平泉研究参考文献                                            


1 本文献目録は、平泉に関した主に考古学関係の文献を発行年順に収録した。
2 記載の順序は、発行年、発行月、文献題名、著(編)者名、文献名、巻・号
3 県・ 市・町・村誌(史)等と現地説明会・見学会資料は省略した。
4 編者及び収録文献名は、できるかぎり実名で表記するようにしているが、長名な ものに限り略称を用いた。
5 誤記・遺漏も多いと思われるので、後日の補完を期すとともに、情報の提供をお願いしたい。
著者名 年次 文献名 所収
塚本靖 1894 「中尊寺装飾論」 『建築雑誌』97
塚本靖 1898 「中尊寺金色堂創建の年月に就て」 『建築雑誌』134
高平真藤 1898 『平泉誌』
濱田耕作 1908 「中尊寺金色堂に就て」 『国華』219
濱田耕作 1908 「金色堂の建立の目的と年代に就て」 『史学雑誌』19-9
濱田耕作 1908 「金色堂建立年に就ての補訂」 『史学雑誌』19-10
高平真藤 1915 『大日本仏教全書』
岡部精一 1916 「前九年役と後三年役」 『奥羽沿革史論』
喜田貞吉 1916 「蝦夷の馴服と奥州の拓殖」 『奥羽沿革史論』
原勝郎 1916 「日本史上の奥州」 『奥羽沿革史論』
大森金五郎 1916 「藤原氏三代の事蹟と源頼朝の奥州征伐」 『奥羽沿革史論』
辻善之助 1916 「平安朝仏教史上に於ける中尊寺の地位」 『奥羽沿革史論』
福井利吉郎 1916 「藤原時代の美術と中尊寺」 『奥羽沿革史論』
齋藤隆三・柴田常恵 1918 『中尊寺大観』
齋藤隆三・柴田常恵 1925 『中尊寺総監』
源豊宗 1928 「中尊寺の仏像」 『仏教美術』1
小川春暢 1928 『中尊寺大観』
大森金五郎 1929 『武家時代之研究』 第二巻
喜田貞吉 1930 「源頼朝奥州役後の処分と「みちのく」の蝦夷」 『歴史地理』69-5
服部勝吉 1931 「平泉史蹟の保存について」 『史蹟名勝天然記念物』6・7
水原尭榮編 1931 『高野山現存蔵経目録』
阪谷良之進 1932 「中尊寺願成就院の石塔」 『寶雲』3
大島延次郎 1936 「平泉中尊寺梵鐘考」 『考古学雑誌』26ー9
金森遵 1938 「中尊寺一字金輪像」 『国宝』1ー1
福井利吉郎 1938 『中尊寺経絵』
西田正秋 1940 「金色堂の孔雀」 『画説』39
松本源吉 1941 「陸中平泉千手院の鉄宝塔」 『史迹と美術』129
石田茂作 1941 『中尊寺大鏡』
田中重久 1944 「中尊寺光堂の柱絵」 『日本壁画の研究』
小杉一雄 1947 「金色堂小論」 『東洋史会紀要』5
吉川保正 1949 「岩手の古佛像と中尊寺」 『岩手史学研究』3
司東真雄 1949 「平安前期の岩手県南仏教と平泉藤原氏への影響」 『岩手史学研究』3
森嘉兵衛 1949 「平泉文化の社会経済的構成と変質」 『岩手史学研究』3
田中喜多美 1949 「平泉中尊寺経移動考」 『岩手史学研究』3
坂元正典 1950 「平泉に秘められた謎・藤原基衡出生の年」 『国立博物館ニュース』36
田中塊堂 1950 「基衡の千部一日経」 『書品』9
朝日新聞社編 1950 「中尊寺と藤原四代」 『中尊寺学術調査報告』Ⅰ
長谷部言人 1950 「遺体に関する諸問題」 『中尊寺と藤原四代』
津田左右吉 1950 「平泉の文化と中尊寺」 『中尊寺と藤原四代』
亀田孜 1950 「平安時代の陸奥開拓と平泉の仏教美術文化」 『東北史の新研究』
龍粛 1950 「奥州藤原氏三代の事蹟」 『日本歴史』24
坂元正典 1950 「清衡経料紙中の墨書について」 『美術研究』158
毛利登 1951 基衡棺内の錦に就て」 『国華』707
林部伝七 1951 「中尊寺金色堂遺体と美術工芸について」 『東京芸術大学研究報告』第2輯
司東真雄 1952 「平泉中尊寺経移動考への一考察」 『岩手史学研究』11
山辺知行 1952 「中尊寺棺内発見の服飾品」 『国立博物館ニュース』59
林孝三・涼野元 1952 「中尊寺金棺中の二、三の染織品残欠の植物染料について」 『古文化財の科学』3
岩波書店編集部 1952 『平泉』
田中喜多美 1953 「毛越寺文書に見る浅野長政取出しの御神宝の問題」 『岩手史学研究』33
板橋源 1953 「平泉藤原清衡新事蹟考」 『奥羽史談』7-1
朝比奈貞一 1953 「中尊寺ガラスの研究と日本の古代ガラスについて」 『古文化財の科学』5
藤橋孝三郎 1953 「無量光院発掘調査の日誌」 『羽陽文化』19
福山敏男 1955 「平泉千住院の鉄樹」 『MUSEUM』48・57
福山敏男 1956 「中尊寺蔵保安三年棟札」 『MUSEUM』61
板橋源 1956 「衣川関考」 『奥羽史談』6-3
藤橋孝三郎 1956 「平泉調査概要」上・下 『羽陽文化』32・33
伊藤信 1956 「辺境在家の成立-中尊寺領陸奥国骨寺について」 『歴史』15集
野間清六 1957 「華蔓解説」 『国華』780
東北大学東北文化研究所 1957 『蝦夷史料』
板橋源 1958 「奥州平泉金売吉次考」 『岩手史学研究』29
板橋源 1958 「平泉中尊寺大金堂前第1次発掘調査概報」 『岩手大学学芸学部研究年報』13-1
西川杏太郎 1958 「中尊寺金色堂の諸像について」 『国華』795
岩越二郎 1958 「平泉の寶相華文宇瓦」 『史迹と美術』281
岩手県教育委員会 1958 『奥州平泉文書』
石田茂作 1959 「中尊寺の文化」 『中尊寺』
石田茂作監修 1959 「中尊寺」 『中尊寺』
板橋源 1959 『中尊寺と藤原三代』
東北大学東北文化研究所 1959 『奥州藤原史料』
福山敏男 1959 『日本の寺・中尊寺』
川勝政太郎 1960 「中尊寺の一字金輪像」 『史迹と美術』321
久野健 1960 「東北古代彫刻史論」上・下 『美術研究』210/211
板橋源 1960 「平泉文化―考古学上の立場から―」 『歴史教育』8-7
中尊寺・朝日新聞社 1960 『中尊寺秘法展目録』
堀一郎 1961 「中尊寺金色堂北面長押内発見の火葬人納骨器及び笹塔婆について」 『印度学仏教学研究』17
板橋源 1961 『奥州平泉』
岩手県編 1961 『岩手県史(上古・上代編)』
藤島亥治郎 1961 『平泉 毛越寺と観自在王院の研究』
平泉遺跡調査会 1962 「中尊寺第2次第3次発掘調査略報告」 『岩手県南史談会研究紀要』6
藤島亥治郎 1962 「平泉の建築庭園遺跡」 『建築雑誌』907
坪井良平 1962 「広度寺鐘銘と中尊寺鐘に関して」 『史迹と美術』315
中川成夫 1962 「考古学より見た中尊寺小考」 『大類伸博士喜寿記念史学論集』
保坂三郎 1962 『中尊寺』
藤島亥治郎 1963 「平泉の文化」 『月刊文化財』3
高橋富雄 1963 『蝦夷』吉川弘文館
板橋源 1964 「平泉文化圏の意味するもの」 『奥羽史談』39
服部勝吉 1964 「中尊寺金色堂保存修理の近況」 『月刊文化財』5
高橋富雄 1964 「平泉政権の成立とその権力構造」 『東北大学日本文化研究所研究報告』 別巻2
石田一良 1964 「中尊寺建立の過程にあらわれた奥州藤原氏の信仰と政治」 『東北大学日本文化研究所研究報告』 別巻3
金倉円照・松山義昭 1964 「東北地方における天台教団成立の特殊性―平泉諸寺院を中心として」 『東北文化研究室紀要』6
石田一良他 1964 『平泉文化の研究』 『東北文化研究室紀要』6
梅沢伊勢三 1964 「平泉文化と鎌倉文化―その歴史的関連と性格的相違」 『東北文化研究室紀要』6
板橋源 1964 「平泉中尊寺正応元年棟札考」 『東北文化研究室紀要』6
飯田須賀斯 1964 「金色堂の建築について」 『東北文化研究室紀要』6
豊田武 1964 「平泉史料補遺」 『東北文化研究室紀要』6
亀田孜 1965 「中尊寺供養願文雑事」 『東北文化研究室紀要』6
福山敏男 1964 「平等院と中尊寺」 『日本の美術』9
久野健 1964 「中尊寺彫刻とその周辺」 『美術研究』222・225・228
矢崎靖子 1964 「岩手県平泉中尊寺伝大池址周辺遺跡出土瓦について」 『物質文化』3
岩手日報社 1964 『よみがえる秘宝 中尊寺金色堂』
文化財保護委員会編 1964 『無量光院跡』
中川成夫 1965 「奥羽州平泉中尊寺大長寿院の一考察」 『史苑』26-1
毛利登 1965 「金色堂から発見された金棺の残片による藤原基衡、秀衡の寺伝の訂正について」 『東京芸術大学美術学部紀要』
中川成夫 1965 「いわゆる中尊寺供養願文の一考察」 『物質文化』5
板橋源・佐々木博康 1966 「奥羽平泉高舘」 『岩手大学教育学部研究年報』26-1
猪川和子 1966 「紳将形二天彫像について」 『美術研究』244・245
高橋富雄 1966 『義経伝説』
高橋崇 1966 『藤原秀衡』
西川新次 1967 「中尊寺金色堂壇上諸仏私見」 『MUSEUM』195
藤島亥治郎 1967 「中尊寺伽藍の研究と金色堂の修理史」 『建築雑誌1000』
高橋富雄 1967 『奥羽藤原四代』吉川弘文館
豊田武編 1967 『東北の歴史』上巻
藤島亥治郎 1968 「中尊寺」 『月刊文化財』56
臼田昭吾 1968 「西行の初度陸奥の旅に就いて―その時期と意義―」 『静岡英和女学院短期大学研究紀要』1
中尊寺・東京新聞他 1968 『みちのくの秘法中尊寺展目録』
伊藤昌夫 1969 「中尊寺老女面の形態的特徴の研究」 『岩手大学教育学研究年報』29
板橋源 1969 「伝『中尊寺供養願文』をめぐる諸説の回顧と展望」 『岩手大学教育学部研究年報』29
荒木伸介 1969 「中尊寺経蔵に関する一考察」 『日本建築学会大会概要集』
関野克 1969 「科学的にみた金色堂の研究」 『佛教藝術』72
亀田孜 1969 「法華教見返絵と中尊寺経絵」 『佛教藝術』72
宮次男 1969 「金光明最勝王金字宝塔曼陀羅図私見」 『佛教藝術』72
高橋富雄 1969 「藤原三代の歴史と文化」 『佛教藝術』72
西川新次 1969 「中尊寺彫刻の特質―金色堂諸仏、経蔵本尊、一字金輪像を中心に―」 『佛教藝術』72
中里寿克・立田三郎 1969 「金色堂堂内装飾の工芸技法について」 『佛教藝術』72
藤島亥治郎 1969 「中尊寺創建伽藍考」 『佛教藝術』72
服部勝吉 1969 「金色堂修理の諸問題」 『佛教藝術』72
福山敏男 1969 「中尊寺金色堂の性格―平安時代の葬礼史からみる―」 『佛教藝術』72
毛利登 1969 「副葬品―特に服飾品を中心として―」 『佛教藝術』72
濱田直嗣 1969 「中尊寺関係美術文献目録 『佛教藝術』72
濱田隆 1969 「金色堂の巻柱絵について」 『佛教藝術』72
金色堂修理委員会 1970 『国宝中尊寺金色堂保存修理工事報告書』
板橋源・勝股国夫 1971 「奥州平泉往昔都市図考」 『岩手史学研究』57
藤島亥治郎監修 1971 『中尊寺』
高橋富雄 1971 『藤原清衡』清水書院
中里寿克 1972 「古代蒔絵粉の研究」 『保存科学』9
奈良国立博物館編 1972 「国宝重要文化財仏教美術、北海道東北編」 『北海道東北編』
高橋富雄 1973 「―中世文書から見た平泉問題―」 『日本古代・中世史の地方的展開』
斎木一馬 1975 「中尊寺供養願文の輔方本と顕家本との関係について」 『仏教史研究』9
板橋源 1975 『北方の王者 平泉藤原氏』
遠藤巌 1976 「中世国家の東夷成敗権について」 『松前藩と松前』第9号
国生尚 1976 「奥州平泉の近況と諸問題」 『日本歴史』第339号
板橋源 1976 『わが朝無又 毛越寺』
板橋源 1976 『伝弁慶墓考』
豊田武 1976 『英雄と伝説』
宮次男 1976 『金字宝塔万陀羅』
司東真雄 1977 「中尊寺宋版経」 『岩手史学研究』62
佐々木邦世 1977 「『中尊寺経移動考』批判」 『天台学報』19
庄司浩 1977 『辺境の争乱』教育社新書
目崎徳衛 1978 「西行の陸奥行」 『西行の思想史的研究』
大石直正 1978 「中世の黎明」 『中世奥羽の世界』
入間田宣夫 1978 「鎌倉幕府と奥羽両国」 『中世奥羽の世界』
高橋富雄 1978 『平泉 奥州藤原四代』教育社新書
日本名跡叢刊25 1978 『中尊寺建立供養願文』
目崎徳衛 1978 『西行の思想史的研究』
森嘉兵衛 1979 「平泉文化」 『岩手県の歴史』
荒木伸介 1979 「中尊寺経蔵建立年代の問題について」 『中尊寺文化財総合調査』(1)
大石直正 1984 「中尊寺領骨寺村の成立」 『東北学院大学東北文化研究所紀要』第15号
中尊寺編 1979 『中尊寺文化財総合調査』(1)
永井信一他 1980 「中尊寺とみちのくの古寺」 『日本古寺美術全集』16
金丸義一 1981 「奥州平泉の研究・其一―金色堂の性格― 『芝浦工業大学研究年報理工系』25-1
高橋富雄 1981 「中尊寺と法華経―中尊寺建立の心―」 『東北大学教養部紀要』33
藤島亥治郎 1981 『発掘された平泉 夢のあと』
荒木伸介 1982 「奥州藤原氏造営寺院をめぐる諸問題」 『アガルマ 澤柳先生古希記念美術史論文集』
佐々木邦世他 1982 「中尊寺」 『古寺巡礼東国』1
田口栄一 1982 「平等院と中尊寺」 『名宝日本の美術』9
金子啓明 1983 「文殊五尊図像の成立と中尊寺経蔵文殊五尊像」(序説) 『東京国立博物館紀要』18
佐々木邦世 1983 『中尊寺史稿』
平泉遺跡調査会 1983 『中尊寺 発掘調査の記録』
川本重雄 1984 「住宅史の視点―寝殿造と儀式―」 『カラム』94
高橋富雄他 1984 「中尊寺と東北の古寺」 『全集日本の古寺』Ⅰ
高橋富雄・梅原猛編 1984 『シンポジウム東北文化と日本』
上原昭一他 1985 『みちのくの伝統文化Ⅰ 古美術編』
高橋富雄他 1985 『シンポジウム平泉』
角田文衛 1986 「平泉と平安京の見すごされていた関係」 『芸術新潮』10
大石直正 1986 「奥羽の荘園と前九年・後三年合戦」 『東北学院大学論集歴史地理学』17
高橋富雄 1986 「『吾妻鏡』と平泉」 『東北古代史の研究』
斉藤利男 1986 「境界都市平泉と北奥世界」 『東北古代史の研究』
遠藤巌 1986 「秋田城介の復活」 『東北古代史の研究』
斉藤利男 1986 「境界都市平泉と北奧世界」 『東北古代史の研究』
大石直正 1986 「奥羽の荘園公領についての一考察」 『東北古代史の研究』
入間田宣夫 1986 「糠部の駿馬」 『東北古代史の研究』
鷲塚泰光 1986 「阿弥陀堂とその本尊」 『私の平泉』
井上正 1986 「美濃・石徹白の銅造虚空蔵菩薩像と秀衡伝説」 『佛教藝術』165
藤島亥治郎 1986 『平泉 中尊寺・毛越寺の全容』
毛越寺編 1986 『毛越寺宝物館資料集』
大矢邦宣 1987 「中尊寺金色堂内両脇壇再考」 『岩手史学研究』70
田中恵 1987 「中尊寺一字金輪大日如来座像の周辺」 『岩手大学教育学部研究年報』46ー2
大矢邦宣 1987 「中尊寺建立供養願文伽藍再考」 『岩手の古文書』創刊号
大石直正 1987 「東国・東北の自立と『日本国』」 『日本の社会史』1
斉藤利男 1987 「古代中世の交通と国家」 『日本の社会史』第2巻
平泉郷土館 1987 「平泉の埋蔵文化財」 『平泉郷土館図録第Ⅰ冊』
森嘉兵衛 1987 「中尊寺金色堂の建設と修理」 『森嘉兵衛著作集』第1巻
高野山霊宝館 1987 『経絵の美術』
佐々木博泰 1988 「中尊寺建立供養願文覚書」 『岩手大学教育学部研究年報』48-1
大石直正 1988 「奥州藤原氏の貢馬について」 『中世東国史の研究』
藤島亥治郎 1988 「平泉の文化と中尊寺」 『平泉町史 総説・総論編』
大石直正 1988 「鎌倉時代の平泉」 『平泉町史 総説・総論編』
板橋源 1988 「安倍氏・平泉藤原氏時代の平泉」 『平泉町史 総説・総論編』
藤原良章 1988 「中世の食器・考―<かわらけ>ノート 『列島の文化史』5
荒木伸介・角田文衛他 1988 『奥州平泉黄金の世紀』
菅野成寛 1988.1989 「中尊寺金色堂の諸問題―藤原氏葬法に関する―視座―」 『岩手史学研究』№71・72
岩佐光晴 1989 「中尊寺金色堂内左右壇の寺伝錯誤問題について」 『MUSEUM』458
八木光則 1989 「安倍・清原氏の城柵遺跡」 『岩手考古学』第1号
斉藤利男 1989 「都市平泉、その謎を解く」(上)(下) 『月刊百科』323・324号
矢部良明 1989 「中世陶器」 『講座日本荘園史』1
須藤弘敏 1989 「中尊寺金色堂考」 『特定研究報告書文化における「北」』
須藤弘敏・岩佐光晴 1989 「中尊寺と毛越寺」 『日本の古美術』19
内藤榮 1989 「中尊寺金色堂孔雀格狭間試考」 『論集』3
田中恵 1989 『平泉文化のなかで毛越寺の神像彫刻の占める位置』
齋藤利夫 1990 「二つの平泉・二つの京都」 『北日本中世史の研究』
三浦謙一 1990 「柳之御所跡出土の木製品―速報―」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』Ⅹ
野口実 1990 「十一~十二世紀、奥羽の政治権力をめぐる諸問題」 『後期摂関時代史の研究』
大石直正 1990 「陸奥国の荘園と公領」 『東北学院大学東北文化研究所紀要』第22号
大石直正 1990 「東北中世村落の成立」 『北日本中世史の研究』
斉藤利男 1990 「二つの平泉・二つの京都」 『北日本中世史の研究』
関幸彦 1990 『源義経 伝説に生きる英雄』
西野修 1991 「岩手県紫波郡矢巾町城内山頂遺跡出土の渥美三筋文系壺」 『岩手考古学』第3号
桜井芳彦 1991 「紫波町内出土の中世陶器」 『岩手考古学』第3号
菅野成寛 1991 「平泉無量光院考―思想と方位に関する試論―」 『岩手史学研究』№74
三浦謙一 1991 「柳之御所跡出土の刻画文陶器」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅠ
三浦謙一 1991 「柳之御所跡出土の墨書折敷」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅠ
松本建速 1991 「東北北部の平安時代のなべ」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅠ
入間田宣夫 1991 「平泉柳之御所跡出土の折敷墨書を読む」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅠ
野口実 1991 「十一~十二世紀、奥羽の政治勢力をめぐる諸問題」 『後期摂関時代史の研究』
大石直正 1991 「平泉舘の構造」 『国史学』№143
入間田宣夫 1991 「中世奥南の正統意識」 『正統と異端』
藤沼邦彦 1991 「東北地方出土の常滑焼・渥美焼について」 『知多半島の歴史と現代』三
入間田宣夫 1991 「平泉館はベースキャンプだった」 『月刊歴史手帖』第19巻7号
大石直正 1991 「平泉館と柳之御所跡」 『月刊歴史手帖』第19巻7号
義江彰夫 1991 「都市平泉の構成と発展」 『月刊歴史手帖』第19巻7号
入間田宣夫編 1991 『武者の世に』
高橋富雄 1991 『古代蝦夷を考える』吉川弘文館
高橋崇 1991 『蝦夷の末裔』中公新書
遠藤巌 1992 「『北の押さえ』の系譜」 『アジアのなかの日本史Ⅱ・外交と戦争』
伊藤博幸 1992 「宿館小論」 『岩手考古学』第4号
荒木伸介 1992 「平泉の歴史地理」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
入間田宣夫 1992 「折敷墨書を読む」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
大石直正 1992 「奥州藤原氏研究と柳之御所跡」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
川本重雄 1992 「寝殿造の絵画資料」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
菅野成寛 1992 「都市平泉の宗教的構造」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
菊池徹夫 1992 「柳之御所跡出土の内耳鍋」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
斉藤利男 1992 「平泉の都市プランと柳之御所跡 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
千葉信胤 1992 「平泉の地名」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
本澤慎輔 1992 「平泉を掘る―平泉遺跡群について―」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
三浦謙一 1992 「柳之御所跡出土の墨書折敷」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
矢部良明 1992 「世界から見た柳之御所跡」 『奥州藤原氏と柳之御所跡』
平泉文化研究会 1992 『奥州藤原氏と柳之御所跡』吉川弘文館
高橋興右衛門 1992 「発掘された中世の建物跡」 『北の中世』
斉藤利男 1992 「よみがえる中世都市・平泉」 『北の中世』
三浦謙一 1992 「みちのく平泉藤原氏のトイレ」 『月刊文化財』№350
熊谷公男 1992 「古代史からみた『柳之御所』跡」 『月刊歴史手帖』20-10
誉田慶信 1992 「安倍氏・清原氏・藤原氏」 『新版古代の日本・九・東北・北海道』
中里寿克 1992 「中尊寺の漆芸」 『日本の技術』318
入間田宣夫 1992 「平泉柳之御所の発掘と文献史学」 『宮城歴史科学研究』№34
熊谷公男 1992 「古代史からみた柳之御所跡―古代城柵との比較を中心として―」 『歴史手帖』20ー10
松本建速 1992 「柳之御所とかわらけ」 『歴史手帖』20-10
菅野文夫 1992 「平泉の『幕府』」 『歴史手帖』20-10
大平聡 1992 「都市平泉研究の新地平―斉藤利男『平泉』を読む―」 『歴史手帖』20-10
八重樫忠郎 1992 「柳之御所跡出土の鳥帽子について」 『歴史手帖』20-10
松本建速 1992 「柳之御所跡におけるかわらけ存在の意味」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅡ
藤沼邦彦 1992 「石巻市水沼窯跡の再検討と平泉藤原氏」 『石巻の歴史』第6巻
斉藤利男 1992 『平泉 よみがえる中世都市』岩波新書
大石直正 1993 「地域性と交通」 『岩波講座日本通史』7
埴原和郎 1993 「ミイラからみた藤原四代」 『黄金の平泉藤原一族の時代』
菅野成寛 1993 「中尊寺金色堂―院政文化の謎」 『黄金の平泉藤原一族の時代』
三浦謙一 1993 「柳之御所跡を発掘する」 『奥州藤原氏と平泉』
岡田清一 1993 「基成から秀衡へ」 『古代文化』45-9
前川佳代 1993 「平泉の鎮守」 『古代文化』45-9
江谷寛 1993 「平安京出土瓦から見た平泉出土瓦の年代」 『古代文化』45-9
及川司 1993 「〈図版解説〉『平泉遺跡群の発掘調査」 『古代文化』45-9
本澤愼輔 1993 「12世紀平泉の都市景観の復元」 『古代文化』45-9
前川佳代 1993 「平泉の鎮守」 『古代文化』45-9
吉村佳子 1993 「折敷墨書の服飾について」 『日本史の中の柳之御所跡』
金丸義一 1993 「寝殿造と水辺」 『日本史の中の柳之御所跡』
五味文彦 1993 「「吾妻鏡」と平泉」 『日本史の中の柳之御所跡』
高橋克彦 1993 「平泉文化の特質」 『日本史の中の柳之御所跡』
小野正敏 1993 「中世みちのくの陶磁器と平泉」 『日本史の中の柳之御所跡』
三浦謙一 1993 「柳之御所跡調査の現場から1 (財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターの調査区域」 『日本史の中の柳之御所跡』
八重樫忠郎 1993 「柳之御所跡調査の現場から2 平泉町教育委員会の調査区域」 『日本史の中の柳之御所跡』
吉村佳子 1993 「折敷墨書の服飾について」 『日本史の中の柳之御所跡』
岡田清一 1993 「柳之御所跡―奥州平泉の都市計画―」 『別冊歴史読本みちのく燃ゆ』
八木光則 1993 「陸奥中部における古代末期の土器群」 『歴史時代土器研究:』第8号
伊藤一義 1993 「藤原基衡―奥羽両国支配の確立」 『歴史読本』595(38-11)
遠藤巌 1993 「藤原清衡ー平泉開府と中尊寺建立」 『歴史読本』595(38-11)
岡田清一 1993 「藤原秀衡―公権を握った北方の王者」 『歴史読本』595(38-11)
金丸義一 1993 「藤原氏四代の邸宅」 『歴史読本』595(38-11)
須藤弘敏 1993 「金色堂建立と金棺の謎」 『歴史読本』595(38-11)
松本建速 1993 「12世紀平泉の都市計画」 『歴史読本』595(38ー11)
菅野成寛 1993 「宗教都市・平泉のロケーション」 『歴史読本』595(38ー11)
菅野文夫 1993 「馬産の国奥州―貢馬の伝統」 『歴史読本』595(38ー11)
斉藤利男 1993 「奥州の産金と金売吉次伝説」 『歴史読本』595(38ー11)
大矢邦宣 1993 「清衡の妻『北方平氏』」 『歴史読本』595(38ー11)
入間田宣夫 1993 「遺物からわかる日常生活」 『歴史読本』595(38ー11)
誉田慶信 1993 「藤原泰衡―運命の奥州『追討』戦」 『歴史読本』595(38ー11)
松本建速 1993 「柳之御所跡出土かわらけ編年試案」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅢ
野口実 1993 「平安期における奥羽諸勢力と鎮守府将軍」 『古代世界の諸相』
前川佳代 1993 「衣関考」 『古代世界の諸相』
渡辺誠 1993 「柳之御所跡出土の御簾編み用錘について」 『古代世界の諸相』
大石直正 1993 「平泉文化と柳之御所遺跡」 『六軒丁中世史研究』第1号
荒木伸介 1993 『平泉奥州藤原氏黄金の夢』
高橋崇 1993 『藤原秀衡―奥州藤原氏の栄光』
高橋克彦(編) 1993 『黄金の平泉 藤原一族の時代』
高橋富雄 1993 『奥州藤原氏―その光と影』
高橋富雄・三浦謙一・入間田宣夫 1993 『図説 奥州藤原氏と平泉』河出書房新社
平泉文化研究会 1993 『日本史の中の柳之御所跡』吉川弘文館
吉田努・井上雅孝 1994 「滝沢村大釜館遺跡出土の古代末期の土器について」 『岩手考古学』第6号
高橋昭治・八木光則 1994 「岩手町出土の古代末期の土器」 『岩手考古学』第6号
松本建速 1994 「ロクロかわらけと手づくねかわらけ」 『岩手考古学』第6号
八重樫忠郎 1994 「常滑・渥美窯産甕の12世紀後半における変化」 『岩手考古学』第6号
菅野成寛 1994 「都市平泉における鎮守成立試論―霊山神と都市神の勧請―」 『岩手史学研究』№77
松本建速 1994 「平泉古図を読む」 『奥州藤原四代』
松本建速 1994 「かわらけが語る秀衡全盛期」 『奥州藤原四代』
入間田宣夫 1994 「平泉柳之御所跡研究の現在」 『国立歴史民俗博物館研究報告・第63集』
大平聡 1994 「堀の系譜」 『城と館を掘る・読む』
齋藤利男 1994 「都市平泉と北方世界」 『中世の光景』
入間田宣夫 1994 「中尊寺金色堂の視線」 『中世の地域社会と交流』
齋藤利夫 1994 「東北の『平泉前史』」 『平泉の原像』
本澤慎輔 1994 「掘立柱建物跡の平面形態と関連遺物」 『柳之御所跡の検討資料』
菅野成寛 1994 「平泉出土の国産・輸入陶磁器と宋版一切経の船載―2代基衡と院近臣―」 『柳之御所跡発掘調査報告書』
菅野文夫 1994 「柳之御所跡の保存決定によせて」 『歴史学研究』657
高島緑雄 1994 「柳之御所跡遺跡の保存運動」 『歴史手帖』22-7
菅野文夫 1994 「平泉柳之御所跡と平泉研究」 『歴史評論』№535
本堂寿一 1994 「所謂蝦夷館から柳之御所跡まで」 『歴史評論』№535
五味文彦 1994 「中世の館」 『歴史を読みなおす7 中世の館と都市―ミクロの空間から』
鎌田勉 1994 「柳之御所跡出土瓦からの一考察」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅣ 
松本建速 1994 「手づくねかわらけからみた個の解釈」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅣ 
金丸義一他 1994 『中尊寺総合調査―第一次遺構確認調査報告書』
岩田重雄 1994 「柳之御所跡出土の尺度」 『計量史研究』16-1
狭川真一 1995 「平泉型宝塔について」 『岩手考古学』第7号
室野秀文 1995 「厨川の中世初期居館」 『岩手考古学』第7号
菅野成寛 1995 「藤原秀衡・泰衡期における陸奥国衙と惣社」 『岩手史学研究』78
松本建速 1995 「平泉町達谷の語源―地名の考古学―」 『岩手史学研究』№78
八重樫忠郎 1995 「平泉遺跡群の常滑焼」 『考古学ジャーナル』396
大平寛 1995 「都市平泉と奥州藤原氏」 『情況』2-6-3
斉藤利男 1995 「都市平泉」 『図説岩手県の歴史』
入間田宣夫 1995 「馬の領主と海の領主」 『図説岩手県の歴史』
入間田宣夫 1995 「文治五年合戦」 『図説岩手県の歴史』
伊藤博幸 1995 「藤原氏と平泉文化」 『図説岩手の歴史』
本澤慎輔 1995 「都市平泉の成立と構造」 『中世都市研究2/古代から中世へ』
本堂寿一 1995 「藤原四代の栄華 平泉」 『中世の風景を読む1/蝦夷の世界と北方交易』
八重樫忠郎 1995 「奥州平泉に見る常滑焼」 『常滑焼と中世社会』
斉木秀雄 1995 「中世鎌倉の出土遺物?」 『平泉と鎌倉』永福寺遺物展記念
福田誠 1995 「源頼朝縁の寺『永福寺』」 『平泉と鎌倉』永福寺遺物展記念
清水擴 1995 「平泉の仏教文化と鎌倉」 『平泉と鎌倉』永福寺遺物展記念
本澤愼輔 1995 「平泉遺跡群と中尊寺について」 『平泉と鎌倉』永福寺遺物展記念
八重樫忠郎 1995 「平泉町出土の刻画文陶器集成」 『平泉と鎌倉』永福寺遺物展記念
鎌田勉 1995 「陸奥国北部の瓦」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅤ
鎌田勉・八重樫忠郎 1995 「岩手県内の経塚の検証1」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅤ
佐々木努 1995 「平泉町泉屋遺跡出土の柱状高台と突帯文四耳壺」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅤ
松本建速 1995 「平泉のかわらけと平安京のかわらけの比較」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅤ
入間田宣夫 1995 「平泉柳之御所跡研究の現在」 『国立歴史民俗博物館研究報告』第63集
飯淵康一他 1995 『古代末期平泉に於ける方角認識』
藤島亥治郎 1995 『平泉建築文化研究』吉川弘文館
野中哲照 1995 「「奥州後三年記」の成立圏」 『鹿児島短期大学研究紀要』第55号
野中哲照 1995 「「奥州後三年記」の成立年代」 『鹿児島短期大学研究紀要』第56号
鎌田勉 1996 「岩手県内の経塚の検証」2 『岩手考古学』第8号
菅野成寛 1996 「『延慶本平家物語』追討宣旨考―鎮守府将軍藤原秀衡宣旨の真偽をめぐって―」 『岩手史学研究』79
松本建速 1996 「かわらけを作った人々のこと」 『考古学雑渉―西野元先生退官記念論集』
桜井芳彦 1996 「比爪館の調査と課題」 『考古学ジャーナル』407
井上雅孝 1996 「岩手県における古代末期から中世前期の土器様相(素描)」 『中近世土器の基礎研究』ⅩⅠ
本澤慎輔 1996 「平泉の中世遺物」 『東北中世考古学の現状と課題』
松本建速 1996 「絵巻物にみる器の解釈」 『物質文化』
入間田宣夫 1996 「中尊寺造営にみる清衡の世界戦略―『寺塔已下注文』記事について―」 『宮城歴史科学研究』第42号
高橋義介 1996 「岩手県における古代の木製食器について(その1)」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅥ 
羽柴直人 1996 「近世の「柳之御所跡」について」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅥ 
荒木伸介 1996 「平泉・発掘調査の歩み」 『考古学ジャーナル』407
及川司 1996 「中尊寺調査に見る平泉の初期的様相」 『考古学ジャーナル』407
菅野成寛 1996 「海の将軍,平泉藤原氏」 『考古学ジャーナル』407
千葉信胤 1996 「平泉地名研究の諸問題」 『考古学ジャーナル』407
本澤慎輔 1996 「都市平泉の地割りについて」 『考古学ジャーナル』407
八重樫忠郎 1996 「藤原氏以後の平泉」 『考古学ジャーナル』407
八重樫忠郎 1996 「輸入陶磁器から見た柳之御所跡」 『中近世土器の基礎研究』ⅩⅠ
八重樫忠郎 1996 「平泉出土の輸入陶磁」 『貿易陶磁研究』第16号
小池平和 1996 『平泉藤原時代/その文化と人びと』
相原康二 1997 「江刺市増沢出土の経壷について」 『岩手県立博物館研究報告』第15号
伊藤一美 1997 「奥州藤原氏と鎌倉」 『鎌倉』第85号
伊藤博幸 1997 「律令期村落の基礎構造」 『岩手史学研究』第80号 
井上雅孝 1997 「陸奥における10・11世紀の土器様相」 『北陸古代土器研究』第7号 
入間田宣夫 1997 「平泉藤原氏の自己認識」 『東北の歴史再発見』
入間田宣夫 1997 「平泉柳之御所跡出土の折敷墨書を読む(続)」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅦ 
大石直正 1997 「奥州藤原氏の北奥開発」 『六軒丁中世史研究』第5号
鎌田勉 1997 「岩手県内の経塚の検証2」 『岩手考古学』第9号
菅野成寛 1997 「中尊寺供養願文の諸問題―吾妻鏡との整合性をめぐって―」 『宮城歴史科学研究』第43・44号併合
高橋富雄 1997 「平泉文化の道―道の道海の道―」 『岩手史学研究』№80・第80号記念特集
田中恵 1997 「華の仏―隠れた仏たち―」 『藤森武写真集 華の仏』
羽柴直人 1997 「岩手県平泉町における近世掘立柱民家について」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅦ 
樋口知志 1997 「安倍氏の時代」 『岩手史学研究』第80号 
松本建速 1997 「12世紀平泉の四面廂掘立柱建物」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅦ 
室野秀文 1997 「平泉関山丘陵の城郭遺構」 『中尊寺総合調査―第2次遺構確認調査報告書―』
八重樫忠郎 1997 「輸入陶磁器からみた平泉」 『貿易陶磁研究』第17号
八重樫忠郎 1997 「平泉の出吹き遺跡の一例」 『梵鐘』№6
羽柴直人・千葉和弘 1998 「平泉町中尊寺の文永九年銘の板碑について」 『岩手考古学』第10号
八重樫忠郎 1998 「平泉白山社遺跡の梵鐘鋳造遺構」 『季刊考古学』62
三浦謙一 1998 「発掘されたトイレ遺構/岩手県柳之御所遺跡ほか」 『トイレ遺構の総合的研究―発掘された古代・中世トイレ遺構の検討―』
八重樫忠郎 1998 「平泉の道―古道と検出された道」 『発掘された中世古道Part1』
八重樫忠郎 1998 「平泉の井戸跡」 『館研究』第1号
鎌田勉 1998 「柳之御所遺跡出土瓦の製作者について」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅧ 
杉沢昭太郎 1998 「岩手県における中世後半のかわらけの様相」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅧ 
沼田和宏・松本建速 1998 「岩手県平泉町柳之御所遺跡出土かわらけの胎土分析」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅧ 
羽柴直人 1998 「岩手県南の擂鉢について―岩手県西磐井郡平泉町の事例を中心にー」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅧ 
松本建速 1998 「柳之御所遺跡出土遺構の変遷とその性質」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅧ 
鎌田勉 1998 「無量光院と加羅御所」 『岩手県立博物館研究報告』第16号 
本澤慎輔 1998 「平泉毛越寺庭園」 『日本庭園学会誌』6
松本建速 1998 「12世紀代東北地方におけるかわらけ存在の意味」 『中近世土器の基礎研究』ⅩⅢ 
岩手県立博物館編 1998 『岩手の仏画Ⅰ―中尊寺・毛越寺の仏画―』
八重樫忠郎 1998 「平泉・白山社遺跡の梵鐘鋳造遺構」 『季刊考古学』62
川島茂裕 1998 「中尊寺供養願文の研究史と毛越寺説(2)」 『富士大学紀要』第31巻2号
入間田宣夫 1998 『中世武士団の自己認識』三弥井書店
八重樫忠郎 1999 「平泉・無量光院跡再考」 『岩手考古学』第11号
斉藤利男 1999 「「宿館」「宿所」と「本宅」」 『国立歴史民俗博物館研究報告』第78集
藤原良章 1999 「中世の交流と物流」 『中世のみちと物流』
八重樫忠郎 1999 「平泉への道・平泉の道」 『中世のみちと物流』
仲田茂司 1999 「平泉・柳之御所跡の復元試案」 『考古学に学ぶ』同志社大学考古学シリーズⅦ
佐々木邦世 1999 『平泉中尊寺』
高橋富雄 1999 『平泉の世紀 古代と中世の間』NHK出版
上原真人 2000 「平安京からみた花立Ⅱ遺跡出土軒瓦の年代」 『瓦からみた平泉文化』
小林康幸 2000 「12世紀末から13世紀初めの鎌倉と東国の瓦」 『瓦からみた平泉文化』
佐川正敏 2000 「12世紀の瓦作り」 『瓦からみた平泉文化』
佐藤嘉広 2000 「柳之御所遺跡の暦年代」 『山形考古』第6巻4号
杉本宏 2000 「京都の瓦・平泉の瓦」 『瓦からみた平泉文化』
仲田茂司 2000 「平泉・柳之御所の性格」 『阿部正光君追悼集』
羽柴直人 2000 「平泉御蔵場についての考察」 『館研究』第2号
羽柴直人 2000 「平泉遺跡群の墨書のある中国産陶磁器について」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅨ  
羽柴直人 2000 「柳之御所遺跡に礎石建物がある可能性」 『岩手考古学』第12号
本澤愼輔 2000 「平泉出土の瓦」 『瓦からみた平泉文化』
前川佳代 2000 「平泉の都市プラン」 『寧楽史苑』45号
川島茂裕 2000 「寺塔已下注文の基本テキストと中世都市論」 『史海』47
入間田宣夫 2000 「みちのくの都のくらしを復元する」 『ものがたり 日本列島に生きた人たち 1遺跡上』
羽柴直人 2001 「柳之御所遺跡堀内部地区の中心建物群について」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅩ
羽柴直人 2001 「平泉遺跡群のロクロかわらけについて」 『岩手考古学』第13号
菅野成寛 2001 「一〇世紀北奧における衣関成立試論」 『岩手史学研究』第84号
樋口知志 2001 「『陸奥話記』と安倍氏」 『岩手史学研究』第84号
八木光則 2001 「王朝国家期の国郡制と北奧の建郡」 『岩手史学研究』第84号
上原真人 2001 「秀衡の持仏堂」 『京都大学文学部研究紀要』第40号
八重樫忠郎 2001 「平泉の手工業者」 『考古学ジャーナル』478
相原康二 2001 「平泉遺跡群の現状と課題」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
及川司 2001 「12世紀前半の平泉」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
冨島義幸 2001 「平泉の都市空間と仏教建築」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
羽柴直人 2001 「平泉を構成する地割」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
本澤愼輔 2001 「平泉の庭園遺構」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
八重樫忠郎 2001 「東北における中世初期陶磁器の分布」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
八木光則 2001 「奥六郡安倍氏から奥州藤原氏へ」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
山本信夫 2001 「11・12世紀平泉の貿易陶磁と京都・大宰府」 『都市・平泉』日本考古学協会2001年度盛岡大会研究発表資料集
斉藤利夫 2001 「都市平泉について」 『平泉文化研究年報』第1号
前川要 2001 「中世東アジアにおける平泉の都市史上における位置づけ」 『平泉文化研究年報』第1号
前川佳代 2001 「平泉の苑地」 『平泉文化研究年報』第1号
本中真 2001 「今、世界遺産委員会で語られていること」 『平泉文化研究年報』第1号
八重樫忠郎 2001 「中世前期の時間軸としての遺物」 『平泉文化研究年報』第1号
吉田歓 2001 「東アジアの世界の中の都市平泉」 『平泉文化研究年報』第1号
大石直正 2001 『奥州藤原氏の時代』吉川弘文館
大石直正・高良倉吉・高橋公明 2001 『周縁からみた中世日本』講談社
丸山仁 2001 「平泉藤原氏と鎮護国家大伽藍一区」 『六軒丁中世史研究』第8号
大矢邦宣 2001 『奥州藤原氏五代』河出書房
菅野成寛 2001 「関山中尊寺にみる伝承と史実」 『山家学会紀要』4
川島茂裕 2002 「藤原清衡の妻たち」 『平泉の世界』 
菅野成寛 2002 「平泉の宗教と文化」 『平泉の世界』 
工藤清泰 2002 「環濠集落とは何か」 『平泉の世界』 
野口実 2002 「列島ネットワークの中の平泉」 『平泉の世界』 
羽柴直人 2002 「平泉の道路と都市構造の変遷」 『平泉の世界』 
樋口知志 2002 「前九年合戦と後三年合戦」 『平泉の世界』 
八重樫忠郎 2002 「平泉藤原氏の支配領域」 『平泉の世界』 
八木光則 2002 「奥六郡安倍氏から奥州藤原氏へ」 『平泉の世界』 
西村幸夫 2002 「歴史的遺産を活かしたまちづくり」 『平泉文化研究年報』第2号
降矢哲男 2002 「平泉出土の貿易陶磁」 『平泉文化研究年報』第2号
前川要 2002 「平泉出土土器の認知考古学的研究」 『平泉文化研究年報』第2号
八重樫忠郎 2002 「東北の経塚」 『平泉文化研究年報』第2号
吉田歓 2002 「白河・鳥羽・平泉」 『平泉文化研究年報』第2号
入間田宣夫・豊見山和行 2002 「北の平泉、南の琉球』中央公論新社
高橋崇 2002 『奥州藤原氏』中公新書
及川司 2003 「平泉」 『季刊考古学』第85号
杉沢昭太郎 2003 「岩手県平泉で出土した産地不明の輸入陶器」 『貿易陶磁研究』第23号
川島茂裕 2003 「奥羽合戦における藤原泰衡の布陣と藤原基成の娘」 『宮城歴史科学研究』53・54号
川島茂裕 2003 「藤原基衡と秀衡の妻たち」 『歴史』第101輯
岩手県立博物館考古分野 2003 「衣川流域における古代末期遺跡の分布調査(1)」 『岩手県立博物館研究報告』第20号
岩手県立博物館考古分野 2003 「衣川流域における古代末期遺跡の分布調査(2)」 『岩手県立博物館研究報告』第21号
高橋学 2003 「滑石製石鍋と山茶碗」 『秋田県埋蔵文化財センター研究紀要』第17号
及川司・杉沢昭太郎 2003 「陸奥のかわらけ 陸奥北部1 岩手県」 『中世奥羽の土器・陶磁器』
中田書矢 2003 「中世奥羽におけるかわらけの意味」 『中世奥羽の土器・陶磁器』
中山雅弘 2003 「奥羽におけるかわらけの生産」 『中世奥羽の土器・陶磁器』
羽柴直人 2003 「平泉におけるかわらけの用途と機能」 『中世奥羽の土器・陶磁器』
八重樫忠郎 2003 「奥羽における輸入陶磁器の受容」 『中世奥羽の土器・陶磁器』
杉本宏 2003 「浄土への憧憬」 『平泉文化研究年報』第3号
八重樫忠郎 2003 「平泉文化にみえる北と南」 『平泉文化研究年報』第3号
吉田歓 2003 「武士の館の構造」 『平泉文化研究年報』第3号
渕原智幸 2003 「歌枕の用例分析からみる平安中期東北支配の推移」 『平泉文化研究年報』第3号
前川要 2003 「考古学から見た東北北部における中世社会の確立」 『平泉文化研究年報』第3号
入間田宣夫 2003 『都市平泉の遺産』山川出版社
金丸義一 2004 「衣川長者ヶ原廃寺について」 『岩手考古学』第16号
国生尚 2004 「長者ヶ原廃寺の伽藍配置雑感」 『岩手考古学』第16号
鹿野里絵 2004 「平泉遺跡群における12世紀庇付き建物」 『岩手考古学』第16号
川島茂裕 2004 「『吾妻鏡』に見える郭について」 『岩手考古学』第16号
前川佳代 2004 「如法経信仰と平泉」 『地域と古文化』
川島茂裕 2004 「藤原基成娘の鎌倉連行について」 『中尊寺仏教文化研究所論集』第2号
大矢邦宣 2004 「「中尊寺建立供養願文」を読む」 『中尊寺仏教文化研究所論集』第2号
長岡龍作 2004 「中尊寺金色堂壇上諸仏の調査について」 『中尊寺仏教文化研究所論集』第2号
井出靖夫 2004 「平泉成立前後における土器様式の変遷」 『平泉文化研究年報』第4号
羽柴直人 2004 「安倍氏の「柵」の構造」 『平泉文化研究年報』第4号
岡陽一郎 2004 「中世都市周縁部の歴史を探る」 『平泉文化研究年報』第4号
冨島義幸 2004 「平安時代後期における浄土のイメージと建築造形」 『平泉文化研究年報』第4号
大石直正 2004 「平泉柳之御所跡発見の「磐前村印」と荘園公領」 『米沢史学』20
冨島義幸 2004 「平泉柳之御所遺跡出土部材にもとづく板葺屋根の復元考察」 『建築史学』第43号 
羽柴直人 2004 「柳之御所遺跡の変遷」 『国立歴史民俗博物研究報告』第118集 
羽柴直人 2004 「政権都市としての平泉」 『政権都市 中世都市研究9』
佐川美術館 2004 『国宝中尊寺展』
内藤榮 2004 [金色堂と舎利法] 『仏教芸術』277
水野敬三郎 2004 「中尊寺一字金輪像について」 『仏教芸術』277
入間田宣夫 2004 「藤原秀衡の奥州幕府構想」 『源義経 流浪の勇者』
佐藤嘉広 2005 「柳之御所遺跡出土かわらけの年代推定」 『岩手考古学』第17号
田中則和 2005 「東北地方中世墓の様相と画期」 『東北中世史の研究』(下)
遠藤基郎 2005 「平泉藤原氏と陸奥国司」 『東北中世史の研究』(上)
丸山仁 2005 「奥州平泉と京」 『東北中世史の研究』(上)
佐藤健治 2005 「平泉惣別当体制と中尊寺衆徒・毛越寺衆徒」 『東北中世史の研究』(上)
菅野成寛 2005 「鎮守府付属寺院の成立」 『東北中世史の研究』(上)
川島茂裕 2005 「藤原秀衡の「常居所」と泰衡の「居所」」 『東北中世史の研究』(上)
岩手県立博物館考古分野 2005 「衣川流域における古代末期遺跡の分布調査(3)」 『岩手県立博物館研究報告』第22号
前川佳代 2005 「平泉と宇治」 『古代日本と東アジア世界』 
八重樫忠郎 2005 「平泉における寺院」 『中世の都市と寺院』
岩手県教育委員会事務局生涯学習文化課柳之御所班 2005 「柳之御所遺跡中心域における遺構の変遷(中間報告)~史跡整備計画との関わりを中心に~」 『平泉文化研究年報』第5号
岡陽一郎 2005 「中世都市周縁部の歴史を探る-毛越地区の踏査から-その2」 『平泉文化研究年報』第5号
入間田宣夫 2005 『北日本中世社会史論』吉川弘文館
冨島義幸 2005 「平安時代後期京都の伽藍と毛越寺・嘉祥寺」 『平泉文化研究年報』第5号
野中奈津子 2005 「柳之御所付近の沖積地の河川氾濫と河道痕跡の検出」 『平泉文化研究年報』第5号
羽柴直人 2005 「安倍氏の柵の構造(2)」 『平泉文化研究年報』第5号
工藤雅樹 2005 『平泉への道-国府多賀城・胆沢鎮守府・平泉藤原氏-』雄山閣
入間田宣夫 2005 「鎌倉期における中尊寺伽藍の破壊・?倒・修復記録について」 『中世の地域と宗教』
入間田宣夫 2005 「古都平泉の生活・文化遺産」 『世界遺産と歴史学』
伊藤博幸 2006 「衣川遺跡群研究ノート」 『岩手考古学』第18号
今野公顕 2006 「盛岡市大宮遺跡出土かわらけについて」 『岩手考古学』第18号
斉藤利男 2006 「安倍・清原・平泉藤原氏の時代と北奥世界の変貌」 『十和田湖が語る古代北奥の謎』
菅野成寛 2006 「中尊寺十界阿弥陀堂の成立」 『宮城歴史科学研究』第60号
大石直正 2006 「「柳之御所における宴会の風景」の舞台裏」 『宮城歴史科学研究』第60号
冨島義幸 2006 「平泉建築の復元」 『宮城歴史科学研究』第60号
田中則和 2006 「多賀国府の変容」 『鎌倉時代の考古学』 
室野秀文 2006 「城館の発生とその機能」 『鎌倉時代の考古学』 
八重樫忠郎 2006 「日本的都市・平泉」 『鎌倉時代の考古学』 
吉田博行 2006 「陣が峯城跡」 『鎌倉時代の考古学』 
鎌田勉 2006 「柳之御所出土瓦についての再検討」 『岩手県立博物館研究報告』第23号 
岩手県教育委員会事務局生涯学習文化課柳之御所班 2006 「柳之御所遺跡中心域における遺構の変遷(中間報告 その2)~史跡整備計画との関わりを中心に~」 『平泉文化研究年報』第6号 
岡陽一郎 2006 「中世都市周縁部の歴史を探る-毛越地区の踏査から-その3」 『平泉文化研究年報』第6号 
木本挙周 2006 「柳之御所遺跡出土瓦の研究」 『平泉文化研究年報』第6号 
冨島義幸 2006 「平泉柳之御所遺跡の建築についての一考察」 『平泉文化研究年報』第6号 
羽柴直人 2006 「安倍氏の柵から平泉の居館へ」 『平泉文化研究年報』第6号 
及川真紀・福島正和 2006 「衣川遺跡群とは何か」 『歴史評論』678
斉藤利男 2006 「北方世界のなかの平泉・衣川」 『歴史評論』678
羽柴直人 2006 「南北奥羽の居館遺跡と平泉政権」 『歴史評論』678
菅野成寛 2006 「「都市平泉」像の再構築」 『歴史評論』678
鈴木琢也 2006 「北日本における古代末期の北方交易」 『歴史評論』678
岩手県立博物館考古部門 2006 『衣川流域における古代末期遺跡調査報告書』岩手県立博物館調査研究報告書第21冊
関幸彦 2006 『東北の争乱と奥州合戦』吉川弘文館
岡田清一 2006 『鎌倉幕府と東国』続群書類従完成会
八重樫忠郎 2006 「霊場平泉」 『中世の聖地・霊場』
菅野成寛 2006 「中尊寺十界阿弥陀堂の成立」 『宮城歴史科学研究』60
羽柴直人 2007 「経埋ムベキ山」 『「都市平泉」CG復元論集』
菅野成寛 2007 「CG「蘇る都市平泉制作における儀礼と荘厳の復元」 『「都市平泉」CG復元論集』
大石直正 2007 「「人々給絹日記」を読み直す」 『「都市平泉」CG復元論集』
冨島義幸 2007 「平泉の建築を復元する」 『「都市平泉」CG復元論集』
北嶺澄照 2007 「中尊寺に関する検討」 『「都市平泉」CG復元論集』
井上雅孝・野坂晃平・田中美穂 2007 「江刺市豊田館跡出土の?仏」 『岩手考古学』第19号
室野秀文・井上雅孝・神原雄一郎 2007 「滝沢村八幡館山遺跡について」 『岩手考古学』第19号
阿部勝則 2007 「世界遺産としての「平泉」」 『東アジアの平泉』
岡陽一郎 2007 「中世都市平泉に生きた人々」 『東アジアの平泉』
佐藤嘉広 2007 「平泉の「古層」」 『東アジアの平泉』
斎藤邦雄 2007 「柳之御所遺跡の概要」 『東アジアの平泉』
菅野成寛 2007 「中尊寺「宋版一切経」の舶載」 『東アジアの平泉』
菅野文夫 2007 「平泉研究の現在」 『東アジアの平泉』
千葉信胤 2007 「平泉余話」 『東アジアの平泉』
入間田宣夫 2007 「平泉藤原氏による建寺・造仏の国際的意義」 『東アジアの平泉』
八重樫忠郎 2007 「東アジアの平泉」 『東アジアの平泉』
石崎高臣 2007 「伝説と伝承の衣川」 『平泉・衣川と京・福原』
入間田宣夫 2007 「衣川館と平泉館」 『平泉・衣川と京・福原』
及川真紀 2007 「白鳥舘遺跡とその周辺」 『平泉・衣川と京・福原』
鹿野里恵 2007 「長者ヶ原廃寺跡」 『平泉・衣川と京・福原』
菅野成寛 2007 「平泉都市構造の再検討」 『平泉・衣川と京・福原』
斉藤利夫 2007 「都市衣川・平泉と北方世界」 『平泉・衣川と京・福原』
高橋昌明 2007 「西の福原と北の衣川・平泉」 『平泉・衣川と京・福原』
七海雅人 2007 「平泉藤原氏・源義経研究の新しい動向」 『平泉・衣川と京・福原』
西澤正晴 2007 「柳之御所遺跡調査の現段階」 『平泉・衣川と京・福原』
羽柴直人 2007 「衣川遺跡群の発掘・調査」 『平泉・衣川と京・福原』
保立道久 2007 「義経・基成と衣川」 『平泉・衣川と京・福原』
柳原敏昭 2007 「「寺塔已下注文」の新解釈をめぐって」 『平泉・衣川と京・福原』
磯野綾 2007 「中世平泉の市街地形成」 『平泉文化研究年報』第7号
関根達人 2007 「平泉文化と北方交易1」 『平泉文化研究年報』第7号
鳥山愛子 2007 「12世紀柳之御所遺跡における掘立柱建物の研究」 『平泉文化研究年報』第7号
前川佳代 2007 「「聖地」平泉」 『平泉文化研究年報』第7号
柳之御所遺跡調査事務所 2007 「柳之御所遺跡の検討(中間報告 その3)~史跡整備計画との関わりを中心に~」 『平泉文化研究年報』第7号
目時和哉 2007 「伝「中尊寺落慶供養願文」再考」 『六軒丁中世史研究』第12号
入間田宣夫 2007 『平泉藤原氏と南奥武士団の成立』歴史春秋出版
五味文彦 2007 『王の記憶』新人物往来社
斉藤利男 2007 「北の古代末期防御性集落の成立・発展・消滅と王朝国家」 『古代蝦夷からアイヌへ』
樋口知志 2008 「藤原清衡論(上)」 『アルテス リベラレス』第82号
樋口知志 2008 「藤原清衡論(下)」 『アルテス リベラレス』第83号
八木光則 2008 「柳之御所遺跡整備に望む」 『岩手史学研究』第89号
羽柴直人 2008 「平泉の発掘調査」 『歴史研究の最前線』
玉井哲雄 2008 「平泉・鎌倉の建築文化」 『歴史研究の最前線』
小野正敏 2008 「平泉と鎌倉、発掘された虚と実」 『歴史研究の最前線』
羽柴直人 2008 「平泉の宴」 『宴の中世』
大平聡 2008 「堀のある風景」 『季刊東北学』第16号
工藤雅樹 2008 「蝦夷の系譜」 『季刊東北学』第16号
長岡龍作 2008 「救済と表象」 『季刊東北学』第16号
七海雅人 2008 「平泉藤原氏と中世武家政権論」 『季刊東北学』第16号
誉田慶信 2008 「平泉・宗教の系譜」 『季刊東北学』第16号
宮本長二郎 2008 「柳之御所遺跡の建築」 『季刊東北学』第16号
柳原敏昭 2008 「奥羽古代・中世交易史」 『季刊東北学』第16号
羽柴直人 2008 「奥州藤原氏と平泉文化圏」 『考古学ジャーナル』571
磯野綾 2008 「平泉の市街地形成」 『平泉文化研究年報』第8号
鈴木弘太 2008 「12世紀の二つの都市」 『平泉文化研究年報』第8号
関根達人 2008 「平泉文化と北方交易2」 『平泉文化研究年報』第8号
前川佳代 2008 「「苑地都市」平泉」 『平泉文化研究年報』第8号
柳之御所遺跡調査事務所 2008 「柳之御所遺跡堀内部地区の遺構変遷(中間報告 その4)」 『平泉文化研究年報』第8号
NHK仙台放送局 2008 『平泉 みちのく浄土』
本中眞 2008 「平泉-浄土思想を基調とする文化的景観」の評価・審査をめぐって」 『月刊文化財』541
大矢邦宣 2008 『平泉 自然美の浄土』里文出版
樋口知志 2009 「『奥州後三年記』について」 『アルテス リベラレス』第84号
及川真紀・島原弘征 2009 「平泉(11世紀後半~文治5年)」 『岩手考古学』第20号
八重樫忠郎 2009 「平泉の土木遺構」 『季刊考古学』第108号
前川佳代 2009 「古代地方都市の"かたち"」 『古代都城のかたち』
斉藤利男 2009 「北の辺境世界と平泉政権」 『説話文学研究』44
佐藤嘉広 2009 「奥州に夢見た理想郷と庭園群」 『東アジアにおける理想郷と庭園』
鎌田勉 2009 「柳之御所遺跡の祭祀遺構について(1)」 『岩手県立博物館研究報告』第26号 
前川佳代 2009 「条坊の残影」 『古代都市とその思想』奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集Vol.21
磯野綾 2009 「平泉の市街地形成」 『平泉文化研究年報』第9号 
鈴木啓司 2009 「12世紀に奥羽における陶器の研究」 『平泉文化研究年報』第9号 
関根達人 2009 「北奥の12世紀」 『平泉文化研究年報』第9号 
前川佳代 2009 「都市平泉の形成」 『平泉文化研究年報』第9号 
柳之御所遺跡調査事務所 2009 「柳之御所遺跡堀内部地区の建物復元(中間報告 その5)」 『平泉文化研究年報』第9号 
菅野成寛 2009 「「陸奥国骨寺村絵図」の宗教史」 『季刊東北学』21
入間田宣夫 2009 「御館は秀郷将軍嫡流の正統なり」 『奥羽から中世をみる』
飯村均 2009 『中世奥羽のムラとマチ』東京大学出版会
井上雅孝 2009 『奥州平泉から出土する土器の編年的研究』
工藤雅樹 2009 『平泉藤原氏』無明舎出版
黒崎直 2009 『水洗トイレは古代にもあった』吉川弘文館
五味文彦 2009 『日本の中世を歩く』岩波新書
入間田宣夫 2010 「都市平泉研究の問題点」 『学習院史学』第48号
七海雅人 2010 「奥州と幕府」 『鎌倉の世界』史跡で読む日本の歴史6
井上雅孝 2010 「岩手県出土の八稜境」 『考古学論究』第13号
八木光則 2010 「「兵」安倍・清原氏」 『考古学論究』第13号
八重樫忠郎 2010 「花立窯(瓷器系)」 『古陶の譜 中世のやきもの』
及川司 2010 「平泉の世界」 『平安の都市と文化』史跡で読む日本の歴史5
青木修 2010 「会津坂下町雷神山経塚出土の渥美・灰釉壺について」 『渥美半島の考古学』
赤羽一郎 2010 「渥美と常滑」 『渥美半島の考古学』
中野晴久 2010 「渥美窯の大型製品と経塚関連製品をめぐって」 『渥美半島の考古学』
八重樫忠郎 2010 「消費地からの渥美編年」 『渥美半島の考古学』
吉岡康暢 2010 「中世窯の成立・展開と加飾法」 『渥美半島の考古学』
鎌田勉 2010 「柳之御所遺跡の祭祀遺構について(2)」 『岩手県立博物館研究報告』第27 号 
斉藤利男 2010 「奥州藤原氏の首都遺跡」 『通交・通商圏の拡大』日本の対外関係3
入間田宣夫 2010 「亘理権大夫経清から平泉御館清衡へ」 『兵たちの登場』兵たちの時代Ⅰ
小川弘和 2010 「西の境界からみた奥羽と平泉政権」 『兵たちの登場』兵たちの時代Ⅰ
七海雅人 2010 「平泉藤原氏・奥羽の武士団と中世武家政権論」 『兵たちの登場』兵たちの時代Ⅰ
本郷和人 2010 「鎌倉幕府が意識する東国の地域的分類」 『兵たちの登場』兵たちの時代Ⅰ
五十川伸矢 2010 「みちのくの古鐘生産」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
井上雅孝 2010 「平泉かわらけの系譜と成立」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
大石直正 2010 「「人々給絹日記」を読み直す」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
岡陽一郎 2010 「平泉藤原氏と交通」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
久保智康 2010 「中世前期の鏡作り」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
狭川真一 2010 「平泉の石造文化」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
野口実 2010 「京都七条町から列島諸地域へ」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
八重樫忠郎 2010 「平泉藤原氏の陶器窯」 『兵たちの生活文化』兵たちの時代Ⅱ
大澤伸啓 2010 「発掘された平泉以前の東国寺院」 『兵たちの極楽浄土』兵たちの時代Ⅲ
菅野成寛 2010 「平安期の奥羽と列島の仏教」 『兵たちの極楽浄土』兵たちの時代Ⅲ
斉藤利男 2010 「仏教都市平泉とその構造」 『兵たちの極楽浄土』兵たちの時代Ⅲ
佐藤弘夫 2010 「霊場と巡礼」 『兵たちの極楽浄土』兵たちの時代Ⅲ
冨島義幸 2010 「中尊寺金色堂再考」 『兵たちの極楽浄土』兵たちの時代Ⅲ
長岡龍作 2010 「平泉の美術と仏教思想」 『兵たちの極楽浄土』兵たちの時代Ⅲ
誉田慶信 2010 「平泉・宗教の系譜」 『兵たちの極楽浄土』兵たちの時代Ⅲ
羽柴直人 2010 「「矢立廃寺」の研究」 『北方世界の考古学』
岩手県立博物館考古部門 2010 『人首川流域における古代末期遺跡調査報告書』岩手県立博物館調査研究報告書第26冊
大石直正 2010 『中世北方の政治と社会』校倉書房
河原純之 2010 「柳之御所遺跡の発掘調査」 『平泉文化研究年報』第10号
西澤正晴 2010 「柳之御所遺跡の調査成果」 『平泉文化研究年報』第10号
島原弘征 2010 「平泉遺跡群の調査成果」 『平泉文化研究年報』第10号
羽柴直人 2010 「柵と居館から見た平泉」 『平泉文化研究年報』第10号
前川佳代 2010 「都市史の中の平泉」 『平泉文化研究年報』第10号
誉田慶信 2010 「宗教から見た平泉」 『平泉文化研究年報』第10号
井上雅孝・君島武史・君島麻耶 2011 「北上川東岸に出土する清原期の土器様相」 『岩手考古学』第22号
八重樫忠郎 2011 「平泉の園池」 『日本庭園学会誌』24
浅利英克 2011 「安倍氏の館・鳥海柵遺跡」 『前九年・後三年合戦』
井上雅孝 2011 「岩手郡厨川における安倍氏関連の柵跡遺跡」 『前九年・後三年合戦』
井上雅孝 2011 「安倍氏の器・清原氏の器」 『前九年・後三年合戦』
岡陽一郎 2011 「後三年合戦の堀と柵」 『前九年・後三年合戦』
坂井秀弥 2011 「古代の城から館へ」 『前九年・後三年合戦』
島田祐悦 2011 「清原氏の本拠 大鳥井山遺跡と台処館跡」 『前九年・後三年合戦』
信太正樹 2011 「沼柵と金沢柵」 『前九年・後三年合戦』
高橋学 2011 「古代出羽国における城柵・城館の行方」 『前九年・後三年合戦』
冨樫泰時 2011 「台処館跡の復元」 『前九年・後三年合戦』
羽柴直人 2011 「河崎柵」 『前九年・後三年合戦』
八重樫忠郎 2011 「東北地方の四面庇建物」 『前九年・後三年合戦』
利部修 2011 「虚空蔵大台滝遺跡」 『前九年・後三年合戦』
八重樫忠郎 2011 「平泉藤原氏の蔵と宝物」 『中世人のたからもの』考古学と中世史研究8
及川真紀 2011 「白鳥舘遺跡」 『都市のかたち-権力と領域-』中世都市研究第16号
鈴木弘太 2011 「慈恵塚と慈恵大師伝承」 『都市のかたち-権力と領域-』中世都市研究第16号
高橋学 2011 「都市平泉成立の淵源に出羽国城柵の存在」 『都市のかたち-権力と領域-』中世都市研究第16号
七海雅人 2011 「平泉藤原氏・鎌倉幕府と陸奥国」 『都市のかたち-権力と領域-』中世都市研究第16号
八重樫忠郎 2011 「平泉という領域」 『都市のかたち-権力と領域-』中世都市研究第16号
斉藤利男 2011 『奥州藤原三代』山川出版
羽柴直人 2011 『東日本初期武家政権の考古学的研究』総合研究大学院大学
樋口知志 2011 『前九年・後三年合戦と奥州藤原氏』高志書院
田辺征夫 2011 「遺跡を活かし、今に伝える」 『平泉文化研究年報』第11号
松本秀明・熊谷真樹 2011 「平泉とその周辺地域の河成地形形成についての自然地理学的研究Ⅰ」 『平泉文化研究年報』第11号
岡陽一郎 2011 「中世都市平泉関連資料の再検討・再調査」 『平泉文化研究年報』第11号
藪敏裕・劉海宇 2011 「古代中国と平泉庭園」 『平泉文化研究年報』第11号
吉田歓 2011 「東アジアにおける都市造営と平泉の比較研究」 『平泉文化研究年報』第11号
中村和之 2011 「中尊寺に残されたガラス玉の非破壊的分析と考察」 『平泉文化研究年報』第11号
菅野文夫 2011 「藤原高衡と本吉荘」 『平泉文化研究年報』第11号
八木光則 2011 「北奥の古代末期囲郭集落」 『古代中世の蝦夷世界』
樋口知志 2011 「前九年合戦と北方社会」 『古代中世の蝦夷世界』
斉藤利男 2011 「安倍・清原・奥州藤原氏と北の辺境」 『古代中世の蝦夷世界』
鈴木琢也 2011 「北日本における古代末期の交易ルート」 『古代中世の蝦夷世界』
羽柴直人 2011 「北奥における奥六郡・平泉文化の流入過程」 『古代中世の蝦夷世界』
佐藤嘉広 2012 「平泉:仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の紹介」 『月刊文化財』580
本中眞 2012 「「平泉:仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の評価・審査をめぐって」 『月刊文化財』580
及川司 2012 「中尊寺境内の遺跡調査」 『中尊寺仏教文化研究所論集』第3号
国生尚 2012 「中尊寺境内 閼伽堂跡地区/法泉院地区の発掘調査」 『中尊寺仏教文化研究所論集』第3号
鹿野里絵 2012 「平泉出土の「穿孔かわらけ」と「円盤状かわらけについて」 『岩手考古学』第23号
櫻井友梓 2012 「柳之御所遺跡出土の滑石製石鍋」 『岩手考古学』第23号
前川佳代 2012 「奈良と平泉」 『奈良女子大学文学部研究教育年報』第8号
入間田宣夫 2012 「安倍・清原・藤原政権の成立史を組み直す」 『北から生まれた中世日本』
八重樫忠郎 2012 「考古学からみた北の中世の黎明」 『北から生まれた中世日本』
井上雅孝 2012 「東北」 『中世石塔の考古学』
五味文彦 2012 「世界遺産登録後の平泉を考える」 『平泉文化研究年報』第12号
松本秀明・熊谷真樹 2012 「平泉とその周辺地域の河成地形形成についての自然地理学的研究Ⅱ」 『平泉文化研究年報』第12号
岡陽一郎・阿部勝則・小岩弘明・時田里志・七海雅人・平田光彦 2012 「平泉出土文字資料の再検討 その1」 『平泉文化研究年報』第12号
藪敏裕・劉海宇 2012 「西周金文に見える苑池について」 『平泉文化研究年報』第12号
吉田歓 2012 「平泉の特殊性」 『平泉文化研究年報』第12号
越田賢一郎 2012 「12世紀前後における奥州藤原氏と北海道の関連について」 『平泉文化研究年報』第12号
菅野文夫 2012 「日記としての「給絹日記」」 『平泉文化研究年報』第12号
岡村光展 2010 「中世「骨寺村在家絵図」に描かれた小村落」 『新潟大学教育学部研究紀要 人文社会科学編』3-1
岡村光展 2011 「中世「骨寺村在家絵図」に描かれた小村落(2)」 『新潟大学教育学部研究紀要 人文社会科学編』3-2
五味文彦 2012 『日本史の新たな見方、捉え方』敬文舎
吉田歓 2012 「中世城館の成立」 『中世やまがたの城館』山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館
櫻井友梓 2013 「平泉における「内折れかわらけ」の導入とその意義」 『岩手考古学』第24号
相原康二 2013 「文学に表れた平泉文化の基礎的研究」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第1集
徳留大輔 2013 「日本出土の中国産青磁の動向」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第1集
三浦謙一 2013 「平泉の発掘庭園」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第1集
岡村光展 2013 「中世骨寺村在家絵図に描かれた小村落(3)」 『新潟大学教育学部研究紀要 人文社会科学編』5-2
井上雅孝 2013 「岩手県」 『日本石造物辞典』吉川弘文館
菅野文夫 2013 「中尊寺文書正和二年衆徒申状の周辺」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
木村直弘 2013 「平泉 音の古層」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
今野日出晴 2013 「世界遺産教育「平泉」の可能性」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
斉藤利男 2013 「平泉「北方王国」と平泉の三つの富」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
佐藤嘉広 2013 「平泉の「都市」計画と園池造営」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
中村一基 2013 「《蝦夷王義経誕生》序説」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
誉田慶信 2013 「平泉造営思想に見る仏教的要素」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
三浦謙一 2013 「飛鳥から平泉へ」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
藪敏裕 2013 「平泉起源考」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
林士民 2013 「世界文化遺産平泉の調査を振り返って」 『平泉文化の国際性と地域性』汲古書院
羽柴直人 2013 「陸前高田市矢作町出土の内耳鉄鍋」 『岩手県立博物館研究報告』第30号
八重樫忠郎 2013 「平泉・毛越寺境内の新知見」 『中世社会への視角』
吉田歓 2013 「中国の地方都市と平泉」 『平泉文化研究年報』第13号
坂井秀弥 2013 「平泉の文化遺産の可能性」 『平泉文化研究年報』第13号
越田賢一郎 2013 「平泉文化の鍋と玉」 『平泉文化研究年報』第13号
岡陽一郎・阿部勝則・小岩弘明・時田里志・七海雅人・平田光彦 2013 「平泉出土文字資料の再検討 その2」 『平泉文化研究年報』第13号
森達也 2013 「中国唐宋元代の陶磁生産と海外輸出」 『陶磁器流通の考古学』高志書院
森達也 2013 「日本出土の中国唐宋元代の陶磁」 『陶磁器流通の考古学』高志書院
村田淳 2013 「東北地方出土の平安時代施釉陶磁器集成(2)」 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター紀要』ⅩⅩⅩⅡ
渕原智幸 2013 『平安期東北支配の研究』塙書房
前川佳代 2013 「平泉の宗教施設と風水思想」 『都城制研究(7)』
三好俊文 2013 「八幡荘と治承・寿永内乱」 『市史せんだい』23
入間田宣夫 2013 『平泉の政治と仏教』高志書院
高橋一樹 2013 『東国武士団と鎌倉幕府』吉川弘文館
會澤純雄・桑静・平原英俊・沈岳明・徐軍・徳留大輔 2014 「ポータブル複合X線分析による浙江(Zhejiang)省陶磁器の元素分析」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
相原康二 2014 「文学に表れた平泉文化の基礎的研究(2)」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
佐藤由紀男・平原英俊・三浦一樹 2014 「渥美湖西窯と常滑窯製品の蛍光X線分析」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
佐藤嘉広 2014 「世界遺産「平泉」拡張登録のための類似資産調査(1)-「天地之中」登封(Deng feng)の歴史遺産群」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
佐藤嘉広・鈴木弘太 2014 「世界遺産「平泉」拡張登録のための類似資産調査(2)-チベット(Tibet)「ラサ(Lhasa)のポタラ宮(Potala Palace)と歴史遺産群」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
平原英俊・會澤純雄・桑静・藤崎聡美 2014 「3Dレーザースキャナーを用いた平泉柳之御所遺跡と無量光院跡の三次元計測」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
本中真 2014 「最近の世界遺産登録と平泉の今後」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
劉海宇 2014 「秦(Qin)代の「数術簡牘文献における私邸庭園及びその性格」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
劉海宇 2014 「中国古代の文献史料に見える洛陽(Luoyang)の平泉(Pingquen)」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第2集
荒木志伸 2014 「四面廂建物からみた平泉の都市景観」 『平泉文化研究年報』第14号
伊藤博幸 2014 「「平泉」思想と藤原清衡」 『平泉文化研究年報』第14号
越田賢一郎 2014 「平泉文化と北海道」 『平泉文化研究年報』第14号
清水擴 2014 「仏教建築にみる平泉文化の特質」 『平泉文化研究年報』第14号
七海雅人 2014 「平泉藤原氏の権力基盤に関する基礎的研究(1)」 『平泉文化研究年報』第14号
誉田慶信 2014 「平泉仏教の歴史的性格に関する文献資料学的考察」 『平泉文化研究年報』第14号
前川佳代 2014 「平泉の食文化」 『平泉文化研究年報』第14号
村田淳 2014 「胆江地域における奥州藤原氏時代の遺跡(上)」 『岩手考古学』第25号
櫻井友梓 2014 「平泉出土の下駄の変遷と特質」 『岩手考古学』第25号
榎本渉 2014 「宋元交替と日本」 『岩波講座日本歴史第7巻 中世2』 岩波書店
高橋慎一朗 2014 「中世都市論」 『岩波講座日本歴史第7巻 中世2』 岩波書店
前川佳代・島原弘征 2014 「平泉無量光院の造営プラン」 『古代学』第6号
鈴木博之 2014 「平泉遺跡群縁辺部出土陶磁器類の集成」 『公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター研究紀要』第33号 
千葉孝弥 2014 「考古学から見た多賀国府」 『講座東北の歴史第二巻 都市と村』
飯村均 2014 「中世のマチとムラ」 『講座東北の歴史第二巻 都市と村』清文堂
八木光則 2014 「東北北部における古代末期の囲郭集落」 『中世城館の考古学』
高橋学 2014 「11~12世紀の柵と城館」 『中世城館の考古学』高志書院
飯村均 2014 「中世のムラ」 『中世人の軌跡を歩く』 高志書院
植木朝子 2014 「『梁塵秘抄』の職人たち」 『中世人の軌跡を歩く』 高志書院
鈴木弘太 2014 「骨寺村と中尊寺を繋ぐ道」 『中世人の軌跡を歩く』 高志書院
藤原良章 2014 「『後三年合戦絵詞』の世界」 『中世人の軌跡を歩く』 高志書院
八重樫忠郎 2014 「平泉と鎌倉の手づくねかわらけ」 『中世人の軌跡を歩く』 高志書院
岡陽一郎 2014 「境界と貴人」 『中世人の軌跡を歩く』高志書院
斉藤利男 2014 『平泉 北方王国の夢』講談社
吉田歓 2014 『日中古代都城と中世都市平泉』汲古書院
入間田宣夫 2014 『藤原清衡』集英社
岩手県教育委員会・一関市教育委員会・奥州市教育委員会・平泉町教育委員会 2014 『日本都市史のなかの平泉 資料集』
高橋康夫 2014 「日本都市史のなかの平泉」 『日本都市史のなかの平泉』
岡田保良 2014 「世界の中の都市・平泉」 『日本都市史のなかの平泉』
吉田歓 2014 「都市平泉の建設」 『日本都市史のなかの平泉』
冨島義幸 2014 「都市平泉と浄土信仰」 『日本都市史のなかの平泉』
杉本宏 2014 「平安京周辺の都市と平泉」 『日本都市史のなかの平泉』
高橋慎一朗 2014 「中世都市と周辺地域」 『日本都市史のなかの平泉』
仁木宏 2014 「日本中世固有の都市類型」 『日本都市史のなかの平泉』
鎌田勉 2015 「平泉町花立Ⅱ遺跡出土の瓦について(2)」 『岩手県立博物館研究報告』第32号
櫻井友梓 2015 「遊戯具からみた平泉の様相」 『岩手考古学』第26号
高橋学 2015 「木都の誕生」 『木材の中世』高志書院
冨島義幸 2015 「日本建築の歴史に見る木の再利用」 『木材の中世』高志書院 
中澤寛将 2015 「古代・中世環日本海沿岸の港町」 『島と港の歴史学』中央大学人文科学研究所研究叢書61
前川佳代 2015 『源義経と壇ノ浦』吉川弘文館
村田晃一 2015 「円福寺の伽藍と中世の松島」 『宮城考古学』第17号 
八重樫忠郎 2015 『北のつわものの都 平泉』新泉社
吉田歓 2015 「日中都市比較からみた平泉」 『島と港の歴史学』中央大学人文科学研究所研究叢書61
吉田歓 2015 「平安中期における城館の機能と性格」 『城館と中世史料』高志書院 
柳原敏昭 2015 「"平泉"とは何か」 『平泉の光芒』吉川弘文館
佐藤健治 2015 「清衡の草創」 『平泉の光芒』吉川弘文館
遠藤基郎 2015 「基衡の苦悩」 『平泉の光芒』吉川弘文館
岡陽一郎 2015 「秀衡の革新」 『平泉の光芒』吉川弘文館
八重樫忠郎 2015 「掘り出された平泉」 『平泉の光芒』吉川弘文館
菅野成寛 2015 「平泉文化の歴史的意義」 『平泉の光芒』吉川弘文館
小川弘和 2015 「東アジア・列島のなかの平泉」 『平泉の光芒』吉川弘文館
柳原敏昭 2015 「奥州合戦」 『平泉の光芒』吉川弘文館
七海雅人 2015 「鎌倉時代東北史への招待」 『鎌倉幕府と東北』吉川弘文館
三好俊文 2015 「鎌倉幕府の成立と東北」 『鎌倉幕府と東北』吉川弘文館
清水亮 2015 「東北の荘園と公領」 『鎌倉幕府と東北』吉川弘文館
山口博之 2015 「中世奥羽の霊場」 『鎌倉幕府と東北』吉川弘文館
飯村均 2015 「遺跡からみる中世前期東北の社会」 『鎌倉幕府と東北』吉川弘文館
岩手県教育委員会・一関市教育委員会・奥州市教育委員会・平泉町教育委員会 2015 『アジア都市史における平泉 資料集』
妹尾達彦 2015 「東アジアの都市史と平泉」 『アジア都市史における平泉』
董新林 2015 「中国唐・宋・元時代の都城の造営理念とその影響」 『アジア都市史における平泉』
四日市康博 2015 「アジアにおける都市と周辺」 『アジア都市史における平泉』
友田正彦 2015 「東南アジア古代都市の特質をめぐって」 『アジア都市史における平泉』
濱崎一志 2015 「南アジアと西アジアにおける都市と宗教施設」 『アジア都市史における平泉』
橋本義則 2015 「日本における都城の受容(明日か~平泉)」 『アジア都市史における平泉』
玉井哲雄 2015 「アジア都市史からみる都市平泉の特質」 『アジア都市史における平泉』
斉藤利男 2015 「平泉藤原氏と北奥武士の統合」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第3集
菅野文夫 2015 「樋爪俊衡と高水寺の走湯権現」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第3集
三浦謙一 2015 「平泉遺跡群発掘調査の記録」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第3集
劉海宇 2015 「中国産陶磁器の墨書銘の所謂「花押」に関する一考察」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第3集
壽松木章・三浦愛夢 2015 「平泉遺跡土壌の種実および花粉分析((第1報)」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第3集
相原康二 2015 「文学に表れた平泉文化の基礎的研究(その3)」 『岩手大学平泉文化研究センター年報』第3集
小野正敏 2015 「平泉、鎌倉、一乗谷」 『平泉文化研究年報』第15号
前川佳代 2015 「12世紀平泉の暮らし」 『平泉文化研究年報』第15号
誉田慶信 2015 「院政期平泉の仏会と表象に関する歴史学的研究」 『平泉文化研究年報』第15号
伊藤博幸 2015 「日本国内における「平泉寺」について」 『平泉文化研究年報』第15号
滑川敦子 2015 「平安貴族社会における陸奥国の位置づけ」 『平泉文化研究年報』第15号
荒木志伸 2015 「地域・時代別にみた四面庇建物の特徴」 『平泉文化研究年報』第15号

古都平泉の文化遺産トップページへ