ※会場には駐車場がありませんので、公共交通機関または近隣の駐車場をご利用ください。

 
【期間限定 カエル板絵展示】

  <日時> 平成26年6月1日(日)〜6月29日(日) 開館時間 9:00〜17:00 

  <場所> 柳之御所資料館 (平泉町平泉字伽羅楽108−1)

                        たくさんの方々のご来場をお待ちしております!!


2012年12月27日(木)
『第14回 平泉文化フォーラム』開催のお知らせ   
今年度の第14回 平泉文化フォーラムは、下記のとおり2日間にわたって開催されます。
テーマは「仏教建築にみる平泉の特質」 で、基調講演は、東京工芸大学名誉教授の清水擴先生にお話し頂きます。

【基調講演】

 清水 擴  氏 
(東京工芸大学名誉教授)

≪ 演 題 ≫

 『仏教建築にみる平泉文化の特質』



<日 時>   平成26年2月1日(土) 13:00〜17:15 (受付 12:30〜) 
                 2月2日(日)  9:15〜12:00 

<会 場>   一関文化センター  中ホール
          (一関市大手町2−6)

   ※駐車場に限りがありますので、乗り合わせてのご来場にご協力ください。



<日 程>
【1日目】
12:30〜

13:00〜

13:10〜14:40



14:55〜17:00






【2日目】
9:00〜

9:15〜









11:55〜

受 付

開会行事

【基調講演】 
 清水 擴 氏 (東京工芸大学名誉教授)
  『仏教建築にみる平安文化の特質』
             

【遺跡報告と共同研究発表】
@遺跡報告 「無量光院跡の調査成果」
A遺跡報告 「骨寺村荘園遺跡の調査成果」 (
B遺跡報告 「白鳥舘遺跡の調査成果」
C「四面廂建物からみた平泉の都市景観」 (荒木 志伸 氏)
D「藤原清衡と「平泉」思想」 (伊藤 博幸 氏)
E平成25年度研究集会「日本都市史のなかの平泉」報告


受 付

【遺跡報告と共同研究発表】
@遺跡報告 「柳之御所遺跡の調査成果」 
A遺跡報告 「伽羅之御所跡ほかの調査成果」
B「平泉藤原氏の権力基盤に関する基礎的研究」 (七海 雅人 氏)
C「平泉仏教の歴史的性格に関する文献資料学的考察」 
                                (誉田 慶信 氏)
D「平泉の食文化」 (前川 佳代 氏)
E「12世紀前後における奥州藤原氏文化と北海道の関連について
  −鍋と玉−」   (越田 賢一郎 氏)

閉会・終了

   ★入場は無料ですので、是非ご参加下さい。途中参加も可能です。


○パンフレットを印刷することができます(PDF版) ダウンロード(表)
                                    ダウンロード(裏)



2012年9月21日(金)
柳之御所遺跡第75次発掘調査の現地説明会を開催します!  
 
 平成25年9月28日(土)に、柳之御所遺跡(第75次調査)の現地説明会を行います。
 6月からはじまった今年度の調査範囲は堀内部地区の西端部。猫間が淵や無量光院跡の隣接地です。
 当日は雨天でも開催する予定ですが、足元がすべりやすく、靴が汚れやすい箇所がいくつもありますので、必ず運動靴・長靴等でおいで下さい。



 【開催要項】
    
  1.日 時  平成25年9月28日(土) 11:00〜 (1時間程度)

  2.場 所  柳之御所遺跡発掘調査現場(下の案内をご覧下さい)
    
 ■ 柳之御所遺跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所資料館まで来ます)
  1回乗車 大人:140円 小人:70円
   一日フリー乗車券 400円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。
  
(時刻表はこちらからダウンロードできます)

           ・車のかたは、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
           (国道4号平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)


  3.概 要   
 (1) 柳之御所遺跡をめぐる2条の堀跡の走行方向を確認することができました。堀跡については一部精査を行い、他地点との差異など構造を把握することができました。

 (2) 猫間が淵及び無量光院跡隣接地での整地を確認できました。このことにより、この範囲での堀構築時に一連の地業が行われたことが判明しました。







 
      ○地図を印刷することができます(PDF版) ダウンロード  
   

 




      ※荒天時やご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

     岩手県教育委員会 平泉遺跡群調査事務所 (TEL:0191−46−2820)

                                


2012年12月27日(木)
『第13回 平泉文化フォーラム』開催のお知らせ   
今年度の第13回 平泉文化フォーラムは、下記のとおり2日間にわたって開催されます。
テーマは「平泉の文化遺産の可能性〜今後の調査・活用への期待〜」 で、基調講演は、奈良大学教授の坂井秀弥先生にお話し頂きます。

【基調講演】

 坂井 秀弥 氏 
(奈良大学教授)

≪ 演 題 ≫

 『平泉の文化遺産〜今後の調査・活用への期待〜』



<日 時>   平成25年2月2日(土) 13:00〜16:45 
                 2月3日(日)  9:15〜12:00 

<会 場>   奥州市文化会館Zホール  中ホール
          (奥州市水沢区佐倉河字石橋41番地)

   ※駐車場に限りがありますので、乗り合わせてのご来場にご協力ください。



<日 程>
【1日目】
12:30〜

13:00〜

13:10〜14:40



14:55〜17:00






【2日目】
8:45〜

9:15〜









11:55〜

受 付

開会行事

【基調講演】 
 坂井 秀弥 氏 (奈良大学教授)
  『平泉の文化遺産の可能性〜今後の調査・活用への期待〜』
             

【遺跡報告と共同研究発表】
@遺跡報告 「柳之御所遺跡の調査成果」
A遺跡報告 「白鳥舘遺跡の調査結果」 (
B「平泉出土文字資料の再検討その2」 (岡 陽一郎 氏)
C「出土資料に見える商代の苑池」 (藪 敏裕 ・ 劉 海宇 氏)
D遺跡報告 「骨寺村荘園遺跡の調査成果」


受 付

【遺跡報告と共同研究発表】
@遺跡報告 「無量光院跡の調査成果」 
A遺跡報告 「毛越寺庭園跡の調査成果」
B「平泉文化の鍋と玉―北海道とのつながり―」 (越田 賢一郎 氏)
C「中国の地方都市と平泉」 (吉田 歓 氏)
D日本中世仏教と平泉 (誉田 慶信 氏)

閉会・終了

   ★入場は無料ですので、是非ご参加下さい。途中参加も可能です。


○パンフレットを印刷することができます(PDF版) ダウンロード(表)
                                    ダウンロード(裏)




2012年9月21日(金)
柳之御所遺跡の現地説明会を開催します!  
 
 平成24年9月29日(土)に、柳之御所遺跡(第74次調査)の現地説明会を行います。
 6月からはじまった今年度の調査範囲は堀内部地区の北端部。昨年度調査(第73次)調査の続きの位置になります。
 当日は雨天でも開催する予定ですが、足元がすべりやすく、靴が汚れやすい箇所がいくつもありますので、必ず運動靴・長靴等でおいで下さい。




 【開催要項】
    
  1.日 時  平成24年9月29日(土) 10:30〜 (1時間程度)

  2.場 所  柳之御所遺跡発掘調査現場(下の案内をご覧下さい)
    
 ■ 柳之御所遺跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所資料館まで来ます)
  1回乗車 大人:140円 小人:70円
   一日フリー乗車券 400円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。
  
(時刻表はこちらからダウンロードできます)

           ・車のかたは、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
           (国道4号平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)


  3.概 要   
 (1) 堀内部地区北端部について、これまで想定されていた2条の堀跡の延長を確認しました。堀跡については遺構精査を行い、遺構状況を把握することができました。

 (2)2条の堀跡について、それぞれの精査を行い様相を把握することができました。断面形状に大きな差がみられることや、堆積の様相に差があることを確認し、時期等を検討する材料を得ることができました。外側の堀跡については一部で改修の痕跡があることや複雑な地業が行われていること、内側の堀跡については急峻な断面をしてることなどが明らかとなりました。




 
      ○地図を印刷することができます(PDF版) ダウンロード  
   

 




      ※荒天時やご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

     岩手県教育委員会 平泉遺跡群調査事務所 (TEL:0191−46−2820)

                                

2012年8月28日(金)
平泉遺跡群出土文字資料検討会中間報告会開催のお知らせ   
 岩手県教育委員会では、平泉文化研究機関整備推進事業の共同研究の一環として平泉遺跡群から出土した文字資料の検討を進めて参りました。そこで、下記の日程で中間報告会を開催し、これまでの検討成果の報告を行うとともに、研究者の皆様からもご意見をお伺いしたいと考えております。関係各位のご参加をお待ちしております。また、お近くの関係者の方々にもお知らせいただけましたら幸いです


1 趣旨
 
柳之御所遺跡ほか平泉遺跡群からはこれまでの調査により多くの文字資料が出土している。しかし、解読可能なものが少ないことや、調査が広域にまたがり長期間にわたっていることから、研究に活かされてきた資料は決して多くない。そこで出土した文字資料を改めて検討し、釈読することにより12世紀平泉の諸様相にせまる材料としたい。

2 主催  岩手県教育委員会・平泉町教育委員会

3 日時  平成241111日(日)午前1045分〜午後4時30

4 会場  一関文化センター 小ホール(一関市大手町2-16
         (一ノ関駅西口から徒歩5分です)

5 対象  平泉文化等に関する研究者 60

6 内容                            
  10:4510:50 あいさつ、趣旨説明                 

  10:5011:00 平泉遺跡群出土文字資料の概要     岡 陽一郎(兵庫大学)

  11:0011:10 柳之御所遺跡堀内部・外部地区の概要  
                                      平泉遺跡群調査事務所

  11:1011:20 平泉町内遺跡の概要            平泉文化遺産センター

  11:2011:30 質疑

  11:3011:55 平泉館における文字の世界        岡 陽一郎(兵庫大学)

  11:5512:55 昼食休憩

  12:5513:20 平泉文字資料の筆跡            平田光彦(岩手大学)

  13:2013:45 「人々給絹日記」の基礎的考察      七海雅人(東北学院大学)

  13:4514:10 柳之御所遺跡出土の和歌状の書付について   
                                   時田里志(宮古高校)  

  14:1014:20 かわらけ外面の文字…二つの解釈 
                                   佐藤嘉広(岩手県教育委員会)

  14:2014:30 比爪館跡出土墨書かわらけについて  阿部勝則(岩手県立博物館)

  14:3014:40 平泉遺跡群出土片仮名文字について  
                                     小岩弘明(一関市博物館)

  14:4014:55 休憩

  14:5516:25 討議                      司会:菅野文夫(岩手大学)

  16:2516:30 閉会あいさつ              


7 参加料・参加受付 
  参加無料。ただし、別紙様式によるメール又はファックスでの申し込みが必要となります。
( ※申込書のダウンロードはこちらから )

(締切112日(金)、ただし、定員に達し次第受付終了)

当日、情報交換会を予定しております。参加を希望される場合は合わせてお申し込みください。

時間:17001900

場所:一関駅前

会費:4,500円程度(研究会受付時に徴収)

     申込先:岩手県平泉遺跡群調査事務所(担当:櫻井友梓)

         メール:tomoharu-sakurai@pref.iwate.jp

         ファックス:0191-46-2820

8 問合せ先 岩手県平泉遺跡群調査事務所 電話0191-46-2820


<会場案内図>







2012年1月6日(金)
『第12回 平泉文化フォーラム』開催のお知らせ   
今年度も第12回 平泉文化フォーラムを、下記のとおり2日間にわたって開催します。
テーマは「世界遺産登録後の平泉を考える」 で、基調講演は、放送大学教授の、五味文彦先生にお話頂きます。

【基調講演】

 五味 文彦 氏 
(放送大学教授)

≪ 演 題 ≫

 『世界遺産登録後の平泉を考える』


 要 旨
 平泉が世界遺産に登録され、喜ばしいことではあるが、その魅力は浄土思想という面だけに尽きるのではなく、もっと深く、広がりがあることを忘れてはならない。その点を様々な面から検討したい。

一つに奥州・北方地域に育まれてきた独自な文化、二つに京都の文化との関わり、そして三つに鎌倉の文化への橋渡し、それぞれ多角的に探り、平泉の魅力を改めて考える。

以上の検討を通じて、今後の文化財の保護や活用に資するような提言ができればと思う。いうまでもなく世界遺産登録は始まりに過ぎないのである。


<日 時>   平成23年2月4日(土) 13:00〜16:45 
                 2月5日(日)  9:15〜12:00 

<会 場>   一関文化センター中ホール 0191-21-2121
          (一関市大手町2-16 → 一ノ関駅西口から徒歩5分です)

   ※ 駐車場が狭いため、乗り合わせてのご来場にご協力ください。



<日 程>
【1日目】
12:45〜

13:00〜

13:30〜14:50



15:10〜16:45






【2日目】
8:45〜

9:15〜









12:00

受 付

開会行事

【基調講演】 
 五味 文彦 (放送大学教授)
  『世界遺産登録後の平泉を考える』
             

【遺跡報告と共同研究発表】
@柳之御所遺跡の調査成果  (平泉遺跡群調査事務所)
A平泉出土文字資料の再検討その1 (兵庫大学 岡 陽一郎 ほか)
B骨寺村荘園遺跡の調査    (一関市教育委員会)
C長者ヶ原廃寺跡の調査成果 (奥州市世界遺産登録推進室)
D白鳥舘遺跡の調査成果 (奥州市世界遺産登録推進室)


受 付

【遺跡報告と共同研究発表】
@無量光院跡の調査成果 (平泉町教育委員会)
A中尊寺大池跡の調査成果   (平泉町教育委員会)
B西周金文に見える苑池について (岩手大学 藪 敏裕 ・ 劉 海宇)
C毛越寺庭園の調査成果 (平泉町教育委員会)
D日記としての「給絹日記」(岩手大学 菅野 文夫)
E12世紀前後における奥州藤原氏文化と北海道の関連について
                  (札幌国際大学 越田 賢一郎)
F平泉の特殊性 (米沢女子短期大学 吉田 歓)

閉会・終了

   ★入場は無料ですので、是非ご参加下さい。途中参加も可能です。

○パンフレットを印刷することができます(PDF版) ダウンロード(表)
                                    ダウンロード(裏)


2011年9月29日(木)
柳之御所遺跡の現地説明会を開催します!  
 
 平成23年10月1日(土)に、柳之御所遺跡(第73次調査)の現地説明会を行います。
 今年度の調査範囲は、昨年度調査(第72次)調査の続きの位置になります。
 現在のところ、遺跡を囲む大きな堀の跡の続きと、橋跡の可能性がある穴などがあらたに見つかりました。(詳しくは、来てからのお楽しみです・・・)
 当日は、雨天でも開催する予定ですが、足元がすべりやすい箇所がいくつもありますので、必ず運動靴・長靴等でおいで下さい。(ハイヒールやおニューな靴は避けたほうがいいですよ!)



 【開催要項】
    
  1.日 時  平成23年10月1日(土) 13:00〜 (1時間程度)

  2.場 所  下の案内をご覧下さい。
    
 ■ 柳之御所遺跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所資料館まで来ます)
  1回乗車 大人:140円 小人:70円
   一日フリー乗車券 400円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。

  
(時刻表はこちらからダウンロードできます)

  
    
      ○地図を印刷することができます(PDF版) ダウンロード  
   

  3.その他  ・車のかたは、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
            (国道4号平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)


      ※荒天時やご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

     岩手県教育委員会 平泉遺跡群調査事務所 (TEL:0191−46−2820)

                                


2010年12月27日(月)
『第11回 平泉文化フォーラム』開催のお知らせ  
今年度も第11回 平泉文化フォーラムを、下記の通り2日間に渡って開催します。
テーマは「遺跡を活かし、今に伝える」 で、基調講演は、平泉遺跡群調査整備指導委員でもあり、(独)国立文化財機構 奈良文化財研究所所長の、田辺征夫先生にお話し頂きます。

【基調講演】

 田辺 征夫 氏 
(奈良文化財研究所所長・平泉遺跡群調査整備指導委員)

≪ 演 題 ≫

 『遺跡を活かし、今に伝える−平城宮跡の復原整備と柳之御所遺跡−』


 要 旨
奈良の都、平城京は遷都1300年を迎え、平城宮を中心に復原整備が行われている。
今回は、その整備内容や考え方を紹介し、整備に至るまでの保存の経緯や、それに携わった先人たちの業績も伝えたい。
また平城宮の整備の展望や、現在整備を進めている柳之御所遺跡など、平泉の遺跡整備とその活用についての期待も話していきたい。

<日 時>   平成23年1月29日(土) 13:15〜17:00 
                 1月30日(日)  9:15〜12:00 

<会 場>   胆江地区勤労者教育文化センター 0197-24-7370
          (奥州市水沢区佐倉河字後樋120-1 → Zホールの近くです)

   ※ 駐車場が狭いため、乗り合わせてのご来場にご協力ください。

      

<日 程>
【1日目】
12:45〜13:15

13:15〜13:30

13:30〜15:00




15:15〜17:00








【2日目】
8:45〜9:15

9:15〜10:00




10:00〜11:50







12:00

受 付

開会行事

【基調講演】 
 田辺 征夫 (奈良文化財研究所所長 ・ 平泉遺跡群調査整備指導委員)
  『遺跡を活かし、今に伝える
             −平城宮跡の復原整備と柳之御所遺跡
−』

【遺跡報告と共同研究発表】
@柳之御所遺跡の整備      (平泉遺跡群調査事務所)
A長者ヶ原廃寺跡の調査成果 (奥州市世界遺産登録推進室)
B白鳥舘遺跡の調査成果    (奥州市世界遺産登録推進室)
C平泉とその周辺地域の河成地形についての自然地理学的研究
                        (東北学院大学 松本 秀明)
D骨寺村荘園遺跡の調査成果 (一関市教育委員会)
E中世都市平泉関連資料の再検討・再調査 (兵庫大学 岡 陽一郎)


受 付

【遺跡報告】
@柳之御所遺跡の調査成果 (平泉遺跡群調査事務所)
A無量光院跡の調査成果   (平泉町教育委員会)
B中尊寺大池跡の調査成果 (平泉町教育委員会)

【共同研究発表】
@古代中国と平泉庭園 (岩手大学 藪 敏裕 ・ 劉 海宇)
A東アジアにおける都市造営と平泉の比較研究 
                  (米沢女子短期大学 吉田 歓)
B中尊寺に残されたガラス玉の非破壊的分析と考察
                  (函館工業高等専門学校 中村 和之)
C平泉藤原氏と東国 (岩手大学 菅野 文夫)

閉会・終了

   ★入場は無料ですので、是非ご参加下さい。途中参加も可能です。


○パンフレットを印刷することができます(PDF版) ダウンロード


2010年8月30日(月)
柳之御所遺跡の現地説明会を開催します!  
 
 平成22年9月11日(土)に、柳之御所遺跡(第72次調査)の現地説明会を行います。
 今年度の調査範囲は、過去に数個所の試掘しか行っておらず、本格的な調査は初めてとなります!
 現在のところ、遺跡を囲む大きな堀の跡と、掘立柱建物跡があらたに見つかりました。(詳しくは、来てからのお楽しみです・・・)
 当日は、雨天でも開催する予定ですが、足元がすべりやすい箇所がいくつもありますので、必ず運動靴等でおいで下さい。(ハイヒールやおニューな靴は避けたほうがいいですよ!)
 なお、今年度から公開が始まりました『柳之御所史跡公園』も、この機会にあわせてご覧下さい。



 【開催要項】
    
  1.日 時  平成22年9月11日(土) 13:00〜 (1時間程度)

  2.場 所  下の案内をご覧下さい。
    
 ■ 柳之御所遺跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所資料館まで来ます)
  1回乗車 大人:140円 小人:70円
   一日フリー乗車券 400円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。

  
(時刻表はこちらからダウンロードできます)

  
    
      ○地図を印刷することができます(PDF版) ダウンロード  
   

  3.その他  ・車のかたは、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
            (国道4号平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)


      ※荒天時やご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

     岩手県教育委員会 平泉遺跡群調査事務所 (TEL:0191−46−2820)

                                


2010年8月6日(金)
平泉遺跡群調査整備指導委員会が行われました  
 
 平成22年7月29日(木)〜30日(金)に、平泉遺跡群調査整備指導委員会が平泉町で行われました。
 初日は、岩手県教育委員会が担当する「柳之御所遺跡」、平泉町教育委員会が担当する「無量光院跡」、奥州市教育委員会による「長者ヶ原廃寺跡」、「白鳥舘遺跡」についての現地指導、2日目は、平泉文化遺産センターに会場を移し、柳之御所遺跡の整備状況、および近隣市町村の発掘調査状況について、ご指導とご助言をいただきました。

  【柳之御所遺跡での現地指導】
       
            柳之御所史跡公園についての整備指導(地形模型)


                   汚物廃棄穴の整備指導


                     堀跡の調査指導


                    建物跡の調査指導


            柳之御所資料館の展示指導(中心建物の復元模型)

  【指導委員会】


                   委員会の様子(開会行事)
  
                        



                     委員会の様子


2010年6月16日(水)
柳之御所史跡公園ガイドツアーを始めました
 
 柳之御所史跡公園は、4月24日から一般公開されていますが、このたび、毎週木曜日の13:30から30分程度、史跡公園と発掘調査現場をご案内することとなりました。
 ご希望がありましたら、資料館もあわせてご案内します。
 日ごろ、調査に携わる調査員が説明を行いますので、ぜひ一度ご参加下さい。

 【開催日時】 毎週木曜日 13:30〜(30分程度) ※ 1月〜2月はガイドをお休みしています
 
 【集合場所】 柳之御所資料館入口

 【その他】   ・事前申込みは不要です(団体の場合はご相談下さい)
          ・無 料!
          ・ご希望があれば、資料館もご案内します

 【案内ポスター】
              


2010年5月10日(月)
柳之御所史跡公園と資料館がオープンしました!  
 
 整備工事とリニューアルが進められていた史跡公園と資料館が、4月24日(土)から一般公開となりました。
 どちらも年末年始を除いて開園・開館しており、入場料は無料です。
 開園初日には、およそ350名のお客様がいらっしゃいました。
 史跡公園では、公園の南側に大きな堀を復元し、野外には地形模型を設置するとともに、北側には園池をはじめとして、建物跡の平面表示、井戸跡、汚物廃棄穴、道路跡などを再現しています。
 奥州藤原氏が、政治を行ったとされる「平泉館(ひらいずみのたち)」を、ぜひ現地で確認してみてください。
 
  
            テープカットの様子(4月23日に行われた開園式)
            
  
                  史跡公園南側の堀跡(復元)

  
                  平泉の地形を表現した模型

  
                   付属建物の平面表示(復元)

  
 
  
                      井戸跡(復元)

  
                     汚物廃棄穴(復元)

  
                       園池(復元)

  
               リニューアルされた資料館の遺物展示

  
        資料館で放映されているコンピューターグラフィック(CG)の一部
                  (中心建物内部の予想映像)
   
      ご紹介したのは展示の一部です。ご来園をお待ちしております!




2010年1月18日(月)
日本政府による、平泉の世界遺産推薦が正式に決定しました!
 
 1月18日(月)、日本政府は世界文化遺産候補として、「平泉の文化遺産」をユネスコ(国連教育科学文化機関)に推薦することを、正式に決定しました。
 2008年は、残念ながら平泉の世界遺産登録が延期となってしまいましたが、今回は構成資産を「9つ」から「6つ」に絞りこんで、再び登録に挑戦します。
 今月中に推薦書がユネスコに提出され、イコモス(国際記念物遺跡会議)による事前の審査が行われたあと、来年2011年夏に開かれる世界遺産委員会で、最終的に判断されます。
 
  【提出された推薦書の表紙です】
 
  平 泉 − 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 〜

            
    
  【6つの資産の1つ 『柳之御所遺跡』 の記述です】


       
                      
   世界遺産登録にむけて、今後もみなさんの応援をよろしくお願いいたします!

                         



2009年 10月29日(木)
『第10回 平泉文化フォーラム』開催要項 (終了しました)
第10回 平泉文化フォーラムを下記のとおり開催します。
テーマは「平泉文化研究の今まで、そしてこれから−柳之御所遺跡の成果と展望−」で
基調講演は、平泉遺跡群調査整備指導委員会委員長である、河原純之先生にお話し頂きます。

                        【基調講演】

     河原 純之 氏 (平泉遺跡群調査整備指導委員会委員長)

    『柳之御所遺跡の発掘調査−日本史に与えた影響と意義−』


 要 旨
昭和63年から始まった柳之御所遺跡の大規模調査から、20年以上が経過した。
その間、重要な遺構や豊富な遺物の発見によって保存運動が起こり、遺跡保存の決定、国史跡の指定、世界遺産登録を目指す動きなど、本遺跡は平泉に大きな流れをもたらした。
ここで、今までの調査をふり返り、平泉研究に果たした役割、そして日本史に与えた影響を確かめるとともに、これからの柳之御所遺跡について考えたい。


<日時>   平成21年12月5日(土) 9:30〜16:45 

<場所>   平泉小学校体育館(平泉町平泉字倉町155 →毛越寺のとなりです)

<日程>
9:00
9:30〜9:45
9:45〜10:00
10:00〜10:15
10:15〜10:30


10:30〜10:40

10:40〜12:00



12:00〜13:00

12:30〜



13:00〜


13:00〜13:10
13:10〜13:30

13:30〜13:50
13:50〜14:15

14:15〜14:40
14:40〜15:05

15:05〜15:15

15:15〜16:40
16:40  
16:45 
受付開始    総合司会 熊谷常正 (盛岡大学)
開会あいさつ  岩手大学、岩手県教育委員会、平泉町教育委員会
調査成果報告@ 柳之御所遺跡  (平泉遺跡群調査事務所)
調査成果報告A 無量光院跡   (平泉町教育委員会)
調査成果報告B 南日詰小路口T・U遺跡
            (岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター)

休 憩

【基調講演】 
  河原純之(平泉遺跡群調査整備指導委員会委員長)
 「柳之御所遺跡の発掘調査−日本史に与えた影響と意義−」


昼食・休憩

ポスターセッションコアタイム
   長者ヶ原廃寺跡 (奥州市世界遺産登録推進室)
   白鳥舘遺跡 (奥州市世界遺産登録推進室)
   人首川流域の平泉関連遺跡調査 (岩手県立博物館)
パネルディスカッション コーディネーター
               菅野文夫 (岩手大学)
               佐藤嘉広 (岩手県教育委員会)
趣旨説明とパネリストの紹介
報告@ 「柳之御所遺跡の調査成果」 西澤正晴
                        (平泉遺跡群調査事務所)
報告A 「平泉遺跡群の調査成果」島原弘征 (平泉町教育委員会)
報告B 「柵と居館から見た平泉」 羽柴直人
            (岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター)
報告C 「都市史から見た平泉」 前川佳代 (奈良女子大学)
報告D 「宗教から見た平泉」 誉田慶信 (岩手県立大学)

休 憩

パネルディスカッション(パネリスト 西澤、島原、羽柴、前川、誉田)
閉会あいさつ  科研グループ代表
終 了

    ★入場は無料ですので、是非ご参加下さい。途中参加も可能です。


○パンフレットを印刷することができます(PDF版) ダウンロード
2009年 8月10日(月)
平成21年度 柳之御所遺跡 現地説明会のお知らせ
 
 平成21年8月22日(土)に、今年度発掘調査を行っている「柳之御所遺跡」の現地説明会を行います。
 当日は、平泉町教育委員会が行っている、近隣の「無量光院跡」の現地説明会もあわせて開催されます。
 なお、雨天でも説明会を実施する予定ですが、調査中の遺跡は足元がすべりやすい箇所もありますので、運動靴等でおいで下さい。
 当日は晴れるといいでですね!

 【開催要項】
    
  1.日 時  平成21年8月22日(土)
              
         ・柳之御所遺跡  13:00〜14:00 (岩手県教育委員会)

         ・無量光院跡    14:15〜      (平泉町教育委員会)


  2.場 所  下の案内をご覧下さい。
    
 ■ 柳之御所遺跡 ・ 無量光院跡 ■
 【アクセス】
 <JR>
 ● JR平泉駅より徒歩15分 (案内板があります)

 <車>
 ● 東北自動車道 平泉前沢I.Cより、南へ向って10分

 <路線バス>
 ● JR一ノ関駅より岩手県交通バス国道南線
  「前沢ジャスコ」行き20分 平泉駅前下車徒歩15分
 ※ 町内の観光地巡回バス
「るんるんバス」が利用できます! (柳之御所資料館まで来ます)
  1回乗車 大人:140円 小人:70円
   一日フリー乗車券 300円
   ※バスカードはご利用できませんのでご注意下さい。


  
    
      ○地図を印刷することができます(PDF版) ダウンロード  
   

  3.その他  ・車でおいでの際は、「柳之御所資料館駐車場」をご利用下さい。
            (平泉バイパス「柳之御所交差点」から入ってすぐです!)

          ・荒天時やご不明な点がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

  <問い合わせ先>

        ・柳之御所遺跡現地説明会= 岩手県教育委員会
                            平泉遺跡群調査事務所
                            TEL:0191−46−2820

        ・無量光院跡現地説明会  = 平泉町教育委員会
                            平泉文化遺産センター
                            TEL:0191―46―4012
                        
 

2009年7月29日(水)
第1回 平泉遺跡群調査整備指導委員会が行われました
 
 平成21年7月16日(木)〜17日(金)に、今年度最初の平泉遺跡群調査整備指導委員会が平泉町で行われました。
 初日は、岩手県教育委員会が担当する「柳之御所遺跡」と、平泉町教育委員会が担当する「無量光院跡」の発掘調査についての現地指導、2日目は、平泉文化遺産センターを会場に、柳之御所遺跡の整備における進捗状況、および近隣市町村の発掘調査状況について、委員の先生方からご指導とご助言をいただきました。

  【現地指導】
       
                柳之御所遺跡の堀跡から出土した遺物

       
                      堀跡の調査状況

       
                 堀跡の復元整備方法についての指導

       
                    園池の復元整備状況について

       
              無量光院跡での現地指導(平泉町教育委員会)

  【指導委員会】
       
                     委員会の様子(開会行事)

       
                        
       

       
                       委員会の様子


2009年1月14日(水)
新事務所に移転しました

 平成21年1月9日、柳之御所遺跡調査事務所が移転し、名称も「平泉遺跡群調査事務所」に変更されました。
 旧事務所はJR平泉駅近くにあって遺跡から離れていましたが、新事務所は柳之御所資料館の北側で、遺跡とも隣接しています。



事務所正面(建物奥が柳之御所遺跡)


事務所側面(奥に見えるのが柳之御所資料館)


事務所の入口



2008年10月10日(金)
国道4号平泉バイパス 全線開通

 平成20年8月5日、国道4号平泉バイパスが全線開通しました。

バイパス南半部分はすでに平成11年度に開通していましたが、高館橋北側から東北自動車道・平泉前沢IC入口付近までの北半部分がこのほど完成したわけです。

平泉バイパスは柳之御所遺跡と深く関わっています。当初はバイパス路線が遺跡を縦断する形で計画されていたため、昭和63年から県文化振興事業団埋蔵文化財センターと平泉町教育委員会によりバイパス建設部分の記録保存のための発掘調査が開始されました。しかし調査が進行するにつれて、大規模な堀跡、園地跡、多数の建物跡と井戸跡などが確認されるとともに、膨大な量のかわらけ・陶磁器が出土して注目を集め、各方面から遺跡保存の要望が出されました。平成5年に柳之御所遺跡の保存・事業計画の変更が決定されました。以来15年あまりが経過した今年、晴れてバイパス開通の運びとなったわけです。その間、柳之御所遺跡は国指定史跡となり、現在整備が進んでいます。

バイパスは遺跡東側に隣接する北上川の縁を通っており、交通量は多いことから、遺跡との間には景観を守るための盛土が築かれ、騒音防止等に配慮した工夫がなされています。




2008年9月30日(火)
柳之御所遺跡第69次調査現地説明会を開催します

 柳之御所の発掘調査成果について、次のとおり現地説明会を開催します。
     期日 平成20年10月4日(土)13:00〜14:00 ※雨天決行
     場所 柳之御所遺跡発掘調査現場

 今回の調査は遺跡南端部の堀跡について、その構造を解明することを目的としたものです。従来、柳之御所には二重の堀が巡っていることがわかっていましたが、それらの堀が同時に存在したものか、時間差のあるものなのか、明らかではありませんでした。
 調査の結果、二つの堀には時間差があり、同時に存在したものではない可能性が高まりました。また、従来認識されていた堀以外に新たに溝(堀?)2条を確認、外堀では橋に使われていたと思われる部材が出土するなど、大きな成果があがっています。
 これらの成果について担当者が現地にて説明を行います。ぜひご参加ください。

 なお、本会終了後の14:30から平泉町教育委員会による無量光院跡現地説明会が予定されています。


               柳之御所遺跡第69次調査区全景(南から)
 
 * 終了しました。多数のご参加いただきありがとうございました。
   説明会の様子はこちら



2008年8月8日(金)
花立T遺跡の現地説明会を開催
 
 平泉町教育委員会が行っている花立T遺跡第29次調査の現地説明会が8月10日(日)に開催されます。
 昨年度の調査では12世紀前半の陶器窯が確認されています。今年度はその東側隣接地を調査し、窯跡1箇所が発見されています

 日時 平成20年8月10日(日)13時30分から
 場所 花立T遺跡(平泉町平泉字花立地内)
  ※調査地は平泉郷土館(平泉町文化財センター)の東向かい、熊野神社南側です

 詳細の問い合わせは平泉町文化財センター(電話0191-46-2118)まで。
 



2008年7月30日(水)
しだれ桜 活用アイディア募集

 かつて奥州藤原氏の栄華をしのぶかのように咲きほこっていた桜。今、立ち枯れてこのような姿を見ることができなくなりました。
 この桜の木は伐採せざるを得ませんが、幹や枝を柳之御所遺跡の整備に活用できないかと考えているところです。
 皆さまがたのアイディアをお寄せください。

 連絡先  柳之御所調査事務所  fax 0191-46-2820
 〆切    平成20年8月29日(金)

※諸般の事情により電話・メールではなく、faxでお送りください
※伐採後の木質の状態によっては、いただいたアイディアを生かせない場合があります。ご了承ください。
※お寄せいただいたアイディアの採否については、岩手県教育委員会にご一任ください。
  


2008年7月18日(金)
出土遺物を再整理しています
 これまでの調査で柳之御所遺跡から出土した遺物について、整理作業をしています。写真は、井戸などの遺構からそれぞれ一括で出土した かわらけ の一部です。ひとくちに かわらけ といっても、椀形・皿形・高台形、大きなもの・小さなもの等々、さまざまなものがあります。違いがわかりますか?






2008年7月7日(月)
「平泉の文化遺産」世界遺産登録延期
 7月2日からカナダ・ケベックで開催されていたユネスコ世界遺産委員会において、柳之御所遺跡を含む「平泉の文化遺産」の世界遺産登録について「登録延期」とすることが決議されました。

  詳細はこちら


2008年6月11日(水)
岩手町の小学生 現場を見学
 6月11日(水)、岩手町内の小学生が世界遺産登録を目指す平泉の文化遺産について学ぶため柳之御所遺跡を訪れ、柳之御所遺跡資料館と発掘調査現場を見学しました。訪れたのは岩手町立岩瀬張小学校、北山形小学校、南山形小学校の5・6年生児童18名です。掘り出されたばかりの人々の生活のあとに間近で触れて、こどもたちは800年前の奥州藤原氏と平泉の人々の生活を思い描いていました。

 ※見学の申し込み・問い合わせは柳之御所調査事務所までご連絡ください。

岩渕専門員の説明に聞き入るこどもたち



2008年4月9日(水)
高校日本史教科書」で柳之御所遺跡の出土品が紹介されました
 平成20年度の高校日本史の教科書に柳之御所遺跡の出土品が掲載されました。実教出版が発行した「高校日本史B」では、コラム「歴史のまど」で柳之御所遺跡について解説し、柳之御所遺跡の井戸跡(50SE3)から出土した中国産白磁四耳壺を掲載しています。

 これまで日本史教科書では、中央の浄土信仰が地方にも浸透した事例として中尊寺「金色堂」や毛越寺「浄土庭園」を紹介しており、平泉の文化遺産を主に仏教美術の観点から扱ってきました。今回はこれまでとは違った観点で、白磁四耳壺を奥州における武家社会成立を象徴する貴重な文化財として位置づけたものです。


実教出版 『高校日本史B 新訂版』より



2008年1月8日(火)更新
第8回平泉文化フォーラム」基調講演の概要について
 発表者について詳細が決まりましたので、お知らせします。

 【基調講演】12:50〜14:00
         東京大学大学院教授 村井章介先生
           
          
『境界論からみた外の浜と平泉』

概要
 古代・中世を通じて、日本列島両端の境界空間は、人 ・物 ・情報の交錯する活力に満ちた場であった。それは近代の国境とは違って、輪郭のあいまいな広がりであり、時期によって、また見る人の違いによって、その相貌を変える。境界は、異民族間の交易や葛藤の場であったり、ケガレたものを「内部」から排出する場であったり、「境界人」たちの生業の場であったりした。奥州藤原氏以前の平泉は境界的な場所だったが、藤原政権の成立に伴って、白河関から外の浜にいたる王国の中心に位置づけなおされた。さらに王国外の「北方世界」から特産品が外の浜、奥大道を経て平泉に集積され、さらに畿内へと運ばれていった。同様の光景は、列島の反対側の喜界島や琉球でも見出される。




[村井章介先生]
略歴:1949年大阪市生まれ。1974年東京大学大学院修士課程終了。東京大学史料編纂所     を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。
専門分野:日本中世史、対外関係史
最近の関心テーマ:港町・船・航路・東アジアの文化交流・文禄・慶長の役
平泉への期待:ありえたかも知れない別の歴史の可能性をシミュレートしてほしい。
 
入場無料となっておりますので、是非皆さんで参加して下さい。尚、受付は9時30分からとなっております。場所は奥州市文化会館(Zホール)です。

そのほかの日程時間については以下の通りです。なお、時間は変更になる場合があります。



【研究発表】
10:15〜 磯野 綾 氏(千葉工業大学大学院) 
       「平泉の市街地形成 〜建物軸方向の特徴について〜」
   
10:40〜 関根 達人 氏(弘前大学人文学部)
       「平泉文化と北方交易2 −擦文期の銅鋺をめぐって〜」
   
11:05〜 鈴木 弘太 氏(鶴見大学大学院)
       「12世紀の二つの都市 −平泉末期と鎌倉初期の遺物様相−
   
14:10〜 前川 佳代 氏(京都造形芸術大学)
       「『苑池都市』 平泉−浄土世界の具現化−」

【発掘調査報告】
11:30〜 柳之御所遺跡
11:45〜 人首川流域の平泉関連遺跡調査
14:35〜 白鳥舘跡
14:50〜 長者ヶ原廃寺跡
15:05〜 無量光院跡
15:20〜 花立?T遺跡


午前中は平泉文化共同研究の研究発表と柳之御所遺跡、県立博物館の調査発表
午後は基調講演と各遺跡の発掘調査報告という二部構成となっています。途中からの参加も自由ですので遠慮なくいらしてください。


2007年7月19日(木)
第8回平泉文化フォーラム」のお知らせ
 今年度行われる第8回平泉文化フォーラムの開催日と会場が決まりました。

  ■日にち:平成20年2月2日(土) 午前9時30分〜午後3時45分

  ■会 場:奥州市文化会館(Zホール)


※科研費特定領域研究 「東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成」及び岩手大学と共同開催です。


2007年5月11日(金)
 泉の歴史を勉強しにきました 
 5月11日(金)、柳之御所遺跡に隣接する柳之御所遺跡資料館に、宮城県の岩切中学校第一学年の生徒が訪れました。浅野先生が見守る中、最後のグループが資料館内部に展示されている遺物を熱心に観察し、説明パネルを読んでいました。
 発掘調査から分かったことや大学の先生方の文献調査などで分かったことはたくさんあります。十分調べきれなかった柳之御所遺跡の歴史は「見学用シート」を参考にしながら見学の成果にまとめていただきたいです。
岩切中学校の生徒さんご苦労様でした。

 柳之御所遺跡資料館見学用シートをご利用ください 
 柳之御所遺跡には毎年小中学生が平泉文化を学ぶために見学に来ています。現在遺跡内は整備工事のため中に入ることができませんが、柳之御所遺跡資料館で出土した遺物を見ることができます。今まで展示物を見て各生徒が自分なりにメモを取っていたと思いますが、県教育委員会では新たに遺跡の学習を手助けするワークシートをつくりました。小学生高学年から中学生対象として作られていますので、興味のある方はご利用ください。
 シートは本ページにPDFファイルとして貼り付けていますので、興味のある方はダウンロードしてご利用ください。また、下記の場所にも見本が置いてありますので、お問い合わせください。
 


柳之御所遺跡見学用シート・・・PDF(1.6MB)

(資料についての問い合わせ先)
 柳之御所遺跡資料館
 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽108-1
  Tel/Fax 0191-34-1001
 柳之御所遺跡調査事務所(岩手県教育委員会)
 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字泉屋17-2
  Tel/Fax 0191-46-2820


トップページへ戻る