お宝図鑑
こんなもの出てるよ


斉木君のつぶやき

 よく「金のお宝でるかーい?」ッて聞かれるっす。でもまだ金の仏像とか、かたまりは出てないっすねぇ。金の付いた陶器のかけらとかはあるんだけど・・・黄金文化はあったんでしょうが、いまのところ発掘では、どひゃー!という金のお宝はないっす。そういう期待もなきにしもあらずですが。でも、考古学のお宝はそれだけじゃないっすよー。めずらしいものや、当時の人々の生活がわかるものが貴重なんっす。どんなものがでてるのか、俺の好みでいくつか紹介するっすね!



 新着のお宝っす!
 吉州窯系陶器片
   (きっしゅうようけいとうきへん)


 中国の南部にある吉州窯(きっしゅうよう)という所で作られた陶器の破片です。おそらく瓶だったんじゃないかと思うっす。平泉では見つかったのは初!いやぁ、スゴいものが出たっす!全体的にどんな模様だったのか見てみたいっすねぇ(夢)。

 折敷(おしき)−表裏の写真

 今で言うお盆みたいなもんっすかね。お椀(わん)やかわらけをのせて、食事の時などに使っていました。左の折敷の裏には釘穴の跡が残ってるんで、もしかしたら下図のように木の脚がついていたかもしれないっす。あくまで俺の予想っすけどアハハ。

 穴あき石

 不思議な石っす。ボコボコ開いているこの穴はなんだと思いますか?これ貝の巣穴なんっすよ。同じような石が毛越寺の庭にもあるんです。これを庭に置く事によって、景色がカッコ良くなったんじゃないかと思うんっすよねー。


     
顔かわらけ  かわらけ

 素焼きの土でできた土器。宴会や儀式の時に用いたもので、普通1回しか使わずに捨てていたらしいっす。 左の写真は絵が描いてある珍しいもんで、普通のかわらけはのっぺらぼうなんす。俺はこのかわらけ、すごく好きっす(照)。
下駄  下駄(げた) 

 下駄はよく耳にするっすよね。浴衣を着た時などに履くあの下駄!当時はごく一般的な履物だったようだけど、俺なんか石とかにつまずいて転びそうっす。でも、背を高く見せるにはもってこいかもっす!!
くし く し

 今の俺たちとっても大切なエチケット用具。これがないと雨の日ボンバーになって大変な事になるんすよ・・。当時の人たちも、くしを使って毎日髪をセットしていたんすかねぇ?  
印章(ハンコ)  印章

 今でいうハンコっす。「磐前村印(いわさきむらいん)」と刻まれていて、見つかった時は朱肉(赤いやつ)も残ってたんっす!村のハンコは全国でも初めて発見らしいんっすよ。ドキドキしまっすねー!
 白磁四耳壺(はくじしじこ)
 中国でつくられたものっす。12世紀の平泉の人たちが好んでいたようっすよー。俺も欲しいっす。何に使うって?家に飾るんっすよ!
ちゅう木  ちゅう木

 別名”クソベラ”とも言うらしいっす。トイレの後に使うもんで、今でいうと、トイレットペーパー。いつも思うけど、痛そうっすよね。でもこれは、ごく最近まで使われたみたいっすよ。おじいさんとかなら知ってるかな?
将棋のこま  将棋(しょうぎ)のこま

 皆はお父さんと将棋なんかしますか?俺はじぃさんとよくやってたっす。今は現場のじぃ様方とたまに勝負するっす!でも勝った事ないんすよ・・俺、才能ないのかな・・。


陶磁器


白磁


青白磁


囲碁の石